米裁判所はサムスン電子に対し、米国アップルのスマートフォンデザイン特許を侵害したとして、5億3300万ドルを賠償せよと判決を下した。

 AFP通信によると、カリフォルニア州北部サンノゼの連邦地裁は24日(現地時間)、アップルがサムスン側を相手に起こした損害賠償訴訟で、このように判決した。

 去る2011年より進行されていた訴訟で米裁判所は、サムスン電子がアップルのデザイン特許を侵害したと判決していた。

 しかし、米連邦高裁は賠償額の選定基準に問題があるとするサムスン電子の控訴理由を受け入れ、原審を破棄。
以降、損害賠償額を再度決定する裁判が続けられていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180525-00000031-wow-int


PDF