【AFP=時事】融和ムードが広がる米韓両政府との関係について沈黙を続けてきた北朝鮮が20日夜、国営の朝鮮中央通信(KCNA)を通じ、同国が「平和攻勢」を推し進めていると述べ、制裁の圧力によって交渉の場につかされるわけではないと主張した。

南北首脳会談に続き、ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領と金正恩(キム・ジョンウン、Kim Jong-Un)朝鮮労働党委員長の会談が開かれる見通しになったことについて、北朝鮮はこれまで沈黙を続けていたため、その意図が見えず懸念が生じていた。

 KCNAの論評は両首脳会談について直接触れなかったものの、韓国との間に「劇的な和解の雰囲気」が生まれ、米国との関係にも「変化の機運」が現れていると伝えた。

一方で、経済制裁など国際社会からの圧力には激しく反発し、「DPRK(北朝鮮)の対話の『平和攻勢』は自信を表すもので、これまでも望むものは全て手に入れてきた」と述べた。

 さらに、米国と韓国、日本の強硬派が「制裁や圧力の成果」だと主張していることは「無意味」だと非難し、用心すべきだと警戒感を示した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180321-00000026-jij_afp-int