2017年11月、大韓航空機爆破事件(KAL機事件)発生から30年の節目を迎えた。55歳となった金賢姫元死刑囚は、今何を思うのか。
当時から事件の取材を続けてきた黒田勝弘・産経新聞ソウル駐在客員論説委員が迫った。(「文藝春秋」2017年12月号)


 ご無沙汰しております。今日は、懐かしい写真を2枚持ってきました(と言ってバッグから取り出す)。

黒田 これは懐かしい(写真裏の日付は1990年6月20日)。
金さんが事件から3年後、はじめて外国人記者団に向けて記者会見を行った日に撮影された写真ですね。
こちらはマイクに向かって喋っている金さん。もう1枚のほうは、人差し指を立てて質問している私が写っていますね。
あの日、「あなたは日本語が上手だと聞いているが、次の質問は日本語で答えてほしい」と私が韓国語でお願いすると、
金さんは「あのォ」「それでですね」などと、実に自然でこなれた日本語を披露されました。

 いやあ……そうでしたかねえ。

黒田 あの事件から今年(2017年)11月がちょうど30年ということで今回はインタビューを御願いしましたが、
韓国語、日本語、どちらでやるかを事前にお尋ねしたところ「日本語でやりたい」と言っていただきました。
相変らずお上手ですが、今も日本語の勉強はなさっているのですか。

 いいえ。日本語を聞く機会は普段ありませんから、単語などは結構忘れちゃっていて。
勉強というほどではありませんが、日本語の本を読むことはあります。村上春樹さんの小説は好きですね。

30年は本当に長かったです

黒田 しかし、こうして写真を見ると、金さんは当時、ふっくらとした顔でしたね。
それが最近は、お痩せになったように見えます。これまで大変な気苦労やストレスがあったせいではないかと心配です。

 大丈夫です。私は元々、太りにくい体質なのです。でも、ストレスがなかったと言えば、嘘になるかもしれません。

黒田 30年という歳月は、長かったですか。それとも、あっという間でしたか。

 本当に長かったです。振り返れば、辛い出来事ばかりでしたから。かつての私は、自分が「革命戦士」だと信じていました。
祖国を統一するため、テロの正当性を疑ったことはなかった。
しかし、実際は、無辜の人々の命を奪ってしまっただけでした。その事実が消えることは決してありません。
あの事件は一生背負っていかなければならない十字架だと思っています。

“北の訛り”が出てきている
黒田 (逮捕後)韓国に連行された後、1カ月足らずですべてを告白しました。どの瞬間に「もう駄目だ」と思ったのですか。

 最初は教育された通り日本人や中国人のふりをしていました。でもすぐにボロが出る。
「日本で使っていたテレビのメーカーは?」と尋ねられて、「チンダルレ(北朝鮮のテレビメーカー。ツツジの意)」と答えたり、
中国北部の黒竜江省出身と言っているのに、南部の広州の言葉でしゃべったり。

 でも、告白した最大の理由は、韓国が、北で教えられていた国とまったく違ったからです。
北では「南朝鮮の人々は酷い生活をしている」と頭に叩き込まれていました。
ところが、韓国の人々は生活が豊かで言論や思想の自由が保証されていた。見るものすべてが新しかった。
そして、確信したのです。金日成の教育は嘘だ。間違っている。
私がやったことは祖国統一の助けになるどころか罪なき人民の命を犠牲にしてしまっただけなのだ、と。

黒田 すべてを告白すれば北に残してきた家族に危害が加えられてしまう、と心配にはなりませんでしたか。

 もちろん心配でした。私のせいで、家族は追放され、殺されてしまうかもしれないとまで覚悟しました。外交官だった父、そして母、妹、弟……。

黒田 今、家族についての情報はあるのですか。

金 消息はまったくわかりません。
でも、30年も経っていますから、両親は亡くなっているのではないでしょうか。
生きていれば80歳を過ぎています。栄養状態が悪い北では長く生きられませんから……。

やはり家族は懐かしいし、会いたい
黒田 近頃とみに感じるのですが、北より韓国での生活が長くなったのに、言葉に“北の訛り”が強く出ている気がします。
齢(とし)を取ると元に戻るんですかね。

 今はもう自分を偽る必要が無くなって久しくなりましたから、自然と生まれ故郷の言葉が出ているのかもしれません。
それに加えて現在、私が住んでいるところ(慶尚北道)の言葉が父の故郷(咸鏡道)のアクセントに似ていることも原因の一つかもしれないです。

黒田 家族に会いたいでしょうね。

 現在の北に行きたいと思うことはないですが、やはり家族は懐かしいし、会いたい気持ちはあります。

 10年ほど前、よく夢を見たんです。なぜか私はお葬式に出ている。
誰のお葬式なのかは分からないのだけど、きっと父のお葬式――。夜中にビックリして起き、父のために祈りました。
いつか、もし北の体制が滅んで、統一が成され、北と南を自由に行き来できるようになったら、昔家族と住んでいた平壌の街に行ってみたいと思います。
早く死んで終わらせてほしい
黒田 法廷に立たされて1989年に一審で死刑判決を受けた時はどのような心境でしたか。

 あまりにも大きな罪を犯しましたから、死刑への恐怖はありませんでした。「早く死んで終わらせてほしい」とばかり考えていました。

 何よりも辛かったのは、法廷で遺族を間近に目撃して、彼らの悲しみの叫びを聞いた時でした。「私の息子を返せ」「私の夫を返せ」「一緒に死んでやる」……こんな私が生きていて良いはずがないと思っていました。

黒田 ところが、その翌年、盧泰愚(ノテウ)大統領の特別赦免(特赦)が出て、金さんの死刑執行は免除となりました。金さんはいわば「北の国家テロの生き証人」として生かされることになった。

 再び生き返ることが嬉しくもあり、このまま生き残る自分が惨めでもあり、これから罪人として一生を過ごしていくことに暗澹たる思いがありました。

 しかし、私に出来ることは何かを考えました。そして、1991年に『いま、私は女になりたい』(邦訳版は 『いま、女として─金賢姫全告白』 文藝春秋)という本を書き、印税はすべて遺族に差し上げることにしました。どうお詫びしても、いくらお金をあげても、解決できることではありませんが、私に出来るのはこれくらいしかありませんでしたから。

黒田 その後、遺族と接触はありましたか。

 事件からちょうど10年後の1997年12月末に、はじめて直接遺族の皆さまとお会いしてお詫びを申し上げました。直接お会いするまでに10年という歳月がかかってしまったのです。

黒田 当時、金さんの“告白”によって、日本にも思わぬ余波がありました。著書をはじめ北朝鮮の実態についてさまざまな証言をしたことで、日本人拉致問題の真相の一端が明らかになったのです。特に、金さんに「日本人化教育」を施した李恩恵という存在が分かったことは極めて大きな出来事でした。李恩恵は、1978年に拉致された田口八重子さん(失踪当時22)だったからですね。

 私は工作員として訓練を受けていた1981年から約1年間、李恩恵先生こと田口八重子さんと2人で生活していました。日本人としての立ち居振る舞いは、すべて田口さんから学びました。思い出もたくさんあります。石川さゆりの「津軽海峡・冬景色」などの流行歌を一緒に聴いたり、夜中に“自由主義”と言ってこっそり2人で招待所を抜け出し街に出かけたり……。

黒田 金さんの日本語の喋り方は、きっと田口さん譲りなのでしょう。
つづく


PDF