いつの頃からだろうか。大型会見のたび、テレビ各局のニュース番組、ワイドショーが自らの番組のキャスターやアナウンサーの質問する様子を競うように流すようになったのは―。

本来の主役である会見者の答える映像の前にセットで流されるマイクを持って質問する“番組の看板たち”の顔、また顔。ふと、その会見の主役が誰だったのかを忘れそうになる。

そう思ったのは、25日に行われた日大の大塚吉兵衛学長(74)の緊急会見を取材した時のことだった。アメリカンフットボール部の選手が悪質な反則を犯した問題で約300人の取材陣の前に現れた大塚学長は一連の騒動について謝罪。後手後手に回った同大の対応についても頭を下げた。

 大塚学長は、23日の内田正人前監督と井上奨コーチの会見で司会を務めた同大広報部顧問の米倉久邦氏の司会とは思えぬ不遜な態度についての質問にも回答。同氏の取材陣に対する「しつこいですよ」「(会見を)見ていても見てなくてもいいんです」「監督、話さないでください」などの“暴言”への率直な感想を求められると、まず「難しい」。そうポツリとつぶやいた。

 同氏の暴走の理由を「想像でしか言えませんけど、番組ごとに同じ会社(放送局)が別の画(映像)を撮りたがっている。同じ局なのに、3つ4つクルーが分かれていて(同じような質問を繰り返して)イラッとしたのかな」と推測。その上で問題の会見後、米倉氏と話したことを明かし、「『なんで、あんな声が出たんですか』と聞いたら、『番組ごとに画を撮ってるんだ。テレビ局は別の画が欲しいんだよ』という答えでした。そういうことで、ああいう対応が出たんではないかなと」と続けた。

 「危機管理の面から(米倉氏の)司会ぶりはまずかったのでは?」と聞かれると、「ご指摘されているように、マスコミ側から見たら、無責任だということになるけど、なかなか難しいんで。白黒つけるのは難しい。態度としては良くなかったけど、内田監督の体調とかを気遣って、ああいう態度が出てしまったのではと感じているところです」と淡々と答えた。

 謝罪するために日大側から呼びかけて集めた取材陣に対する米倉氏の態度は決してほめられたものではないし、会見でも指摘された通り、守るべき日大の「ブランド」を大きく傷つけたことは間違いない。

 ただ、大塚学長の「同じ局なのに、3つ4つクルーが分かれていて、イラッとしたのでは」という言葉に納得してしまう自分がいたのも確かだ。

 テレビ各局はこのクラスの大型会見に番組ごとに複数のクルーを送り込む。カメラマン、音声担当、ディレクター、そして番組を担当するアナウンサー。ここ2年、数多くの大型会見を取材したが、メインキャスターが来ることは少なく、サブキャスター的な存在の女性アナウンサーやキャスターが現場に来ることが多いと思う。

 こうしたアナウンサー、キャスターたちが自らの番組名と名前を名乗り、質問合戦を展開する。その際、会見場のサイドに陣取る当該番組のカメラが、それぞれの番組の顔たちの質問する映像を撮る。この際、米倉氏を“キレさせた”類似質問が頻発するのだ。

 この日の大塚学長の会見の中盤にも民放ニュース番組の女性アナが会見前から隣に座ったディレクターと綿密な打ち合わせの末、質問した。しかし、その内容はそれまでに複数の一般紙記者から出た質問とほぼ似通った情緒的な質問。学長の答えも、ほぼ同じものになることが事前に想像できるものだった。

 ちょっとだけ意地悪な見方をする。この女性アナの質問は自局のニュース番組で流す自身が質問している瞬間の映像を撮るための質問ではないか。自分が本当に聞きたかった質問なのか。申し訳ないが、そんな疑問が頭に浮かんでしまった。冒頭の疑問、会見の主人公は誰なのか。視聴者が、そのやり取りの際の表情、話し方に注視し、「見たい」と思っているのは誰なのかという問題になる。

 “逆ギレ司会者”として一躍有名になってしまった米倉氏は共同通信社で論説委員室長を務めた元記者で、02年に同社を定年退職した古いタイプのマスコミ人。共同通信ではワシントン特派員、経済部長、ニュースセンター長などを務めたという報道一筋だった“御大”にとっては、「あれ、また、〇〇テレビか? さっきも同じような質問を〇〇テレビの別の記者がしていたじゃないか? イラッ! ムカッ!」(かぎカッコ内は、あくまで私の想像)という感じだったのではないか。

 私自身のことも書く。どんな取材でも「これだけは聞こう」という質問を用意して現場に行くようにしているが、先に質問した他社の記者が自分と似通った質問をした場合や異なった質問でも「たぶん同じ答えが返ってくるな」と思った場合は質問はしない。違う人間が同じ質問を繰り返すことで取材対象者の本音が徐々に漏れてくるというのも確かだが、それも時と場合、会見の性質による。

 失礼な言い方かも知れないが、会見の場を自己表現の場と捉えてしまっているキャスター、アナウンサーが一部いるのは確かだ。あなたは取材者か。それとも出演者(表現者)なのか。それは、あらゆる取材者に日々、問われ続ける問題でもある。(記者コラム・中村 健吾)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180526-00000053-sph-ent

