【AFP=時事】ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領は不法入国者の取り締まり強化対策として米南部の
メキシコ国境地帯に数千人規模で州兵を配備するよう指示した。
だが、それも米国へ行きたいと強く願う1人の若者の決意を覆すことはなかった。
このメキシコ人の若者は6日、仲間の助けを借りて米メキシコ間の壁をよじ登って越え、米国側に入ることに成功した。

【関連写真】国境を越えるまでの2分間を6コマで

 この若者の越境を手助けした男性は3人。
2人は壁を登る若者を押し上げる役で、もう1人は見張り番だ。
若者は友人の手を借りてさびついた金属製の壁をよじ登り、壁を越えてメキシコ側のシウダフアレス(Ciudad Juarez)から
米国側のニューメキシコ州サンランドパーク(Sunland Park)に入った。わずか2分足らずの出来事だった。

 メキシコ南部出身だという若者は国境を越えた後、砂漠のかなたの地平線上にかすかに見える集落を目指して走っていき、姿が見えなくなった。

 越境を手伝った男性の一人は「実現するのはいつになるかわからなかったけど、あいつは諦めなかったんだ!」とAFPに語った。
男性は、高さ6メートルの国境壁をたった1分でよじ登る人たちをたくさん見てきたと話すと、
米税関国境警備局(US Customs and Border Protection)に見つかるのを恐れて走り去った。

 トランプ大統領は、報道で中米出身者ら1000人以上から成る移民「キャラバン(旅の一団)」が
米国境に向かってメキシコ国内を移動中だと知ると、怒りのコメントを相次いでツイッター(Twitter)に投稿。
さらに5日には州兵部隊2000~4000人を国境に配備するよう指示した。だがメキシコはトランプ氏の決定に反発している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180408-00000021-jij_afp-int