【AFP=時事】(更新)ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領は11日、シリアのバッシャール・アサド(Bashar al-Assad)政権を支援するロシアに対し、民間人への化学兵器による攻撃の報復として米国のミサイルが「やって来る」と警告した。

 トランプ氏はツイッター(Twitter)に、「ロシアは、シリアに向かって発射されたあらゆるミサイルは全て撃ち落とすと断言した。準備をしろロシア、なぜなら素晴らしくて新型で『スマート』なミサイルがやって来るからだ。人々を殺して楽しむようなガス殺しのけだものと手を組むべきではない」と投稿した。

 またトランプ氏は米ロ関係に関し、「冷戦(Cold War)時代も含め」て、これまでになく「悪化している」と投稿。さらに「これには何の理由もない。ロシアは経済面で支援してもらうためにわれわれを必要としているが、それはとても簡単なことだろうし、われわれは全ての国が連携することを必要としている。軍備競争をやめないか?」と書き込んだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180411-00000044-jij_afp-int