【北京時事】中国各地で今月、日本人の男女21人が当局に拘束されたことが25日分かった。

 21人はキリスト教系の宗教団体に属しているとの情報があり、違法な布教活動を行った疑いを掛けられている可能性がある。日中関係筋が明らかにした。

 21人は5月5~15日に、河北、山西、遼寧、河南、貴州の各省と重慶市、寧夏回族自治区の7省・直轄市・自治区で拘束された。西村康稔官房副長官は25日の記者会見で、中国の国内法に違反した疑いで21人が拘束されたことを確認するとともに、このうち5人が既に帰国したことを明らかにした。5人は国外退去処分を受けたとみられる。

 中国外務省の陸慷報道局長は同日の記者会見で、事実関係の確認を避けながらも、「中国を訪れる外国人も中国の法律・法規を順守すべきだ。違法な犯罪活動に従事してはならない」と強調した。 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180525-00000071-jij-cn