カーリングの混合ダブルス世界選手権は24日、スウェーデンのエステルスンドで行われ、1次リーグC組で平昌五輪銅メダルの藤沢五月(LS北見)と同五輪代表の山口剛史(SC軽井沢ク)が組んだ日本は、ロシアのペアを延長戦の末7―6で破り、通算2勝2敗とした。 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180424-00000148-jij-spo