埼玉県にある一軒家から、このほど計24匹の猫が「救出」された。玄関に足を踏み入れると、猫のフン尿による強烈な悪臭がたちこめ、キャットフードが部屋のいたるところに散乱し、猫の抜け毛も舞いあがる。世話をしきれないほどペットが増えて、劣悪な環境になってしまう「多頭飼育崩壊」だ。この家では、猫同士が「共食い」をすることもあったという。救出の現場に立ち会った。(弁護士ドットコムニュース・山下真史)

保護されたネコたちの写真

●エサをやりはじめた猫が爆発的に増えていった

「きっかけは、子猫を産んだばかりの野良猫にエサをやりはじめたことでした」

この家の主婦、A子さんが振り返る。彼女によると、猫のエサやりをはじめたのは、数年前のことだ。やせ細ったトラ模様のメス猫が、小さな庭の片隅にあるブルーシートの下で数匹の子猫を産んだ。不憫に思って、エサをやっているうちに、猫たちはやがて網戸を破って、家に自由に出入りするようになったという。

はじめのうちは、親子3人で猫をかわいがっていたようだ。A子さんも、子どものころ実家で飼っていた猫と重ねていたという。だが、そうこうするうちに、メス猫のお腹がまた大きくなった。ある日、家のタンスの裏で、メス猫は出産していた。一般的に、メス猫の妊娠期間は約60日、さらに1度の出産で5匹程度産むといわれる。その後、猫は爆発的に増えていった。

●猫の「共食い」を見て、ホッとした

猫を救出したこの日、一家は引越しの当日だった。本来なら食事をつくる台所のシンクや戸棚にも猫のフンが落ち、猫の毛が雪のように降りつもっていた。あまりの不衛生さに、思わず「ここって、もう人は住んでいないですよね?」と聞いてしまったが、そうではなかった。床に撒き散らされた猫の尿が、不快感とともに靴下に染みわたる。

「今から思えば、ちゃんと不妊・去勢をしておけばよかったと思います」(A子さん)

猫の捕獲を手伝いながら、A子さんは後悔を口にした。猫の不妊・去勢手術には、1匹あたり1万2000円~2万円の費用が必要だ。だが、猫は数え切れないくらい増えてしまっていた。近所は犬を飼っている家が多く、「引き取ってもらえなかった」という。猫を救出したNPO法人「にゃいるどはーと」代表の東江ルミ子さんは「状況から考えて、24匹は少ない。もっといたはず」と話す。

「ある日、生まれたばかりの子猫の頭が床にポロッと落ちていました。びっくりしましたけど、猫も動物だから、子猫を食べると聞きました。そのあと、実際に食べている瞬間も見かけました。もちろん、かわいそうと思いましたが、ホッとしました。私たちが飼い切れないから、代わりに殺してくれたんだって」(A子さん)

頭数が多くて不衛生な環境のもと、ストレスが溜まってしまったのか、猫たちは「共食い」による「間引き」をしていたのだ。近所の人によると、A子さん夫婦について「やさしい性格だ」「あまりご近所付き合いをしていなかった」という。ただ、近所の道路に車にひかれた猫の死骸も見かけたこともあったそうだ。

●一家の食費よりもネコ代はかかっていたが・・・

猫のエサ代とトイレの砂代は、合わせて月6万円くらい。一家の食費よりもかかっていたが、頭数のわりにトイレは2つと少ない。だから、家全体がトイレとなったのだ。A子さんの夫は「猫のことは、家内にすべてまかせていた」「猫が死のうがどうも思わない。手術しようとも思わなかった。動物は共食いをするものだ。どうとも思わない」と強気の口調だったが、立ち去り際に「(猫を飼うのは)もうコリゴリ。二度とゴメンだ」とぼやいた。

実は、一家の引越しには、夫の事業がうまくいかなくなったという背景がある。自宅を売り払うことになり、次のアパートはペット禁止のため、「にゃいるどはーと」に助けをもとめたというわけだ。業者がやってくるまでの約1時間半、放し飼いの猫たちはパニックになって家の中を逃げたが、東江さんたちは一匹一匹、慎重にネットと素手でつかまえて、ケージに入れていった。

