【元ロシア・スパイ】ユリアさんが意識回復=病院

今月4日にソールズベリーで神経剤を使用され意識不明となっているロシアの元スパイ、セルゲイ・スクリパリ氏と娘のユリアさんのうち、
ユリアさんの容体が急激に回復し、危険な状態を脱した。
2人を治療しているソールズベリー地域病院が明らかにした。
情報筋によると、ユリアさんは意識を取り戻し、話もしている。
一方、スクリパリ氏の容体は安定しているものの、なお重体だという。

病院の医師たちは、ユリアさんが「治療が功を奏しているが、なお24時間体制で専門家の手当てを受けている」と話した。

同病院のメディカル・ディレクター、クリスティーン・ブランシャード医師は
「ここ数週間、2人に高品質の治療を施してくれた病院スタッフにあらためて感謝したい」と述べた。

「治療に当たったスタッフと、彼らを支援した人々を誇りに思う」。

BBCのダンカン・ケネディー記者は、ユリアさんは危険な状態を脱したようで、容体は安定していると報じた。
しかし、長期的な後遺症については明らかになっていないと付け加えた。

スクリパリ氏とユリアさんは4日、ソールズベリーのショッピングセンターのベンチで意識不明となっているところを発見された。
警察は28日、2人が最初に神経剤に触れたのは自宅の玄関ドアだったと発表している。

神経剤は町の他の場所でも見つかっているが、濃度は低いという。

警察はまた、スクリパリ氏の自宅近くにあるモンゴメリー・ガーデンズの公園を閉鎖。
ディーン・ヘイドン副警視監は「警官はこの場所を念のため捜索している」と語った。

なお、現場に真っ先に駆けつけたニック・ベイリー刑事巡査部長も重体に陥っていたが、22日に退院している。
ベイリー氏は事件後にスクリパリ氏の家を訪れたもようで、「以前の日常生活はおそらく二度と取り戻せない」と話している。

英国政府はこの事件にロシア政府が関わっていると非難。
テリーザ・メイ英首相は、事件で使用された神経剤が、ロシアの開発したノビチョクに類するものだと説明し、
事件に対する措置として、ロシアの外交官23人を国外追放とした。

これに加えて、英国と同調する欧州諸国を含む少なくとも26カ国が、130人以上の外交官を追放した。

ロシア政府は事件に対する一切の関与を否定しており、報復的対応として、23人の英外交官をモスクワから追放。
米国に対しても同様の報復措置を行っている。

(英語記事 Ex-spy’s daughter ‘conscious and talking’)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180330-43593087-bbc-int