「週刊現代」が外国人による国民皆保険の「不当利用問題」について、キャンペーンを行っている。第一回目は、入国制度の盲点を突き、日本の健康保険に加入し、高額治療を安く受ける外国人の実態に迫っている。

「留学ビザ」で国保に加入
 「最近、日本語がまったく話せない70代の患者が、日本に住んでいるという息子と一緒に来院し、脳動脈瘤の手術をしました。

 本来なら100万~200万円の治療費がかかりますが、健康保険証を持っていたので、高額療養費制度を使って自己負担は8万円ほど。

 日常会話もできないので、日本で暮らしているとはとても考えられませんでした。どうやって保険証を入手したのかわかりませんが、病院としては保険証さえあれば、根掘り葉掘り確認することはありません」

 こう明かすのは都内の総合病院で働く看護師。

 いま日本の医療保険制度を揺るがしかねない事態が起きている。ビザを使ってやってきた外国人が日本の公的保険制度を使い、日本人と同じ「3割負担」で高額治療を受けるケースが続出している、というのだ。

 厚生労働省が発表する最新のデータによると、日本の年間医療費は9年連続で最高を記録し、42兆円(’15年度)を突破した。

 とくに75歳以上の後期高齢者の医療費は全体の35%を占め、その額はおよそ15兆円にのぼる。「団塊の世代」が75歳以上となる’25年には、全体の医療費が年間54兆円に達する見込みだ。

 4月25日、増え続ける医療費を抑制するため、財務省は75歳以上の高齢者(現役並み所得者以下の人)が病院の窓口で支払う自己負担額を1割から2割に引き上げる案を示した。

 日本の医療費は危機的状況にある。その要因が高齢者医療費の高騰であることは論を俟たないが、冒頭のように日本で暮らしているわけでもない外国人によって崩壊寸前の医療費が「タダ乗り」されているとなると、見過ごすわけにはいかない。

 法務省によれば、日本の在留外国人の総数は247万人(’17年6月時点)。

 東京23区内でもっとも外国人が多い新宿区を例にとれば、国民健康保険の加入者数は10万3782人で、そのうち外国人は2万5326人(’15年度)。多い地域では、国保を利用している4人に1人が外国人、というわけだ。もちろん、まっとうな利用ならなにも咎めることはない。だが、実態をつぶさに見ていくと、問題が浮かび上がってくる。

 そもそも医療目的(医療滞在ビザ)で日本を訪れた外国人は、国保に入ることができない。

 たとえば、昨今の「爆買い」に続き、特に中国の富裕層の間では、日本でクオリティの高い高額な健康診断を受ける「医療ツーリズム」が人気となっているが、こうしたツアー参加者が日本で治療を受ける場合は全額自腹(自由診療)で治療費を支払う必要がある。保険料を負担していないのだから当然であるが、相応のおカネを払って日本の医療を受けるなら、何の問題もない。

 深刻なのは、医療目的を隠して来日し、国保に加入して不当に安く治療する「招かれざる客」たちだ。

 なぜ彼らは国保に入ることができるのか。

 一つは「留学ビザ」を利用して入国する方法だ。

 日本では3ヵ月以上の在留資格を持つ外国人は、国保に加入する義務がある(かつては1年間の在留が条件だったが、’12年に3ヵ月に短縮された)。つまり医療目的ではなく、留学目的で来日すれば合法的に医療保険が使えるのである。

 多くの在留外国人が治療に訪れる国立国際医療研究センター病院の堀成美氏が語る。

 「うちの病院で調査をしたところ、明らかに観光で日本に来ているはずなのに保険証を持っているなど、不整合なケースが少なくとも年間140件ほどありました。

 国保の場合、住民登録をして保険料を支払えば、国籍は関係なく、だれでも健康保険証をもらえます。そうすると保険証をもらったその日から保険が使えるわけです。

 来日してすぐの留学生が保険証を持って病院を訪れ、しかも高額な医療を受けるケースがありますが、普通に考えれば、深刻な病気を抱えている人は留学してきません。

 来日してすぐに、もともと患っていた病気の高額な治療を求めて受診するケースでは、治療目的なのかと考える事例もあります」

 さきほど「医療ツーリズム」の話に触れたが、日本の病院を訪れる中国人の間で、とりわけ需要が高いのがC型肝炎の治療である。特効薬のハーボニーは465万円(3ヵ月の投与)かかるが、国保に加入し、医療費助成制度を活用すれば月額2万円が上限となる。