●「子どもがかわいがっていた猫を連れていけなかった」

こうした多頭飼育崩壊は、表面化している事例も少なくなくない。NHK「クローズアップ現代+」(2016年11月)によると、多頭飼育について全国で年約1800件の苦情があるという。そして、今回のように、猫たちによる「共食い」まで起きるような、劣悪な環境を強いられてしまうケースも存在する。だが、行政やNPOにも限界はある。

次のアパートでは、屋外でのエサやりも禁止されている。A子さんは最後に「子どもがかわいがっていた猫を連れていけなかった」と涙をこぼした。二度と飼えることはないかもしれないが、もし猫を飼える家に戻ることができたら、やり直したいということか。だが、夫の事業の失敗がなければ、今回の救出にもつながらなかっただろう。それでも、東江さんは「流した涙にウソはないと信じたい」という。

たしかに猫はかわいい。しかし、正しい知識を持たないまま、増やしてしまうと、飼い主の生活も崩壊させてしまう。東江さんは「猫たちの行く末を最後の最後に案じてくれたのは、せめてもの救いだった」と話す。野に放たれるという最悪の事態は避けられたからだ。いったん引き取られた24匹はこのあと避妊・去勢手術を受けて、新しい里親をさがすことになる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180329-00007625-bengocom-soci

みんなの意見


名無しさん
共食い見てホッとしたなんて尋常じゃないよ。。

名無しさん
教育や知識って本当に必要なんですよね。今や4割くらいの家庭にいろいろな種類のペットがいる時代なので、学校の学活みたいな時間で1回は必ずペット事情に関して取り上げたりしてみればいいのになと思います。

名無しさん
我が家でも6年前に譲渡会で譲り受けた猫が元気で暮らしています
本当に愛おしい存在でどれだけ癒されていることか
多頭飼育や飼育放棄などのニュースを見るたび胸が痛みます
いつも何か協力出来ることはないかと思いながらまだ一歩を踏み出すことが出来ていません
情け無いことです

名無しさん
この家庭に全く感情移入出来ないんだけど、そら事業も失敗するわ

Noreply
飼育能力のない人が飼ってはダメ。お互いに不幸です。

名無しさん
猫に罪はないし、かわいそうなことになった。この人の無責任さとあまり悪いことと感じないで淡々と話すところも気になった。

名無しさん
私が小さかった頃一匹の捨て猫から飼いはじめてやっぱりどんどん増えていきましたよね、
あそこのいえは猫好きだからってわざとうちのまえに猫を捨ててく人もいたり..でも母がせっせと野良猫の不妊治療までしたからピークは野良含めて10匹位だったけどそれ以上増えることはなかったよね最近は猫を見かけるのも難しいくらい

nobody
最近の猫ブームにも不安を感じます。犬より手が掛からないからと簡単な気持ちで飼い始める人が増えたら困ります。

名無しさん
ペットを飼うときに、許可がいる制度にすればいいのでは。最低限の講習を受けないと、飼えないとか。
でも、制度があってもこういう人には意味がないのでしょうね。かわいいの気持ちを間違ってるというか、避妊去勢はかわいそうとかって違うと思うし、自然に共食いしてるとかって納得しちゃう性格も怖い。

kowai
最初の数匹に避妊、去勢手術をしておけば犠牲になる子は少なくて済んだのに…
共食い見て良かった…なんて私なら絶対に思わない

deadoralive
この夫婦ボコボコにしてやりたい。

名無しさん
記事>夫「猫が死のうがどうも思わない。手術しようとも思わなかった。動物は共食いをするものだ。どうとも思わない」
取りあえず病院行くべきだね。
しかし、飼育者にしても販売者にしても、資格制(販売側は難関国家資格級)にしてほしいものだ。安易に売り買いする人も減るだろうし、責任を持って飼えるかどうかの判断もできない人は飼えないようにしてほしいし。

名無しさん
うちも捨て猫を拾いましたが一代限りと決めてましたので不妊手術をしてもらいました。
当時は可哀想に思いましたがこの記事を読んで間違いではなかったと思いました。

名無しさん
最初の猫の時に避妊手術をやっておくべきだったが、記事を読む限り拾った時に既に赤ちゃんがいた可能性がある。産まれる前に譲渡先を決めておくべきだったと思う。子供の頃に飼った事があると記事にはあったが飼わない期間が長期間の場合だったり、初めてのペットなら私は、いきなり多頭飼いは、お勧めしない。

