新元号の発表は、2019年5月1日の改元の半年前と言われていた時期もあったが、新聞報道によると、政府会合では改元1カ月前に発表する方針で固まったようだ。

 改元に関して合わせて話題に上るのが、情報システムの改修だ。民間企業の日常業務では西暦を使うことが多いが、官公庁、金融機関、公的機関に提出する文書等では、まだまだ和暦が使われており、日々の業務で使われているシステムが新元号に正しく対応できるかは、業種を問わずあらゆる組織における関心事になっている。

 「そんなこと今から簡単に準備できるじゃないか。とりあえず“??”とでも表示されるようにしておいて、新元号が発表されたらそこだけ書き換えればいいのでは」

 このように思う人は多いだろう。筆者もまさにそう考えていた。しかし、長年にわたって使い続けられているプログラムに手を入れるとなると、そう簡単な話ではないらしい。

 マイクロソフトは、新元号対応に関する情報をまとめたサイト「Japan New Era Name Support Blog」で、「合字」の問題を指摘している。合字とは、例えば「平成」という複数の文字を、1字分の文字で記号のように表現したものだ。これは元号のほか、単位や法人格でもよくみられる。

 同社によると、和暦の表示にこのような合字を使用しているシステムが「相当数存在」するという。国際的な文字コード標準化団体のUnicodeコンソーシアムでは、日本の新元号のためにコード位置を確保するようすでに提案が行われており、コード「U+32FF」が割り当てられる見込みだ。

 当然のことながら、新元号の発表後にフォントのアップデートが行われるまで、U+32FFは字体が存在しない“空き地”だ。フォントを更新した環境では新元号が表示されるが、それ以外の環境では空白や他の記号などになってしまうだろう。個人や限られた範囲で利用する文書ならともかく、役所や銀行が発行した書類の日付が「〓01年05月01日」というわけにはいかない。各端末のフォントのアップデートとテストだけでも、トータルの作業量はそれなりのものになりそうだ。

 単に表示や印刷ができないだけではない。明治から平成までの合字はコード位置が連続していたが、その前後にはすでに別の文字が割り当て済みなので、新元号は飛び地に割り当てられている。西暦から和暦合字に変換する処理の中で、合字のコードが連番であることを前提にしたプログラムが書かれていた場合、複雑な改修が必要になる。複数のデータを日付順に並べ替える、新元号を含むデータを検索するといった処理も、正しく動作しない可能性がある。

 また、元々のデータが和暦で作成されていると、対応はさらにやっかいだ。日付を西暦でなく和暦で管理しているシステムが今どき存在するのか疑問だったが、朝日新聞の5月18日報道によれば、政府は「システム間のやり取りを西暦で統一するよう、関係省庁に中長期的な改修も指示した」といい、現在でも一部でシステム連携に和暦が使われているようだ。(古いプログラムでは現在もまれに昭和2ケタで日付を管理しており、3ケタにあふれる2025年の誤作動が懸念される「昭和100年問題」もあるという)

 手書きの書類をスキャンして、文字認識によってデータを入力するような業務でも、認識エンジンの新元号へのチューニングが1カ月で行えるかはわからない。そのほか、新元号が3文字以上になったり、ローマ字表記の頭文字がこれまで略称として使われてきたM・T・S・Hと重複したりするかもしれない。

 ここまで挙げたすべての問題は「あくまで可能性がある」水準のものだが、業務に使うシステムである以上、きちんとテストする必要がある。改修作業そのものよりも、検証により多くの手間と時間を要するケースも多いだろう。また、国内では大企業も含めほとんどの組織が、情報システムの保守・運用を外部のITベンダーに委託している。仮に1件ごとの改修・検証は短時間で済むとしても、来年4月はベンダーに改修依頼が集中するため、案件をさばききれなくなるおそれはある。

 「そもそも改元を想定していないシステムが悪い」「和暦でデータを入力するユーザーが悪い」といった意見はもっともだが、そのようなシステムやデータが現実に存在する以上、何とか対応しなければならない。エンドユーザーとしては専門家にまかせるしかないわけだが、単に設定ファイルに1行書き加えれば済むというものではないことは知っておく必要があるだろう。(BCN・日高 彰)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180520-00000001-bcn-sci

