心と体の性が一致しない「トランスジェンダー」で、女性として生まれたが、心が男性である「Female to Male(FTM)」の当事者2人が、子育てに奮闘している。

2人は性別適合手術を受け、戸籍上の性別を「男性」に変更後、女性と結婚。それぞれ特別養子縁組、または人工授精によって子どもを授かった。

トランスジェンダーパパである彼らは「幸せです」と口をそろえ、体験を語った。【BuzzFeed Japan / 瀬谷健介、日比友紀子】

2人が話したのは4月28日、「トランスジェンダーの子づくりと妊活トークショー」と題したイベントだった。
この日にスタートした、日本最大のLGBT祭典「東京レインボープライド」の関連イベントの一つだ。

主催したのは、性同一性障害のトータルサポートを手がける企業「G-pit net works」。
タイと国内での性別適合手術の付き添いや、性別の戸籍変更・改名手続きのサポートをしている。

これまで同社のサポートで、性別適合手術を受けたのは2200人以上。

問い合わせが続々と入る状況で、「子どもをつくりたいが、どうすれば」という相談も増えてきた。
そこで、今回のイベントを開催したという。

特別養子縁組が成立し、家族に
登壇した太田有矢さん(41)は夫婦で話し合った結果、人工授精ではなく、養子縁組で子どもを育てようと決めた。

そして、児童相談センターの研修を経て、里親として認定後、2年ほどして児童相談所から「2ヶ月後に生まれます。受けますか?」と待ちに待った連絡が入った。

里親として、新生児を実親に代わって育ててほしい、との依頼だった。子どもを引き受け、今では特別養子縁組が成立し、家族となった。今、息子は1歳7ヶ月だ。

父となった太田さんは当時を振り返り、「いつ養子縁組を前提とした子がくるかわからない、そして実親が『やっぱり育てます』と決めたら、話はなしになります。不安でした」と話した。

兄からの精子提供
一方、MASAKIさん(33)は、女性と結婚後、実の兄から精子提供を受けた。人工授精によって、妻が男児を出産した。

「養子という選択肢もありましたが、私たちは血の繋がりを大切にしました。一番ベストで身近なチョイスだと考えたのが、兄からの精子提供でした」

兄に依頼したとき、最初は反対されたという。しかし、話し合いを重ね、承諾してくれた。

「一番大変だったのは、兄と奥さんのスケジュール合わせでした。
排卵日は簡単にわかるわけではないし、お互い体調が悪ければ、受精がうまくいかないことがあるそうです。
間に挟まれる形になった私も精神的に参った時期もありました」

たくさん苦労した。けれど幸せだ
2人に共通するのは「自分たちの子どもを育てたい」という強い思いだ。

初めて子どもと対面した時、MASAKIさんは「うれしいけど、不安になった」と戸惑い、太田さんは「この子を守るのは自分たちしかいない。
『頑張ろうスイッチ』が入りました」と考えたという。

子育ては思っていた通りやることが多く、睡眠不足に悩みもしたが、「毎日楽しい。世界が変わります」と2人とも幸せを噛みしめる。

また、MASAKIさんの妻は、1歳4ヶ月の息子とともに来場しており「結婚して後悔していません。一緒に育児ができて、本当に幸せです」と話す。

「血の繋がりとか、似てる似てないを感じることがあり、全てがオッケーでハッピーかって言われたら、そんなことはないかもしれません」

「けど、すごく可愛がってくれて、積極的に育児をしてくれます。
私以上に子どものことを考えてくれていて、家族になれて良かったと思えるし、これからも3人で生きていくんだって感じています」

子どもに早くカミングアウトする
2人とも、自身がトランスジェンダーであり、自分と妻との間に生まれた子どもではない、と子どもに早く伝えようと考えている。

太田さんは、児童相談所からそのように指示を受けた。

実親の写真と手紙を預かっており、子どもはまだ言葉を理解できる年齢ではないけれど、誕生日に「このお母さんが産んでくれたんだよ」と話しかけたという。

「LGBTの当事者が親である家族も増えてくると思います。あなたは一人じゃないんだよ、愛されて生まれてきたんだよ、と伝えたいです」

チャレンジする当事者たちへ
会場には、当事者以外にも、子どもがほしくても産めない人、産む予定がない人などさまざまな人が訪れた。

司会進行を務めた「G-pit net works」の社長で、同じくトランスジェンダーの井上健斗さんに
「これからチャレンジする人に伝えたいことはなんですか?」と最後に問われると、2人はこう答えた。

「他人である夫婦が家族になれるのであれば、どんな子どもも家族になれると思っています。
まずは夫婦でよく話し合って、人工授精にするのか、養子縁組にするのか、2人の意見が一致することが一番大切です。
家族はいろんな形があって良いと思っています」(太田さん)

「私が経営するバーには、第三者から精子提供を受け、血の繋がりが全くない子どもを育てるスタッフがいます。
話を聞くたびに、彼の愛情の深さを感じます。誰の精子にしようか、と迷うはずですが、血の繋がりは関係ないと思っています」(MASAKIさん)

「愛は血縁関係を超えると思う」
2人の子どもは、それぞれたくさんの愛を注がれて育っている。「愛は血縁関係を超えると思う」との井上さんの言葉が印象的だった。

井上さんは、来場者に「決して子どもをつくった方が良い、と伝えたいわけではなく、子どもをつくらない選択肢もあって良いと思っています。
いろんな選択肢が増えれば良いなと思って開催しました」と呼びかけた。

「時代は追い風だな、と思っています。トランスジェンダーだから、子どもが不幸になるかもしれないと思って諦めなきゃ、
というのは、すごく悲しいことです。自信を持って選択できるようになってほしいです」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180429-00010000-bfj-soci&p=1