 肺がんなどの治療に使われる高額抗がん剤のオプジーボは、点滴静脈注射100mgで28万円。患者の状態にもよるが、1年間でおよそ1300万円の医療費がかかる計算になる。

 仮に100人が国保を利用し、オプジーボを使えば1300万円×100人=13億円の医療費が使われることになる。ところが、国保に入っていさえすれば高額療養費制度が使えるので、実質負担は月5万円程度(年間60万円)。たとえ70歳や80歳の「ニセ留学生」でも保険証さえあれば、日本人と同じ値段で医療サービスを受けられるのだ。

 だが現実問題として医療目的の偽装留学かどうかを見抜くのは難しい。外国人の入国管理を専門に取り扱う平島秀剛行政書士が言う。

 「申請書類が揃っていれば年齢に関係なく、留学ビザを取ることができます。実際、高齢でも本当に日本語を学びたいという人もいますからね。厳しくやり過ぎると、外国人を不当に排除しているととられかねない」

「お人好し」な制度
 また、留学ビザのほかに「経営・管理ビザ」で入国する方法もある。これは日本で事業を行う際に発行されるビザで、3ヵ月以上在留すれば国保に入ることができる。

 この経営・管理ビザを取得するには、資本金500万円以上の会社を設立しなければならない。ただし、この500万円を一時的に借りて「見せガネ」として用意すれば、ビザ申請のためのペーパーカンパニーを立ち上げてくれるブローカーが存在する。さらにそういったブローカーとグルになって手引きする日本の行政書士もいるという。

 日本の医療の信頼性を求めて、自由診療をいとわない中国人の富裕層が、こぞって日本に押し寄せていることは前述した。しかし、じつはそんな富裕層のなかにも、治療費を安く抑えようと、日本の保険証を取得する中国人は少なくないという。

 医療ツーリズムを積極的に受け入れている医療法人の元理事が内情を語る。

 「私がいた病院にやってくる中国人富裕層は、医療ツーリズムなどで高額な健康診断を受けたのち、いざ病気が見つかると、会社を設立し、経営・管理ビザをとって日本で治療するのです。彼らにとって医療ツーリズムは日本の病院の『下見』なんです。

 知人ががんになった場合、書類上は日本にある自分の会社の社員にして、就労ビザを取得させる方法もあります。この手を使えば、だれでも日本の保険に入ることができる」

 残念ながら、こうしたタダ乗りも日本では「合法」なのだ。
治療が終わればすぐ帰国
 留学ビザや経営・管理ビザだけでなく、外国人が日本の公的医療保険を簡単に利用できる方法がある。本国にいる親族を「扶養」にすればいいのだ。

 日本の企業に就職すれば、国籍関係なく社保に入ることが義務付けられている。社保は大別すると2種類に分けられる。

 大企業であれば「健康保険組合」、中小企業の場合は「全国健康保険協会」(協会けんぽ)に加入する。すると外国人であっても家族を扶養扱いにすることができる。

 たとえば子供が日本企業で働いていた場合、本国の両親や祖父母を扶養とすると、この両親や祖父母は日本の保険証がもらえる。日本に住んでもいないのに健康保険証を所有することができるのだ。

 もし親族ががんになったとすれば、「特定活動ビザ」などを利用し、日本に呼び寄せ、日本の病院で高額な手術や抗がん剤治療を受けさせる。もちろん保険が利くので自己負担は1~3割で、高額療養費制度も使える。治療が終わればとっとと帰国しても、問題はない。

