「日本素通り」と経済摩擦は、20年前と同じ構図だ
 北朝鮮の金正恩労働党委員長の電撃訪中、そして習近平国家主席(共産党総書記)との中朝首脳会談という衝撃的な第一報に接し、
筆者の頭を過ったのは「ジャパン・パッシング」(日本素通り)という言葉であった――。

 ほぼ20年前のことを思い出して欲しい。ビル・クリントン米大統領は1998年6月25日に中国を訪れ、
9日間も滞在したにもかかわらず同盟国の日本に立ち寄らなかった。

 米国は80年代末から90年代初頭にかけて、対日貿易赤字解消=貿易不均衡是正を求めて対米自動車輸出規制や市場開放を日本に強く迫った。
日米貿易摩擦のヒートアップである。

 こうした中で日米構造協議(SII)が始まり、米側は、当時の日本市場の閉鎖性(非関税障壁)は日本特殊の
「政・官・業癒着のトライアングル」体制に起因すると、公然と批判したのだ。それが、「ジャパン・バッシング」(日本叩き)であった。

 そして第2期クリントン政権時の日米関係は、90年代前半までに米国内で定着した「日本異質論」があり、
さらにクリントン・江沢民会談で日本に事前通告することなく「核ミサイル照準相互外し」合意をみた。まさに「ジャパン・パッシング」であり、”日本置き去り”であった。

 現在の日本が置かれている状況にアナロジーできる。
韓国の文在寅大統領の特使団が訪米し、3月8日午後にホワイトハウス(WH)で北朝鮮の金委員長から託されたメッセージをドナルド・トランプ大統領に報告、
同大統領は金委員長とのトップ会談を即決した。
韓国特使団が同日夕のWH正面の車寄せで行った即席の記者会見で「5月までの米朝首脳会談」を発表、このニュースは世界中で驚きを持って迎えられた。

もちろん、北朝鮮は「食い逃げ」常習犯だが…
 その「金正恩メッセージ」の非公表部分には、(1)南北統一まで在韓米軍駐留を認める、
(2)北朝鮮憲法に起草されている「核保有」の文言を「核廃絶を目指す」に書き換える用意がある、などがあったとされる。もちろん、その真偽を確認する術はない。

 ただ、今回の中朝首脳会談で金委員長が改めて米朝首脳会談に意欲を示した上で
「朝鮮半島の非核化実現へ尽力する」と述べたことは、たとえ「段階的措置」という条件付きであったにしても、刮目すべきである。

 言うまでもなく、「日本経済新聞」(3月29日付朝刊)の見出し<「段階的非核化」空手形の恐れ―北朝鮮、
支援食い逃げの歴史>にあるように、北朝鮮がこれまで非核化への行動を小出しにしながら制裁緩和や支援を引き出し、
その間に核開発を続けてきたのは事実である。平たく言えば、北朝鮮に裏切り続けられてきた歴史なのだ。

 従って今回の「朝鮮半島非核化」提言も、そのプロセスに「北朝鮮への軍事的脅威の解消」や
「体制の安全の保証」などが挙げられており、それをトランプ大統領がどのように受け止めるかがキーとなる。
そもそも「5月までの米朝首脳会談」実現に疑問符をつける向きは少なくない。

 それにしても、である。4月27日の南北軍事境界線(DMZ)がある板門店での南北首脳会談と
5月までの板門店か中国(北京、瀋陽)での米朝首脳会談を前に、これまでのクロノロジーを振り返ってみたい。

 金正恩委員長が1月の新年祝辞で韓国平昌冬季五輪への代表団派遣提案を皮切りに、
正恩氏の妹・与正党第1副部長が2月9日の五輪開会式に出席(ペンス米副大統領とニアミス)→3月5日の韓国特使団が訪朝・正恩氏と会談→
同8日の韓国特使団訪米・トランプ氏と面談→同26日の北京での中朝首脳会談、である。