名無しさん
ホラー映画かよ・・・

名無しさん
共食いにホッとする。もう精神が病んでいると思います。お腹をすかせた野良さんの方が大変だけど自由にいきていける。

heyheyda
我が家の近くでも、野良猫に餌やりに来るおばさん達がいるんですけど、注意したら「お腹すかせて可哀想だと思わないの?」と詰め寄られた。去勢も避妊もさせずに栄養価の高いフードを与えるから、どんどん増えてて困ってる。
私も猫は可愛いと思うけど、ちゃんとした環境で飼えないなら餌やりは却って不幸な猫を増やすだけ。…と説明しても分かってくれないおばさん達、とにかくニャーニャーと寄ってきてくれるのが嬉しいだけ。タチ悪い。次は警察に通報します。

名無しさん
8年前に捨てられていた子猫を飼い始めたけど、飼うと決めた時避妊をすることは決めていた。
可哀想という人も居たけど、増えてしまっても飼いきれないと思ったし、子猫が欲しいなら責任を持てる範囲で新しい子を迎えればいいと思っている。
こんな風になって共食いなんて考えただけで辛い。
可愛いペットではなく大切な家族だから、長いと20年の命と最後までお互い幸せに暮らす事を考えられないなら、動物を家族に迎える資格は無いと思う。

2x2x
以前ニュースで「アメリカではペットよりも銃を入手する方が簡単」だと紹介していた。内容は銃を簡単に入手できることへの批判だったのだが、その比較で紹介したペットを所有することのハードルの高さに逆に感心した記憶が。

rara
猫保護団体に救いを求めただけマシな気もするが、この環境で子育て?もしていた?怖すぎる

名無しさん
かわいそうでも、猫と人が幸せに暮らしていくためには不妊、去勢手術は必要だと思う。
もっと早く手を打てていたら不幸な猫を減らせたのに。悲しい。

夢ヒロイン
ペットの飼育は、簡単そうに思えても、本当に大変。
最後まで責任をもって飼える人でないと、飼育してはいけないと思う。
まして、最近よくニュースになっている金儲けだけのブリーダー。
本当に悲惨の一言。
まさに、生き地獄の犬や猫たちです。

名無しさん
友達の家は猫を8匹飼ってるけどちょっとおかしい。
飼い猫が死ぬと悲しむが、死体は生ごみと一緒に捨てる。
人の家の猫をかわいいからと、盗んできて飼う。
全ての家でというわけではないが、
たくさん飼うと何かが抜けてくるんだと思う。

名無しさん
夫婦揃って病気なんじゃねえのこれ。

名無しさん
動物虐待者には極刑または、動物に与えた苦痛と同じ痛みを科して欲しい。

名無しさん
共食いを見てホッとした、、って、ちょっと感覚おかしいと思うよ。
可哀想だからで避妊させない人いるけど、そっちの方がよっぽど可哀想。
金銭的理由の場合はこれは悲劇。公機関のサポートが必要だね。

名無しさん
今はご近所さんアプリとか、自分でサイト立ち上げなくても色々なツールがあるのにな。
俺はペット可物件・独身男性だけど、里親サイトを見ると条件が厳しくて躊躇してるんだけど、二匹目を迎えたい気持ちがあって、今回のようなケースだったら全然引き取るけどな。
こんな状態だったら家へ迎い入れたかったって人多いんじゃない?

名無しさん
猫が可愛そうだ

名無しさん
野良猫の避妊、去勢は自治体にもよりますが、補助金が出る場合もあります。
「避妊、去勢は可哀想だからしない」と言う人も居ますが、増えすぎたら結局飼いきれずにもっと悲惨な状況を招きかねないのです。
是非、猫のためにも避妊、去勢はしてあげて下さい。
その方が猫ちゃんの寿命も伸びるし、猫も飼い主も双方共にストレスが減りますよ。
発情期を迎えているのに、パートナーも居ないで交尾を出来ずにいるのは、猫にとってとてもストレスになります。
そして、スプレー行為や鳴き声は飼い主のストレスになりますから。

名無しさん
読み続けるのが辛いほど哀しい記事でした。
うちにも保護猫がいますが、増やすつもりがないのなら避妊は必須です。
また、多頭飼いをしている家庭を訪問して指導するシステムなどがないと、周りは踏み込めないし、助けも求め辛いのでは?