 さらに本国に戻ってから治療を継続した場合、かかった医療費を日本の国民健康保険が一部負担してくれる「海外療養費支給制度」まである。

 ほかにも日本の国保や社保に加入していれば、子供が生まれた際、役所に申請すれば「出生育児一時金」として42万円が受け取れる。これは海外で出産した場合も問題ない。

 たとえば夫が日本に出稼ぎに来て、社保に加入すれば、本国に住む妻が子供を出産した際には42万円がもらえる。妻は日本で保険料を払っていないにもかかわらずだ。

 前出の国立国際医療研究センターの堀氏は「在留期間が短く、十分な保険料を納めていない外国人が日本の保険制度を乱用すれば、国民皆保険の信頼が失われる」と危惧する。

 「一部の外国人が保険制度のうま味だけを奪い取っていけば、真面目に保険料を納めてきた人には不公平感が生まれます。『フェアじゃない』と思うのが当然です。

 『そんないいかげんな制度なら俺は払わない』という人が増えてきたら、それこそが制度の破綻につながってしまう」

 身分や活動目的を偽って国保を利用しようとする外国人について厚労省は、「入国後1年以内の外国人が国民健康保険を使って高額な医療を受けようとした場合、『偽装滞在』の疑いがあれば入国管理局に報告するよう各自治体、医療機関に通達を出した」というが、そんな悠長なことを言っている時間はない。

 外国人用の保険を作るなど、もう一度制度を見直さないと、日本の医療制度が先に崩壊するだろう。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180520-00055674-gendaibiz-int&p=1

みんなの意見


名無しさん
モリカケよりこっちの方が問題。

えっ!?
確かにこんなんで国家財政が圧迫され、やがては年金支給に影響が出るのだろうから、たまったもんではない・・・

名無しさん
何でも先延ばし、責任逃れのツケを国民が払う毎回のオチ。

名無しさん
これは早急に対策法を作って欲しい。少ない給料からかなりの保険料を納めていても、健康な本人が使わずに外国人が不法に使うなんて許せないです。

名無しさん
政府は早急に対策してください。
空港のスーツケースの問題もそうだけど、個人のモラルに任せて上手くいくのは、対日本人だけ。制度としてきちっと禁止しないとダメ。

orb
医療費、未払いでドロンするのも問題になってる。パスポートを預かるとか、クレジットカードの番号を聞くとか、今すぐできることはたくさんある。差別だの偏見だのと甘いこと言ってる場合じゃない。国民健康保険の制度が崩壊するよ。

名無しさん
この問題はネットではかなり前から指摘されている。
日本は常に穴だらけの法律を作る。作って運用しないと問題がわからないなどと甘々なのに運用しだす。その後の見直しが遅すぎる。
厚労省に意見投稿したが何の対策もとられていない。

名無しさん
この話、桜井誠が半年前に言ってたな。マスコミちょっと遅いかな。

名無しさん
もっと厳しく出来ないの?

名無しさん
所轄官庁は、このまま放置しておけばいいと思っているのか。

名無しさん
外国人の医療費を血税で賄うなど言語道断。

名無しさん
国民からは厳しく搾り取り、ごく限られた範囲にしか支援しない
その支援ですら不正が横行している
もはや、日本国籍を持たない者に対して行政に関わる制度を利用できないようにした方が良いのでは?
働いてる人はその会社が保証すれば利用可能
学生に関しては学校が補償とすれば問題ないし

名無しさん
野党はモリカケよりこっちを問題にした方が支持率上がるのにな

バイスー
日本はあまりに性善説で制度を作りすぎている。せめて運用してから明らかに趣旨にそぐわない、抜け穴的な利用が出てきたときは、すぐに対応して修正していくべき。現場ではおかしいのでは?と声が上がる、報告があってるはずなのに、なぜきちんと調査し、正していかない?公的な機関やそれに準じる機関は赤字が出ても自分らの所得が減ることもなく、税金を投入、保険料を上げることで負担を押し付けるだけで、上げないための動きが全くみえない。

名無しさん
命に関わる問題もあるだろうが、タダ乗り疑念がある場合は、謝絶するべき。医療制度は、きちんと保険料払っている国民の為のものだ。払わないで帰国するような輩に対しては、そいつの国に請求すべし。

名無しさん
高齢者いじめなどにうつつを抜かし巨悪をはびこらせる。
日本の政治家で本当に日本国民を大切にする議員を地方レベルから選ばないと日本はしゃぶりつくされる。
外国人の生保受給も市町村レベルで数字をだしたら偉いことだと分かる。
今、正念場だよ。

名無しさん
これと透析患者の医療費抑制は真剣に考えないとダメだよ
厚労省何やってんの??

