北朝鮮が核実験場を爆破する様子を取材した外国メディアの記者らが26日、中国の北京に到着した。記者らは「核実験場が廃棄されたかどうかの評価は難しい」などと話した。

北朝鮮はアメリカや韓国など5か国の取材団に、核実験場の爆破作業を公開し「核実験場が完全に廃棄された」と発表した。北京に到着した記者団は核実験場が廃棄されたか評価は難しいと話した。

中国中央テレビ記者「我々には専門知識がなく核施設が完全に廃棄されたのか確認するのは非常に困難だ」

CNN記者「線量計の持ち込みが許されなかった。放射能漏れはないと言われたが確かめるすべはなかった」

一方、トランプ大統領は核実験場の爆破の後、米朝首脳会談の中止を発表したが、このニュースが知らされると、記者に同行していた北朝鮮の担当者たちは「それは、本当か」などと尋ねた上、しばらく黙り込むなどショックを受けた様子だったという。

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20180526-00000054-nnn-int


PDF