 米・韓・中・朝4カ国主導で朝鮮半島を軸とする東アジアの平和と安定実現に”強い意欲”が各国の思惑と
利害を別にしても醸成されつつあるのは事実だ。こうしたドラスティックな朝鮮半島情勢を巡る動きに日本は全く関与できていない。

次の日米首脳会談、アメリカは経済でせめてくる
 万が一、5月のトランプ・金正恩会談で朝鮮半島の非核化プロセスの基本合意を見た上で
1953年7月の朝鮮戦争の休戦協定を平和協定にする、そして米朝国交正常化で一致したと発表するような事態が出来すればどうなるのか。

 「ジャパン・パッシング」では済まされない。「ジャパン・ディッシング」(日本切り捨て)になりかねない。

 そうした中、安倍晋三首相は4月17日に訪米、翌日に昨年2月に続きフロリダ州の大統領別荘「マーラ・ラゴ」でトランプ大統領と会談する。
安倍外交の正念場である。

 「すわ米中貿易戦争か」と大騒ぎとなったトランプ政権の対中制裁課税1300品目発表後、
日を置かずして水面下での米中貿易交渉が明らかになり、一方で日本に対して鉄鋼・アルミ輸入課税対象の
日本除外見送り・日米自由貿易協定(FTA)交渉入り要請など厳しいスタンスを見せている。

 安倍首相は外交・通商政策の上でも「ジャパン・パッシング」を断固阻止するために相当タフな交渉を強いられることになる。

 確かに、安倍、トランプ両氏の信頼関係が盤石なものであることを認めることはやぶさかではない。
だがしかし、トランプ大統領は決して「情の人」ではなく、優れて「利の人」であることを改めて肝に銘じておくべきではないか。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180331-00055065-gendaibiz-int&p=1

みんなの意見


名無しさん
米朝首脳会談で和平に向かう可能性は極めて低いと思う。
非核化に向けて出口論も視野に入れるティラーソンやマックマスターが政権から追い出され、確固たる入り口論者であるポンペオとボルトンが取って代わったのは、トランプが出口論を容認しない証左ではないか。
すなわち、米朝首脳会議で、北がリビア方式を受け入れない限り、アメリカは軍事的オプションに移ることになろう。
南北首脳対話に続く米朝首脳対話が予定されるなか、和平ムードが高まっている。その結果、韓国ははしゃぎ、一方、日本では「ジャパンパッシング」が懸念されている。
しかし、今、わが国に求められているのは、慌てて北にアプローチするのではなく、軍事衝突時に国民の安全を守るための備えを急ぐことである。

極悪レミー
トランプは普通の物差しでは測れない。それも
ありうる、でもいいじゃない真の意味での独立、改憲に弾みもつく。もっともアメリカの方が困る割合が多いと思うがな?

名無しさん
民主党·親中派のクリントンと共和党·対中強行派のトランプを一緒にするのはいかがかと。

名無しさん
日本も対話のバスに乗り遅れるなーってのかね
AIIBでそういうのはもう飽きたよ
発車するなら勝手に発車したらいい

名無しさん
反日マスコミは切り捨てて欲しいんでしょ?
安倍総理批判のネタがまた増えるから。

名無しさん
あらゆる事態を想定して事に当たる必要はありますが、アメリカが日本を切り捨てた場合アメリカにも相当の損害が発生し東アジアにおけるアメリカの影響力が極端に弱体化するのでそう簡単に出来る事ではありません。
経済的な締め上げを行う可能性は否定しませんが日本企業が米国の雇用に相当の寄与をしている事実も考えるべきではないでしょうか?
少なくとも今考える事は安易に北と関わらない事に尽きると思います。

白蓮
焦っているのは北朝鮮で、日本ではありません。日本が関与できてないことを嘆く理由もありません。もちろんトランプ流外交は予測困難で何が起きるか分かりませんが、米国が日本に厳しく接してくれば、日本は中国に急接近してバランスを取れば良い。トランプは日本の重要性を改めて認識するでしょう。