名無しさん
目が疲れててタイトル読み間違えたのかと思って読み進めたら、この内容。
最後まで面倒見れないなら野良猫にエサあげちゃダメ。
可哀想に思うなら最初の時点で保護団体なりに連絡する。
涙を流すくらいならこんな状況ほっとくなよ。最低すぎる。
猫大好きだからこそ、こんな人たちには二度と世話して欲しくない。

あー
うちの庭にも猫がよくくる。
綺麗な飼い猫を見る分にはいいけど、基本的に動物を飼いたくないので野良猫にエサをあげるなどは考えられない。
元々雑草だらけの空き地だったのでうちが来てから猫は行き場がなくなってしまったのかもしれないけれど
かといってうちに来られても困る。
何匹も野良がいるので近くでだれかがエサをやってるのではないかと不安。
そんな中、義母が自分の家で野良猫にエサをやっていた…。
そして義母が亡くなり、ご近所さんから苦情。
そりゃそうですよね…。
猫は飼える人が飼える数匹だけを
人の迷惑にならないように飼ってください。

名無しさん
実家でずっと猫を飼っていたが、それなりの生活面の余裕と覚悟が無ければ、2匹以上の面倒を見るのは無理だと思う。

名無しさん
飼う資格ない。
もともと飼う気がなかったのに餌やりしてたのもおかしい。
飼われた猫がかわいそう。

be
古い話だけど、去勢とかほとんどしない時代は産まれた犬や猫は海や川に投げ捨てたそうな。
子供がそれをやったりしたそうだが、もう60年以上も前の話でそれが普通だったそうな。
話を聞いて正直ドン引きしたが、きちんと飼えなくて捨てたり家庭崩壊している例を見るとどっちがまだマシなのだろうか?と考えさせられる。
可哀想とは?なんなのか。ペットを飼う人は常に頭になきゃだね。
排泄もするし、洗わなきゃ汚くもなる。病気もする。盆だ正月だ、今日は久しぶりの休みだからってペットには関係のない話。
旅行だ外出だってペットをどうするか?と必ず問題になる。それも理解して飼う人がいったいどれだけいるのやら。

名無しさん
お父さんが地主なので広い土地に沢山の猫を放し飼いしていた友人がいます。土地を売らなければ相続税が払えないとの事で、そこにいた猫数十匹を野に放し捨てました。
知ったのは大分後でしたので、友人の非情な判断を止めることも、NPOへの相談もできず残念な気持ちを引きずっています。
新しい住宅が並ぶ素敵な土地に生まれ変わり、友人一家も新築建てて今も住んでますが
どのような気持ちでいるのか…
友人のお母さんが可哀想だから避妊しないという考えを持っていましたが、可哀想の比重をどこに置くのでしょうね。

tamatama
こんな事件があると、行政が悪いとか、猫が悪いとか言う人いますが、
一番悪いのは、猫を捨てる人間です。
そして、避妊、去勢をしていない事が悪い事なのです。
幼稚園や学校等で、教育をして頂きたい。
そして、ペットを飼う場合は、避妊去勢をしないと飼えれない様に
法律で規制するとか、ペットショップの様な、生体販売には厳しい法律を。
ブリーダー等も禁止。
飼う場合は、保健所やNPO等の所で飼って欲しい。
決して、ブーム等で、飼う事ではありません。

名無しさん
最終的に責任持てないなら飼わないに越したことはない…。
動物も命がある餌を与えるのは凄か理解できる。でも中途半端にやるくらいなら最初からなにもしない方がよいと思う。

名無しさん
多頭飼育は飼育崩壊につながりやすいし、そもそも猫が受けるストレスが大きいからよっぽどプロでない限り感心しない
猫マンガ書いてる人もお人好しなのかどんどん自宅に保護してるみたいだけどそのうちこうなるだろうなと思ってる。
すでにストレスが溜まってるのは間違いない。
保護する気持ちはとても素晴らしいんだけど、当の猫にしわ寄せが行く方法は改善すべき

名無しさん
猫の排泄物の臭いも、発情期の鳴き声も尋常じゃないのに、それでも放置する神経が分からない。一般家庭ならば2、3匹が限度だと思う。