中国政府は2日、トランプ米政権が発動した鉄鋼・アルミニウムの輸入制限に対抗し、一部米国製品に高関税を課す報復措置に踏み切った。米国が問題視する中国の対米貿易黒字について、両国は水面下で協議を続けているが、強硬姿勢を崩そうとしないトランプ政権に対し中国が揺さぶりをかけた形だ。対立は深まる一方で、「貿易戦争」はより現実味を増している。
「我が国の利益を守るために正当な措置を取る」。中国商務省は2日発表した談話で、報復措置の正当性を強調した。同日から、米国から輸入されるワインや果物、一部鋼管製品など120品目に15%、豚肉など8品目に25%を課す。対象品目の2017年の輸入額は、計約30億ドル(約3200億円)に上る。

 米国は、中国などから格安の鉄鋼製品が流れ込むことによる、国内産業の衰退が「国家安全保障上の脅威になる」と判断。通商拡大法232条に基づき、3月23日から中国産を含む鉄鋼に25%、アルミ製品に10%の関税を課した。これに対し中国は「貿易戦争は望んでいないが、いかなる挑戦にも対処する自信も能力もある」(外務省)などと反発し、報復措置の検討に入っていた。

中国政府によると、世界貿易機関(WTO)の緊急輸入制限(セーフガード)の規定に基づき、3月26日に米国側に協議を求めたが、米国から拒否された。このため合意点を探るのは難しいと判断し、輸入制限によって中国側が負った損失を補うために報復措置に出たという。

 トランプ政権が発動した鉄・アルミの輸入制限は、一方的な制裁措置を禁じたWTOルールに抵触する可能性が高い。一方で、中国政府は今回、WTOのルールに沿った手順を踏んで、米国製品に高関税をかけることを強調している。自身の正当性をアピールし、国際世論を味方につける狙いがあるとみられる。

 またトランプ政権は、鉄鋼などの輸入制限とは別に、中国による知的財産権侵害などを理由にした対中制裁にも動いており、週内にも高関税を課す対象品目を公表する見込みだ。中国政府は対象品目確定を待って、新たな報復措置に踏み切る構え。米国からの輸入量が多い大豆や自動車、航空機などが報復対象として取りざたされており、米国経済への打撃は今回以上に大きくなる。

 米中は互いに貿易戦争も辞さない強硬姿勢を示すことで相手から譲歩を引き出す「チキンレース」を展開しているとの見方も強い。中国による米国製品の輸入拡大や、米国企業に対する参入障壁の緩和など摩擦回避に向けた水面下の協議も進んでいる模様だが、中国の巨額の対米貿易黒字をすぐに削減する妙案はなく、米中の対立の構図がますます強まっている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180402-00000098-mai-bus_all

みんなの意見


名無しさん
これで経済学が正しいかどうかわかるな。
関税で経済がよくなるか悪くなるか、
歴史では経済が悪くなると出ているが、
行き過ぎたグローバル化という背景があるからな。
最終的に貿易赤字側が勝つと思うんだけど。
いろんなものが値上がりして結局損をするってのが
大半の見方なんだが、どっちかな。

名無しさん
こんな状況になっても、貴方の会社の製品・農作物を買いたいと言われる商品を作れているか?
どこでも買えて、どこが作っても問題ないのに、多くの会社が作っていたりするのだろうから。こういう機会に淘汰されれば良いと思いますよ。
特に中国はそうでしょう。アメリカも。
最近は日本もかな?
技術力を高めていくことが最終定期に会社を強くする。

名無しさん
トランプは途中で「やめた、やめた、ばからしい」と軽口叩いて一方的に止めるかもしれないけど周近平は落し処を与えてやらないと拳をなかなか下げられないと思う。一旦舵を切ったら簡単に元に戻せないのが中国共産党だからある意味危険。

名無しさん
粗悪な商品を騙してでも売ろうとする、商売人の風上にも置けない腐ったメンタリティがどこまで通用するのだろうか?

名無しさん
中国は常に強硬策出したりズルしたりしてるから、通常とあまり変化がない
アメリカとの貿易問題では分が悪いだろう

やーめた!!
貿易収支だけの問題じゃない。
株、為替など市場にも影響が出るという事は、当然会社収益、景気、
個人資産、従業員給料、役員報酬、エネルギー、物流、結局すべてに影響が出る。
貿易関連会社だけに関係した事ではない事を理解して下さい。

名無しさん
お互いの国益に沿っての行動だから慌てないで静観すべきです。米国が強くなることはそんなに悪くないが中国が強くなる事には警戒が必要です。中国の力が少し弱まるまで続くと良いと思う。

