【ソウル=桜井紀雄】北朝鮮は23~25日の間に予定する北東部、豊渓里の核実験場廃棄を取材する韓国記者団の名簿を、韓国側が21日に通知しようとしたが、受け付けを拒否した。韓国統一省が明らかにした。

 北朝鮮は廃棄のもようを米韓や中国、ロシア、英国の5カ国メディアが取材するのを許可するとしていたが、米韓軍の共同訓練などに反発、16日の南北閣僚級会談の中止を通告し、18日にも韓国からの名簿受け付けを拒否していた。

 21日も韓国側が板門店の連絡ルートを通じて通知しようとしたが、北朝鮮の連絡官は「指針がない」として受け付けなかった。

 韓国記者団8人は21日に各国記者団の集合場所である北京に入り、北朝鮮大使館でのビザ申請を試みる見通し。各国記者団は22日には訪朝する予定で、北朝鮮が韓国記者団だけ除外する可能性も否定できない。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180521-00000550-san-kr