ソウル(CNN) 脱北者のケン・オムさんが初めて韓国ソウルに足を踏み入れた当時、馬鹿馬鹿しい質問を何度も聞かされることになれる必要があった。

北朝鮮の兵士だったオムさんが脱北したのは2010年。当時29歳だった。
「北朝鮮にアルコールはあるの」「それほど栄養不足で米が手に入らなかったなら、ラーメンを食べればよかったんじゃないの」。
そんな質問をされたという。

仲間外れにされたような経験だった。オムさんは、ソウルにある脱北者向けの学校で
CNNの取材に答え、アマゾンの部族の出身のように見られていたと振り返る。
こうした質問は、韓国社会に溶け込もうとするのを難しくする日々の難題のほんの一例に過ぎない。

北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長と韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領が先ごろ、
歴史的な首脳会談を行い、南北の距離が近づいた。

韓国と北朝鮮が平和条約を締結し、非核化を本当に前進させることができれば、
かつては考えられなかった朝鮮半島の再統一も現実味を増すように見える。

しかし、オムさんが韓国の同胞に感じる隔たりは、再統一の問題と、かつてのベルリンの壁よりも強固で
不透明な境界の両側にいる人々にとって、それが何を意味するのか依然としてはっきりしていないことを示している。

70年にわたる分断は南北朝鮮の文化的な隔たりを急速に拡大させている。
そして、それが、韓国に1人でたどり着き、支援してくれる家族も友人もいない脱北者に疎外感と困惑を与えることになる。

オムさんはソウルに来た当初、工場で働いた。「当時、私はまったく英語を話さなかった。単語ひとつ知らなかった」

オムさんは、仕事の性質上、工場で働くことで問題が起きるとは思っていなかった。

「プラスチック素材の色を合わせる必要があった。全員、韓国人だったが、色を言うのは英語だった。
レッド、ブルー、ホワイト・・・。レッドって何? ブルーって何? 絶望を感じ、落ち込んだ」

北朝鮮情勢に詳しいトラビス・ジェッペセン氏は南北首脳による会談が行われた後でも、
再統一の夢は依然として「甘い見通し」である可能性があると指摘。
和睦について別の選択肢を真剣に検討することが必要な場面かもしれないとの見方を示す。

ジェッペセン氏は、1945年に始まった分断によって2つの社会に大きな違いが生まれたことを認識し、
それを一緒に克服する意欲を持つことが必要だと指摘する。

別の専門家も、脱北者の多くにとって、北朝鮮の農村部から韓国へ出てくるのは、
まるでタイムマシンで未来の世界へやってきたようなものだと指摘する。

北朝鮮の人たちを一度に一人ずつ韓国社会に溶け込ませるのが難しいなら、
完全な再統一という仕事は不可能に近いといえるかもしれない。

韓国にとって再統一にかかるコストは5000億ドルから数兆ドルとの試算がある。

韓国公共サービス・輸送労働組合(KPTU)の朝鮮半島情勢の専門家からは、
こうした問題について何年もの間、公式な協議が行われていないとの指摘が出ている。
金大中大統領の時代は連邦制による統一との考えが出ていた。
しかし、現在は、「独立しながらも友好な関係を持つ対等な国」という制度も一部で検討されているという。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180507-35118703-cnn-int


PDF