みんなの意見


名無しさん
テレビ撮影とか立ち会ったことある人ならわかるけど、
テレビ局は身勝手で傲慢で、自分が録りたいもののためなら他人にどれだけ迷惑かけようと気にしないし、それどころか逆切れさえしてくる。
テレビ局には絶対に協力してはいけない。

KheSanh
「古いタイプのマスコミ人」なんて表現して、あたかもそれが悪いことかのように誘導してるが、同一の社で勝手にマイク回して同旨の質問をする「ニュータイプ」が肯定されるということにはならない。

toratorasakurazaka
言っていることはすごくよくわかる。
同じ曲の別の番組の質問者がかわるがわる同じような質問をすることにイライラしたんだろう。
それでもあの会見は、危機管理上事実を明らかにし、事態を少しでも沈静化させるために行われるべきものだったと思うが、そこにあのような態度の職員を司会に据えたことは間違いであったとしか言いようがない。
まして、広報部の職員でジャーナリストの経験があるとか、日大には危機管理学部まであるのに…もう炎上させるためのネタを提供しているのかと思うくらい常識からはかけ離れている。

evo_shrine
「日大ブランド」が落ちるかどうかは世間の反応ですが、記者の発言はあたかも世間を代表しているかのようでした。
日大の対応のまずさとともに、メディアの驕りも垣間見えた記者会見だったと思います。

名無しさん
日頃の報道に接していても分かる事だが、メディア特にテレビは先ずストーリーありきで報じることが多いと思う。だから監督・コーチの会見のように自分が引き出したい答えが出るまで延々と質問をし続けることになるのではないか。
確かに件の指導者達のコメントは俄かに信じられないような内容だったが、だからと言って、報道に携わる者の責務なのか何なのか知らないが、思い込みに近い前提のもとで情緒的かつ類似の問いを長時間続けて一般人を晒し者にするような姿勢には嫌悪感を抱いた。

名無しさん
明らかにアメフトを知らない記者が幼稚な同じ質問ばかりしていて、私も見ていてイライラしていた。くだらない同じ質問を繰り返すより、有馬さんにもっと質問してほしかった。

名無しさん
マスコミは本来の役割を忘れてはいけない。

名無しさん
ストーリー欲しがる、マスコミの害は一理あると納得。
弁護士とか、問答のプロ使った方が良い気がした。もっと理路整然と意味のある質問できる人いるでしょう。
マスコミの質問と、ニコ動の字幕を拾って司会する人の質問なら後者の方が聞きたいことを聞いてくれてる気がする。

公式より前に発表する奴はクソ
なるほど。
それぞれ番組のためのターンがあるとしたら。
個別対応してるのと同じで、会見という形式に意味がなくなるかもな。

m
当然、矢面に立たされるのは会見を行う側であって、真相を追求する各局マスコミはそれ相応の質問をしますよね。
まずは会見を行う側が、苦痛ではあるがその似たり寄ったり質問に対して一つずつ真摯に応えるべきだと思います。
ただマスコミはある一部分だけを切り取って拡張して報道し、報道に必要な部分だけ、もしくは自分達に必要な部分だけを拡張してるようにも見えます。色々なマスコミ関連の人達が犯罪を犯した時に果たして同じ対応なのか?違うと思う。世間の関心度が高ければ高いスキャンダラス性が高いものばかりを連日報道するスタンスは視聴者側も少し嫌気がさします。

名無しさん
確かに感情的になった司会者は悪い。
監督・コーチが悪いのは明白だ。
ただ、番組毎になんか分かってないキャスター・アナウンサーが同じ質問を繰り返す
マスコミにも相当問題がある。
答え出てるだろ!
この問題は監督・コーチが2人の学生を潰した。
しかし、マスコミはいつものように画やペンで人を潰す。
それと分かったふりした芸能人がコメント述べるのもやめてほしい。

名無しさん
ワイドショー等で編集したものだけ観たら、
なんだあの司会者は、って感じになるけど、
実際の現場では同じようなやり取りが長時間続いていたわけで、
単純に逆ギレ司会者で済ますのではなく、
その辺は多少考慮されるべきだな。

名無しさん
それも言えるね、
厳密な意味で真相が明らかになってない
段階で結論ありきの姿勢で、自分の流したい絵なり言動を求めてる。
俯瞰して見ると、集団リンチにも見える。
部分的に切り取ったビデオもニュースショーで流してたし、あれも広義の意味では、今流行りのハラスメントにもなりあると思う。

名無しさん
そういう背景があったのか。
この件に限らず、マスコミの報道を鵜呑みにしてはいけないと思った。
複数の情報から多面的に物事を観て、自分で判断することが大切。

名無しさん
宮川くんのときも一人ひとつの質問、て言ってるのに無視だったね。この時も遮って一人何回もしないでください、て言ってたけど。まぁ言い方とかの差なのかな。苛立ちをあらわにしちゃうのはよくなかったかもね。

