2月に行われた平昌冬季五輪の女子フィギュアスケートで金メダルを獲得した
ロシアのアリーナ・ザギトワ(15)に贈られる秋田犬が3日、秋田県大館市でお披露目された。

Figure Ice Skating – ISU Grand Prix of Figure Skating Final – Ladies Victory Ceremony – Nagoya, Japan – December 9, 2017. Gold medalist Alina Zagitova of Russia poses on the podium. REUTERS/Issei Kato

ザギトワ本人の希望で「MASARU」と名付けられた雌犬は、2月15日に秋田県大仙市の濱田正巳さん(79)の下で誕生。
60年近く秋田犬を飼っている濱田さんが「こんなに美人な子犬に出会ったのは初めて。
まさに“秋田美人”です」と話す自慢の一頭で、特に目の美しさが特徴的だという。
写真を見てザギトワが選んでくれたことには「うれしかったですね。快く提供したいと思います」と話した。

 今後はいったん東京に運ばれた後、今月末にもモスクワへ。
ザギトワ側は、現地のスケートリンクでの贈呈式を希望しているという。
また、同じ日に生まれた雄犬の「勝大(しょうだい)」は、大館市のマスコット犬として今後は飼われる予定になっている。

ここに引用文が入ります。


PDF