名無しさん
アメリカは、強硬に制裁を続けるかもしれないが、落としどこはわかってるはず。経済も、北の脅威も、海洋進出も、含めて、睨んだ結果

名無しさん
この貿易戦争は、単なる経済の問題ではない米国防衛白書で発表されている様に中国はロシアを抜いて最大の軍事的脅威であり仮想敵国となった。つまり、ソ連を軍事競争を激化させて国力を削ぎ崩壊させたように、中国の経済力を奪い、軍事力強化を弱め、国力を削ぐための対策とみる。専門家(だれだっけな??)も同じ様なことを言っていた。だから、米国経済にも打撃あっても、強行したと考えた方が理にかなう。

名無しさん
まずいなこれは。中国の経済的な矛先は米に向くのかもしれないが、軍事的な矛先は周辺諸国に向くのは必至。まーたメリケンのせいで余計な負担を背負わされた。赤字出ようとも、TPP圏内で団結しておかないとまずいかもしれない。

日本帝国航空全便を爆破する
それでもなぜapple製品は中国製なの?
ボーイングの飛行機に100%の関税かければ?

名無しさん
昔 昔 日本も同じような事があった
その時 報復関税あった?

国士無双
ブロック経済の流れになりそ。

名無しさん
日本は影響ないのかな。製造業がダウンで国内の食品が高騰するとか、借金返せなくなるとか。

名無しさん
行き過ぎたグローバル化の反動ですね。
経済が国内循環するようになると、物価上昇するけど、国内製造が増加して、労働者の所得も順次上昇するだろう。
ただ、物価上昇と所得上昇が同時じゃないから、労働者層には厳しい時代の到来となるかも。

名無しさん
自国が不利益を被る貿易など元々ありえない・・・代償を払う時もあれば、儲かるときもある。この様になって当たり前では・・騒ぐほどの事ではない。

名無しさん
トランプ大統領の選挙公約を実行したまでです。
彼は政治の常識が通用しないので、中国も戸惑っているでしょうが、矛先は必ず日本にも向けられます。
日本に対しては関税よりも日本の商慣習や法制度そのものが槍玉に挙がり、市場開放という名でアメリカンスタンダードを押し付けてくるでと思います。
その辺をどうかわすかが安倍外交の見せ所でしょう。
恐らく国内企業が独占してる業界は戦々恐々です。

名無しさん
中国の富裕層に、不満が溜まって来るんでしょうね。米国の国債売り始めたら、本気かと思うけど。

ドルフィンt
中国が自信を持ち始めたことからいずれこの様な対立は出てくると感じていた今回は今後を予想する大きなできごとここで米国が引いたらなしくずし的に中国が出てくるだろう

kawarimono
TPPやっといて良かったわ。

名無しさん
面白そうだね。とことんやって参考になる前例を見てみたいよ。ハッハ

Vio30
当然、そう来ますよね。
ひふみん

名無しさん
中国の巨額の対米貿易黒字の根本原因は、アメリカが日常生活用品をすでに作らないようになったことで、いくら税関で解消したくても、結局はアメリカ国民の生活コストの上昇と選票の喪失につながるだけ。

Pavrof
弱みを握られそれで国が衰えていくのならそれだけの国力だったということ。
貿易に頼らない強い国を目指すなら、再考の契機になれば良いと思う。

名無しさん
アメリカの現路線はドル高輸入関税策。欲しいものは安く買い、付加価値の高い品目以外の輸出を犠牲にしても内需拡大を図る方針。

名無しさん
まぁ中国はもちろん日本もアメリカに対する
報復処置をする権利は十分にある
個人的には米の強硬措置はごく短期間で終わると思ってるので
しばらくは静観でよいと思うけど

クチュクチュ@返信してね。
昨日はこの影響でUSDずっと下げだと思ってたら上昇してくから、ロンドンヒキシングの直前でEURに買いで入れたんだけど、その直後に大きく下がりまくりで困ったよ、
ただ、今ようやくEURも持ち直してきてるからね。注目は今日の13:30AUDの経済指標だね、中国で貿易戦争とかならAUDも下がるはずなんだけど、中央銀行関連では急上昇する場合もあるからね、13:30は要注意だよね。AUDはどっちに入れようかね?