*9*
こうやって記事になるってことは知ってるのにやらないってことで官僚があっちの人関係だからか

名無しさん
これは深刻な問題。

名無しさん
悪用する輩が居る以上、適用範囲を日本国民に限定するとかしないと。
誰の金で制度が続けていけるのか考えて欲しい。
生活保護も同じ。

名無しさん
もう10年以上前になるが、大学院の友達の海外留学生の家族が、日本に出産のため、旅行に来ていた。
理由は、病院の入院費用が、保険適用で最大8万円で済み、出産一時金が、50万円貰えるからだそうです。
もちろん家族は、日本に住むつもりも無く、退院後すぐに自国に帰ります。
航空チケット代金を抜かせば、医療費をまったく払わないで、42万円の収入になります。
因みに、知り合いは、双子の出産だったので、92(100-8)万円もらってた。。。
きっかけは、同学の留学生から、家族が入院していて、費用の8万円の支払いを安く出来ないか?
との相談でした。
日本語が、得意では無く、フランス語圏からなので、病院も通訳出来る人が少く、友達けん通訳として、同席しました。
病院や役所に行き話を聞いて、留学生の日本国に対する考え方が、あまりにヒドイので、ビックリしました。
留学生の仲間では、常識だそうです。
友達やめた。

名無しさん
これも国際免許証の件も官僚は何をしている。国会でモリカケばかりやっている場合か!

名無しさん
外国人が日本に3か月以上滞在する場合には健康診断書の提出を義務づける。そこで病気が発見された場合、本国送還でいいのではない?
だって病気では勉強も仕事もできないでしょう。
日本人だって、就職するときは健康診断書が必要で、きちんと働けなければ雇ってもらえない。
ヨーロッパの国の多くは、留学生が加入する保険もあるが、たしか3か月か半年くらいは自費で払わなければいけなかったと思う。治療目的の入国を防ぐために。出国時に病気があれば、治療してからいらっしゃいということだよ。当然だよね。

名無しさん
数年前からクローズアップされていたけど、これは極めて深刻な問題。
中国はアメリカに次ぐ経済大国になった今も社会福祉向上の努力を怠っており、もはや社会主義の理想は完全に失われている。
医療費は凄まじく高く、都市部の中間層にすら重い負担。
日本の保険制度の穴は、中国政府が自国の予算を使わずに市民の不満を抑える絶好の機会であり、彼らは推奨さえするだろう。
今すぐ穴を塞がなければ、情報の伝播と共に利用者は激増していく。
日本の貧しい予算を考えれば、破綻は急激に進行する。

名無しさん
日本は危機感がなさすぎる、平和な日常にどっぷり浸かりすぎてダメになったのか?

名無しさん
外には甘く(何もいえない)、変わりに
内には冷たく(いじめ同様)、
日本らしさをよく示していますよね。

名無しさん
区役所で外国人が簡単に健康保険証受け取るのを見たことがあるチョット疑問を感じた瞬間でした。

名無しさん
本記事のような制度に関する課題提起は、ありがたいです。
消費税上げる以前に国の支出も見直して欲しいです。

Was*****
年金、税金、国保、入国、刑法など私たち国民の身近な問題は軽視され、どうでもよい事に議会を使わないで貰いたいし、そういう問題を議題に出されるような疑わしい行いをしないで貰いたい。

名無しさん
こういう問題がわかってるのに、なんですぐ穴を塞がないの?無能なの?

名無しさん
本当に日本は外国人に甘いと思います。
海外で現地採用枠で働いていた時は就労ビザだったので国民同様に受けられる医療保険はなくほぼ実費でした。病気になると医療費の高さに本当に辛かったです。どんだけ長く住んでいても永住権なしの外国人は守ってもらえません。それでいても所得税など税金はきちんと支払います。これが本来外国人として他の国に住むあるべき姿なんだなと思いましたし、それが嫌なら自国に帰るべきだなとも思いました。
日本は早急に対策を打つべきです。
他にも日本の土地を外国人が買えるなんて本当におかしいのです。

名無しさん
廃止、廃止。そこまで面倒見る理由があるの?