名無しさん
日本の置き去りはずっとである
これからも続く
内政にエネルギーを削がれる政治が続く限りである
勿論外交の後ろ盾である軍事力も影響する
相手を攻撃可能な軍事力のない者は今のまましかない
たまたま韓国は中心にいるが、中朝和解でセンターは無くなった
トランプの乱心は日本に幸か不幸かは分からない
付き合い方は極めて難しい
安倍さんは良く結っていると思う

名無しさん
クリントンの時は、日本をいかにして抑え込むかが課題だった。今は、衰退するアメリカが喫緊の課題となっている。もはや切り捨てる力はない。

名無しさん
そもそもの話、経済第三位の国と制裁を食らってやばい国、経済人であるトランプがどっちをとるかなんて考えなくてもわかると思うけど。

cbtpb519
そもそもなんで日本が北朝鮮問題に首を突っ込まなくちゃならないの?
日本は米朝会談が物別れに終わったときの対応と話がまとまった時の財布係に警戒だけしていればいい、じたばたする必要はない
それよりも日米会談でFTAを強要されたときの対処をしっかりしてくれ

名無しさん
「切り捨て」なんてできるわけがない。
むしろ、「協力」を求めてくるだろう。
北朝鮮が変化したのも安倍が提言した「最大限の圧力」を掛け続けた結果だと理解している。
日米会談は、次の戦略を話すので、関税問題は主題ではない。
大体、日本製の高性能鉄鋼など、日本以外に生産できる資材がなければ、アメリカの産業が成り立たないことは、トランプもわかっている。
歳川はわかっていないようだ。

名無しさん
民主のクリントンと共和のトランプは考え方も違う・
只、翻るトランプの考え方の最悪を考えて置く事は
重要ですね・・何時話の方向が変わるか不明人物
それよりも日本がリードする事が重要です。
イエスマンだけではこの難局を乗り切れない・・

名無しさん
いつまでもアメリカだけに依存する外交は、今後その依存度を減らすべき。
東南アジア諸国、オーストラリア、インド、モンゴルなどとの協力関係を構築して、アジアでの経済的存在を大きくすべき。
しかし、軍事的裏付けのない経済力は、単なるたかられる対象なので、同時に国のあり方を再構築して軍備増強と同盟国を拡げることが必要だと思う。

名無しさん
日本心配性の記事だな、もともと北朝鮮に日本が関与できる余地は無いし、パッシングされればしたたかに日本の利益を追求する作戦を展開すればいい、そのために何が必要かを訴えるのがマスコミの役割だと思うよ。

名無しさん
古くは国際連盟(連合以前)、最近ではTPPなどアメリカは政権が変わる度に政策が180度変わるのでいちいち右往左往する必要は無い!TPPなど参加に消極的な日本を強引に誘って投げ出す始末。当事者のオバマさんはどの面下げて安倍さんに会っただろうか?
今、欧米とロシアの対立が激化しているが、日本は独自のスタンスを維持した方が良いだろうね!
ロシアには不可侵条約の一方的破棄&北方領土問題で遺恨が有るが関係維持は大切だろう。他はインドとの関係も重要になるだろう。ロシアは対米、インドは対中に対する保険だと思って関係維持してチャンスが有ればアメリカから乗り換えるのも手でしょう。

名無しさん
それでは、憲法改正は、急務だな。

名無しさん
仮にそうであるとして、マスコミの皆さんは誰が首相として外交したらいいと思うのか、例えばでいいので2ー3人ご教授願います。

名無しさん
アメリカが日本外しをしたら大統領は失脚するだろう。日本に反旗を立てられたら、アメリカの国際的影響力は半減するだろう。西太平洋地域の実質的統治は出来ないし、中国と組むことは無いだろうが、若しそうなったら経済力についてもそうなるだろう。しかし、そういう事にはならないだろう。物事の常識は有るはずである。

股金塔主席
切り捨てられたら切り捨てられたで、何ものにも得難い教訓となるから、むしろそっちの方が日本人の目覚めにつながって意義深い。
それならそれで望むところ。
これまで安倍が最高に根回しの関係作りをして来て、トランプがあれだけ友好の演出を見せつけて、それでさえこれか!という結果を見たいもんだ。