みんなの意見


???
新元号の公表が本当に来年4月、つまり施行の一ヶ月前だとしたら、システム対応は間に合わない所が多いと思う。
来年いっぱいは平成31年と表記するか、この機に西暦に統一するか、いずれかの選択になりそう。
現天皇陛下は改元の影響も考えて生前退位を決心されたはずなのに、政府が変な事をしているとしか思えない。

名無しさん
そもそもなんでこんなに新元号を隠し続けるのでしょうか?
昭和から平成などすぐに元号が発表されていた過去からしても、今回は十分すぎるぐらいの時間がありますし、隠しておく利益より公表する利益の方が大きいと思います。
政府や宮内庁(も関係してるのか?)はセレモニー的な大々的発表を目論んでいるのでしょうが、混乱させる必要は何一つないと思います。

名無しさん
この対応で連休潰れる人多そう。

ats
カードの有効期限
免許証の期限
全部平成表記だけど、
これからは西暦だけでもいいと思う。

名無しさん
「簡単にできる!」と言う人のほとんどは実際にそういった業務をすることがない人
てか、する技術がない人
自分が出来ないことだからどのくらいの技術や時間が必要か分からない
営業と現場の関係性に似てるよね

紀伊国屋正之助
おそらく、大きなシステムで
改元を想定していないシステムなんてないです。
だからといって、簡単に済むわけないです。
問題は動作確認です。
一ヶ月だなんて、それこそ過労で倒れる人が続出でしょうね。
働き方改革する気あるのか(^^;)

名無しさん
世間がコンピュータのこと知らなさすぎ

名無しさん
なんで元号で書類、記録簿などの文書を作らなきゃいけないのかに疑問。
新天皇もそろそろ高齢、将来にまた変わるのはわかりきっているのに煩雑になる要素を組み込むこと自体が不可解。

名無しさん
手間ヒマ、金掛かるなら西暦でいいんじゃないの?!

名無しさん
見えないところで苦労があるのね。

マンジーーーニョ
もっとまえにしたらいいやん
準備に時間あげない理由がわからない

名無しさん
何故?もっと早くて良いと思う。昭和から平成に変わる時にどれだけの人が大変な思いをしたか?印刷業界が1番辛いのでは?

名無しさん
書類や免許証は西暦で表記してほしい。平成100年は絶対にありえないけど、2100年は必ず訪れる。元号はサブ的な利用にすればいい。

うどん大好き
そもそも何で未だに和暦を残すのか?西暦でいいじゃんって話です。

名無しさん
1明治M、2大正T、3昭和S、4平成H、5????
次の年号の読み方は、M、T、S、Hの頭以外の読み方
になるようお願いします。
同じ頭文字の読み方になると過去のプログラム部分の
修正が必要になる場合があるので危険と思います。
仮に、Mになったら明治の処理にはいってしまう場合がでてきます。昔から使ってる汎用機は特に
昔、平成に変わった際、if文の中で、M、T、Sで判定している昔のプログラムを修正してました。
プログラムを完全に新しく変えた場合は、基本西暦で処理しているはずなのでリスクは減ると思います。

名無しさん
新元号発表後にすぐ置き換えられるような形で四月を迎えるしかないね。
取引先との連携テスト等がある場合はさらに厄介なことになるな。
和暦で入れている場合、切り替わり時期が一番大変。過去日付をきちんと旧元号で判定しなければいけないのでその点にも設定が必要になるし未来日付をどうするのかという確認も必要になってくる。
記事にちらっと書いているが昭和のカウントで平成を誤魔化してきたシステムは若干だが存在する。
主要なシステムじゃなく、代替えするほどでもない(でも無くせない)から使い続けているというものはあるところにはあるもの。

名無しさん
これだけコンピューター社会が根幹になっているのだから早いければ早いほどいいに決まっている。何が働き方改革だ。5月1日からということはリミットは4月30日までなのだから今から発表してもいいくらい。政府の都合で36協定以上の残業させるのか、それとも高プロ扱いか、来年はどんな年がしてますか、消費税上げるでしょ。しかも軽減税率を導入したいでしょ。これこそ開発ソフト会社含め、末端の営業マンが一番やきもきしてます。いつまでもモリカケばかりで消費税論議してくれ。