bone
ここまで酷いと、わざと穴だらけにして、
不正をさせてるような気がしてしまう。
随分前から外国人の保険不正利用は言われてるのに、なんの対策も取らないんですからね〜
私の近所にも韓国人が住んでいますが、
昼間ずっと家にいて仕事してないようなのに、
市の住宅に入ってて、保険証まで持ってるから、不思議だなぁって思います。
日本人でも市の住宅は入りにくいのに、
外国人が入れるなんて不思議です。

不撓葵
チンケな学校騒動で揉めてる場合じゃない。
あっちはどう見積もっても数十億の損失、こっちは数百億以上の損失だ。
外国人用保険制度を作るのが一番差しさわり無い。多分保険診療扱いの医療費・保険適用基準で9~10割負担みたいになるだろう。

名無しさん
なんでこんな大事な問題が放置されてるのでしょ?やっぱり野党は要らない存在ですね。焦点がいつもずれてる

ykk
もっと基準を厳格にして、不届きな外国人患者がのさばらないようにして欲しい。

名無しさん
タダ乗り患者の規制強化を早期にするべきだと思います。
厚生労働省はこの事を知らないんですかね?
其れとも知っていて何もしないんですかね?
医療費が増えているのに、この問題を放ったらかしですかね?
だとしたら厚生労働省職員の給料を削減して欲しいですね。

名無しさん
現野党が政権取った時に、強行採決で半年だったものを観光ビザで取得出来るようにしちゃったんだけど?

名無しさん
だいぶ前から問題になってましたよね!でも、取り上げたメディアは無く、もちろん野党も与党も取り上げない。加計なんかよりも重大な問題だと思われるだが、政治もメディアも騒がない。どうせ税金だと思っている?ゴールデンウィークを取った野党にも外国籍もいたりするから。結局はこういう行動が外国籍の人を苦しめる事になるんだけど、自分達で首を閉めている様なもの。

名無しさん
健康保険の破綻が見え隠れ..
国民にしてみればこんな有難い制度はない。
それが、違法な手で利用され、そのツケは我々にきてしまう。
悪いことをする奴は新たな手を考え、いたちごっこになるかもしれないが、早急に手を打ってほしい。

名無しさん
これが医療費増大の理由じゃないの?

クリ坊
テレビで見た!抜け穴は、すぐに塞ぐべきだ!国民のためのお金は、外国人に使わせてはイカンよ。

ノブ
この問題も早急に解決して欲しい、外国の人の生活保護もなんとかして欲しい、問題はたくさんある。

名無しさん
これ、かなりの問題でしょ…
国会では取り上げてないのかな?
記事に書いてあるように、何十年も保険料払ってるのに、たった3ヶ月で外国人に保険証を交付してるの知ったら、保険料払うのバカらしくなりますよ…
ちゃんと保険料払ってるのかも疑問だし…
国民皆保険制度って、いい制度だと思いますけど、しっかりやらないと、制度の崩壊もありえますよね。

ありえん
財政圧迫で困れば又々々国民から税金を値上げして吸いとるだろう。1日も早く国保加入の仕組みを見直し半年以上の住民税納付や給料証明書等が無いと駄目な様に厳しくして欲しい。既に何十億の損失だろうな。

名無しさん
ローラの父親がやっていたのがまさにコレの指南役
日本に住んで国保に入っていた人が母国で高額な医療を受ければ
日本の保険でまかなえる
本当に医療を受けてきたわけではない詐欺も多い
日本は外国人に甘すぎる
国保も生保も外国籍の人間は別口にすればいい、それは差別ではない

名無しさん
これこそ解決策はありそうなもんだけどなぁ。こんなにも国がある中なぜ日本だけ?他に国に対策を聞いてみるべきだと思う。
これじゃ、何のために税金やらを払ってるのか訳分からん。

名無しさん
これはひどい。なんとかしなきゃ。

名無しさん
国民には出国税を取って置きながら、来日医療費踏み倒しには、スルー。
来日外国人が増えればそういう問題は充分に予見できたのに、未だに放置しているとは。

名無しさん
旧民主党政権下で外国の要望に安易に応じて、
外国人向け医療制度が大幅に改悪されたせいだな。
太陽光発電補助金政策といい派遣法改悪といい、旧民主党政権下の悪影響は数年先も続いてる。