名無しさん
日本と米国は距離を置いた方が良い。
トランプが日本を切り離したのであれば、願ったりの事だ。

朝日・毎日・枝野・陳・山尾・蓮舫などは
ジャパンパッシングはないと思う。レッドチームなどは北朝鮮への経済支援などはする気はないと思う。要は資金拠出は日本がするべきだということ。つまり、日本が納得しないと他の国々で負担しなければならない。日本に巨額の負担金を押し付けるためにあらゆることをするだろう。

名無しさん
裏にキッシンジャーがいるので、ない話ではないと思う。

名無しさん
人間関係もそうだけど、あまりに馴れ馴れしいとか、ペコペコしてくる奴より、多少ギクシャクしても意見をぶつけ合えるほうが最終的に親友になる事が多い。

名無しさん
最悪の場合そうなるかも知れないけど、
米国からの本格的なアプローチはこれからでしょ?
ここで脅して譲歩を引き出すつもりでしょ。

名無しさん
今の政権では何をやってはダメだではなく、今やれることをコツコツ積み上げるべき。

名無しさん
パッシングもディッシングも覚悟して置けばよい。拉致問題の解決が長引くだけだ。切り捨てられても日本に損はない。その時のFTAが問題だがTPP脱退でも明らかなようにアメリカが譲れないだけだ。堂々と交渉すればよい。北の核保有OKでの解決が一番の問題だが、アメリカが核の傘を提供しない時(安保同盟の破棄)、国防を如何するか?その時こそ日本は戦後を脱しなければなりませんね。

名無しさん
米国の保護が前提の日本、この記事の記者を含むマスコミもマダマダ大丈夫と信じて、政権批判で遊んでいる、何時かボロボロになった時に気が付くのだろうな?

名無しさん
わかり切ってるけど、それがわからないのが自民党でしょ

opinion
「一般に漏れ伝わってくる何倍かの情報が、裏の交渉で進められているのが常識」という外交関連の出来事を、想像力を逞しくして事前にあれこれ評価して見てもあまり意味がない。
後年になってから評価される交渉事や、あとから評価されるトップは結構いる。

名無しさん
少しショッキングな見出しで読者を釣るやり方、内容は無い!やめて欲しい!

名無しさん
たよりすぎだからなめられてる。だから核もって独立したらいい。

um
さすが現代ビジネス。
ここまで表面しか見てない記事も珍しい。
センスの無さは天下一だな。

名無しさん
一度米国と距離を置くのも良いんでは無いかな、
米国も日本を無視して困る事も出て来るだろう。
その時は日本も一段と力を蓄え無いといけ無い。
何時までも、森友問題引っ張れば気が済むのかな。

名無しさん
5月の日米首脳会談?
4月の間違いだよね。

日本晴れ
また出た
日本がバスに乗り遅れる
日本が見捨てられる
日本人はネガティブな脳内構造をしてるから、この手の危険を煽るプロパガンダは効果的なんだよね。
典型的なのが、原子力発電所アレルギー
毎年3、000、4、000人の日本人が交通事故で死んでいるのに、車社会には無関心
広島長崎の原爆被害者数を、交通事故死亡者累計はとうの昔に超えているのにね。

名無しさん
アベンジャーズもダックなんか全く信用してないらしいし。別にいいんじゃん。ダメリカみたいに終わった国よりインドに興味がまだある。

名無しさん
日本に本気で改憲を即すためにあえてやっているように見える。
自分のことは自分で決める国へ変革のきっかけになるかも。
トランプは表面とは異なり実はなかなか思慮深い人物のようだ。

名無しさん
もっと日本独自の光り物を作ろう。
それは技術でしかない。
従来と概念が異なる推進技術、通信技術、製造技術など。民生でも軍用でも使うことができるなら世界はほおってはおけない。米中からいっぱいふんだくってやればいい。

名無しさん
数多の捨て石を切り捨てて、権力を維持してきた挙げ句、頼みの綱の米国に切り捨てられてゲームオーバーとはね。