韓国の文在寅大統領と中国の李克強首相は9日、東京都内で会談し、北朝鮮が「完全な非核化」を行った場合、北朝鮮の「体制保証と経済開発支援」などに国際社会が積極的に関与する必要があるという認識で一致した。



 また、米朝首脳会談を控え、中韓が意思疎通を強めていくことを確認した。韓国大統領府が発表した。

 韓国政府関係者は文、李両氏の認識について「北朝鮮の完全な非核化を前提にしていた」と説明。非核化に向けては「北朝鮮が体制保証の問題で安心できるようにしなければならない」と強調した。 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180509-00000114-jij-kr