Cynic
正直中国はあまり好きじゃないがトランプに対してYESMANにならないのは好感が持てる。ウチらの大将じゃ出来ないだろな。

名無しさん
もうひと昔とは経済の仕組み、スピードが全く違う。
この「インターネット物流社会」になって、
お金やモノの動く速度が比較にならないぐらい速い。
そして、この大国間の利潤争いの裏側では、
ますます置いてかれた貧国との経済格差位が拡大している。
今まで通りの経済学的な考え方では無理だから、
「自国の国民が普通に暮らせるレベル」の調整された関税は必要だと思う。
もう自由貿易社会ではバランスが取れない。
続ければ、どこかの国が切れて戦争が起こっても不思議でない。

名無しさん
今までなら水面下の駆け引きがあるのが当たり前だったけど、トランプだからなぁ・・・。
一番機嫌をとり易いアメ車の輸入拡大も中国はEV推しだから無理だし、一筋縄ではいかん気がする。

名無しさん
大量消費にも歯止めかかるし、いいと思うけど
昔の方が物も少なく貧乏でも豊かさがあった
使い捨ての今じゃ物作りのプライドと誇りも何処へやら

名無しさん
貿易と言うのは国同士の金儲け活動です。
金儲けの原理は、どちらかが儲けてどちらかが損することになっています。ウィンウィンなんてありえません。
そして、損した側はあらゆる圧力や不正をして儲けを出そうと努力する訳です。
この場合、米国が損をしてるから儲けるために関税を高くするんですね。当然でしょう。
まぁ、人口14億人の生活を支えるために中国が貿易で儲けてきたが、今回はトランプによって損させられる。当然でしょうね。
貿易戦争は米国に軍配。

名無しさん
キッシンジャーがトランプだったら貿易戦争にも米中開戦もないと明言していたんだけどなー

sonboon
ある意味これが外交。相手の出方次第で対応を変えて結果どこかに落とし所を作る。
日本のように根回し根回しだけで対立を避けてばかりいると正当な結果が出ないことがある

名無しさん
アメリカの黒歴史に残る出来事にならなきゃよいけど・・・。

名無しさん
アメリカは基軸通貨を持っている。
中国だってドル決済しないと貿易できない。短期的にはアメリカが圧倒的有利だけど、これは絶対ブーメランになってアメリカ経済に返ってくると思う。
基軸通貨と自由貿易でアメリカは発展したんだ。トランプのアメリカは基軸通貨すら失いかねないと思う。

名無しさん
アメリカは、安い中国製品が関税で市場物価が上昇し、貧困層は益々生活が困窮してしまう。
トランプが、国民を見ていない政策の証である。

名無しさん
トランプの輸入制限は中国にダメージを与えるのではなく、米国自身にダメージを与える。中国は所詮統制経済国家なので、なんとでもなる。米国に輸入する中国製品に関税がかかり、その代替をするのは米国製なのだろうが、その分値段が上がり、消費者は財布のひもを締める結果、経済は衰退を始める。中国が関税掛ける農産品で米国の生産者は打撃を受ける。すベてはブーメラン現象が起こり米国が衰退するだけだ。なので、いずれこの政策はトランプの撤回で終わる。

名無しさん
日本も米国から制裁がありそうだが、それより森友の方が大事みたいです。

名無しさん
そういえば最近BRICSて聞かなくなったな。トランプは中間選挙が終わるまで、ブルーカラーなどの支持層が求める政策を着々と実行していくだろう。問題は中国が本気で報復関税をするかどうか。

名無しさん
日本は漁夫の利を狙えるチャンスだね。中国に売れなかった製品を安く買えるかもしれない。

名無しさん
鉄鋼を作ると
安全保障が守れなくなるっていう理屈が
さっぱり分からない
関税というのは基本自由かと

名無しさん
利益を守るといえば聞こえはよいが、要するに市場で競争力のない商品ばかりをそろえているので保護しますということ。
ビッグ・スリーの凋落と同じ轍を踏まなければよいですが。

名無しさん
ドルがまた急落すると思ってたらそうでもないな。当てが外れた

白蓮
関税をかけられても買ってもらえる製品を造ることが製造業の原点です。鯨同士の喧嘩を涼しい顔で見物できる企業を目指しましょう。

名無しさん
利益を守るといえば聞こえはよいが、要するに市場で競争力のない商品ばかりをそろえているので保護しますということ。
ビッグ・スリーの凋落と同じ轍を踏まなければよいですが。

.
日本人も強硬策を学ぶべき。いつも対立を避けて妥協か玉虫色に決着するのではなく、ガツンとぶつかった後に交渉の糸口がある。彼らはガキの頃からそれをやってきている。もちろんそれを支える力が必要だ。

名無しさん
米中:貿易戦争
日米:晋三の泣き寝入りで終了
1年半にも及ぶ、晋三のトランプへのゴマすり外交は、一体何だったのだ…

名無しさん
この間まで貿易摩擦の懸念は薄れただのなんだの言ってたくせに。見通し甘すぎなんじゃないの?
それとも株価、為替を操作してるのか?

名無しさん
報復出来る国はいいけど、出来ない国はどうなるの?
例えば、日本。。。アメリカに対しては絶対出来ないよね。