名無しさん
私も昔、コンピュータでデータ処理する時、前に入っているデータが「昭和」だったので、今年が「昭和」何年目か、という仮和暦を作って引き算して「平成」何年という処理をしました。
コンピュータ自身は「昭和」か「平成」かの判断はしません。
プログラムの通りに処理するだけですから。
でも、コンピュータ自身は西暦処理でしたので、西暦から「平成」何年という処理も出来ます。
新元号発表の仕方は、明らかに政府が天皇の威厳を演出するための道具にしています。
ニュースでは、一部の与党保守勢力もあるようですが、元々は改元時の混乱を防ぐため生前退位を決意したはずです。
しかし、今では政府与党によるセレモニーにしてしまっています。
これでは混乱を防ぐ意味がないです。
それで、本当に

名無しさん
現天皇陛下に配慮して、ギリギリに新元号を発表するのだろう。
今の時代、国民の生活を優先して早めに発表してもいいのでは? 天皇陛下も理解してくれると思うが・・・

名無しさん
そもそも元号の必要性を感じられない…
日本でしか使えないし無きゃ無いで困らないと思う。
こういう変更とかでたくさんの人が慌てて動かなければならないし…
もう少し世界共通とか合理性とか追求すべきとでは無いだろうか?

名無しさん
懐かしいな2000年問題。
AIが当たり前の時代になってもこういう事は無くならないんだね。

名無しさん
働き方改革」が叫ばれている中で、準備期間が1か月しかないのは明らかに無理がある。
SEだって働くことのできる上限時間はある。忘れられがちだけど、来年10月の消費増税の時に実施予定の、複雑怪奇な軽減税率のシステム準備も基本システムの構築は早めにしなくてはいけない。
一方、日本の多数の企業が3月決算という状況の中で、中小になればなるほど、上場企業の連結子会社などは特に4月前半は決算に人員と時間を集中させて、システムの動作確認をする余裕はないはず。

また、ないとは思うけど、決算中に新元号対応システム動作確認をしていて、それが原因で、基幹システムがこけて決算ができなくなってしまう…という事態は避けたい。

遅くとも年明け早々に元号公表→3月中に各会社へのアップデートデータ納品というスケジュールにできないのでしょうか。


pinoko
カレンダー作る企業も大変やろな(汗)中途半端な時期に新元号発表なんて。とりあえず来年は西暦で記すか、4月まで平成31年としとくしかないやろなぁ〜・・・(汗)IT関連企業やパソコン使う(ほとんどの企業やろけど)会社はたまったもんじゃないよね(汗)アップデートの問題もあるやろし・・・(汗)政府は何考えてるんだか(汗)全く国民の為の政治しとらんやんか(;´Д`)

名無しさん
いっそ今回は平成を継続でよくね?

名無しさん
3月が期末の会社だと、4月の上旬が前年度の締め処理に忙殺される。
その上に新年度の期初の会議や新入社員の受け入れ、教育といった行事も重なる。
システム改修と確認作業、それ以外の諸々の事務作業に注力できる時間は限られる。
そういったことは考えないのかな?
政府の連中って、ろくすぽ働いたことが連中しかいないから判らないのかな?

名無しさん
昭和と平成は1月7日が基準だったからほぼ1年間平成1年でよかった
今度の元号は途中の3月までは平成で、以降は新元号という月まで判断しなければいけない
確か平成のときに1年を元年に表示してほしいと言われ覚えがある
コンピュータは基本的に西暦でデータを持っていて必要に応じて和暦表示している
役所の出す書類の多くは和暦なので、役所が西暦で受け入れさえすればいいこと
そもそも行政のシステムが元号変更に対応できるのか非常に疑問

名無しさん
と言うことは、来月更新する免許証は平成35年の誕生日まで有効。
で戻ってくる訳だ(笑)
新元号で直してもらわないと間違えそう!

anti
もう公式な文書やらなんやら西暦じゃダメなのかな?明確な理由わかる方教えて

名無しさん
そもそもそれだけ律儀に一斉の新元号切り替えに拘る意味があるのか。致命的なエラーを吐くものは別として平成31年でもいいんじゃないかと思う。実際支払いが先の通知などはそうなっているし。優先順位を付けてやっていけばいいだけ。

名無しさん
持っている人は希少だと思うがマイナンバーカード。生年月日は元号でと窓口に言われたが「元号変わりそうなんで西暦にして下さい」で去年やっと発行した矢先にコレ。
そもそも医療機関や履歴書も何故元号なの?