子どもたちが選んだ本ベスト10を決定する『小学生がえらぶ! “こどもの本”総選挙』の結果が5日、都内で発表された。1位は今泉忠明氏が監修した『おもしろい!進化のふしぎ ざんねんないきもの事典』(高橋書店)が選ばれた。


『小学生がえらぶ! “こどもの本”総選挙』は、児童書出版社として70周年を迎えたポプラ社が主催し、子どもたちに面白い本と出合える機会を作り、本をもっと身近に感じてもらいたいという思いから開催している。2017年11月1日から18年2月16日までの期間、約2000軒を超える書店店頭、全国の小学校、公共図書館およびポプラ社ホームページにて投票用紙(投票フォーム)を配布し、「自分の一番好きな本」を募集。応募総数は約12万通以上となった。

 1位の『おもしろい!進化のふしぎ ざんねんないきもの事典』は、生き物の“ざんねん”な一面に光を当てたはじめての本。紫外線を浴びると光るサソリや、敵におそわれると死んだふりをするオポッサムなど、ふしぎな生き物を122種紹介。シリーズ累計160万部を突破している。

 都内で表彰式が行われ、投票者の中から選ばれた小学生10名が自ら投票した本を発表し、作者(出版社)を表彰。作家としても活躍するピースの又吉直樹も登場した。

■『小学生がえらぶ! “こどもの本”総選挙』ベスト10
1位:『おもしろい!進化のふしぎ ざんねんないきもの事典』監修・今泉忠明(高橋書店)
2位:『あるかしら書店』著・ヨシタケシンスケ(ポプラ社)
3位:『りんごかもしれない』作・ヨシタケシンスケ(ブロンズ新社)
4位:『おもしろい! 進化のふしぎ 続ざんねんないきもの事典』監修・今泉忠明(高橋書店)
5位:『おしりたんてい かいとう VS たんてい』作・絵・トロル(ポプラ社)
6位:『おしりたんてい いせきからのSOS』作・絵・トロル(ポプラ社)
7位:『このあとどうしちゃおう』作・ヨシタケシンスケ(ブロンズ新社)
8位:『ぼくらの七日間戦争』作・宗田理/絵・はしもとしん(KADOKAWA)
9位:『ふしぎ駄菓子屋 銭天堂』作・廣嶋玲子/絵・jyajya(偕成社)
10位:『りゆうがあります』作・絵・ヨシタケシンスケ(PHP研究所)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180502-00000354-oric-ent