名無しさん
対応は最低な司会でしたが、そもそもテレビ局のための記者会見では無いことを誤解してるテレビ局が悪いとは思う。多くの視聴者が見てるんですよ?って、そんなの関係無いというのは正しい。当事者や日大関係者のための会見だから。

名無しさん
東日本大震災での原発報道以降、日本のマスコミの劣化は感じた。真実を探り、矛盾を追求する姿勢も能力も感じなくなった。
論戦の力がないから詰問口調や愚問を出すと思うが、マスコミも考える景気を作る時期なのと思う。驕れるものは久しからず。

名無しさん
番組演出のために記者会見を利用してる側面もあるのか。テレビ見てる人は真実が知りたいだけなのに。昔は質問してる人自体はあんまり映像に映ってなかった気がするけど、そう言えば最近はその番組のキャスターが質問してる場面が流れる。でもあんまり見なくてもいいかな。1メディア1グループのみという方が精鋭が来て質問も鋭くなりそうだし、そのうちそういうルールでの開催も出てきそうな。テレビ見てる方も、何度も似たような質問聞きたくないし。

名無しさん
全てが全てとは言わないが、確かに日本の大手メディアには驕り高ぶったところはある。というか、日本の大手企業の多くにその傾向が強い。
自分はフリーランスとして欧米の大手メディアやその日本支社と仕事をすることが多いのだが、少なくとも表面上は彼らは丁寧で腰が低い。なので、たまに日本メディアの人々と仕事をすると、その居丈高な態度に閉口することがある。あ、ちょっと愚痴になりましたね(笑)。

名無しさん
ありがとうございます。公平な記事をほとんど見かけないので、ありがたいです。
ですが、もし、そういう認識があるなら、現役の日大生に対してぐらい、謝罪の言葉があってもいいのではないか?今週のテレビのラテ欄を見れば、今回の異常性は明確だ。過去、スポーツの問題をここまで取り上げたことはない。例えば、今、マリノスで活躍する仲川選手は大学時代に選手生命に関わるケガを負った。そのときのファールは故意性を疑われるものだったし、監督の指示だってあったかもしれない。でも、ほとんどのメディアは無視だ。何が違うのか?父親の職業?働き方改革法案の強行採決の日程?
あさま山荘事件、よど号ハイジャック事件、それに匹敵するほどの報道により、日大は社会の敵とされた。日大の本体は学生と教職員だ。彼らに何の咎があるのか。
マスコミの報道姿勢には大いに問題がある。ある意味、すでに加害者だ。学生にだけは、謝ってほしい。

名無しさん
この記事読んで腑に落ちた。確かにあの高圧的なもの言いは最低だ。しかしながら、質問する側の程度も低い上に重複するもんだから、MXの有馬氏のような核心を突く質問までうやむやになってしまった。本気で真相究明する気なら質問者ももっと事前準備をしてほしい。そういう意味でもストレスの溜まる会見だった。

名無しさん
地方局はともかく、キー局の驕りは相当なものだろう。
司会者の対応はひどいが、常日頃ひどい対応をしているのはマスコミも同じだ。

名無しさん
番組名言って、同じような質問や情緒的な質問したりしてTV局のパフォーマンスの場かと思ってしまう。事前に質問事項を集約するとかできないのかな

名無しさん
マスコミの質問も同じ意味の質問ばかり

名無しさん
同感です。記者会見をリアルタイムで見ていて、非常にマスコミの対応は聞き苦しいく、同じ質問をする!と私も思いました。ジャスティスとは内かマスコミの方達もよく考えてほしい。特定のマスコミは聞くに堪えない。怒りすら感じさせることをよく理解して欲しい。

名無しさん
一連の日大側の対応に問題があったのは言うまでもないが、この記事の内容も一理あると思ってしまった。
今日の関学の会見を見ていても、TV関係の質問者が社名の後に番組名を言うのにすごく違和感を感じました。
いつも国会の野党質問などで連携がなってないとか良く言っていますが、TV局は局内すら連携できていないんですね。

名無しさん
報道姿勢に対して最近ずっと感じていたことズバリでした。
自分の質問している姿を画面に映して、言ってやりました!みたいな態度でいるキャスターに、さっきも同じ質問してたしと冷めた気分でいました。
前々から日本のマスコミは同じような質問を繰り返すし、答えさせたいワードが決まっていてるのが透けて見える、そんな薄っぺらいインタビューが多い。
サッカーの中田英寿選手がインタビューで「その質問は先ほど答えました」みたに切り返した時、見ているこちらもスカッとした。マスコミ受けは極端に悪くなったと聞いたけど。
自分たちの番組のためにやってることなのに、視聴者のためにやってますよという正義の味方ずらした感じが、本当に一番嫌だ。
今回の日大もどうかと思うけど、それをマスコミが言うか?と正直思う。

名無しさん
米倉の態度は確かに論外ですが質問する記者ももっと考えて質問しなきゃダメでしょう。
同じ質問繰り返して1社1つのはずが4つも5つも詰め込んで。
何とか真相を聞き出したいのは解らなくもないけど相手もそこを防ぐ気満々なんだから。
質問するのも駆け引きがあるでしょうからそれこそ記者も頭を使って質問しなきゃ一般視聴者には茶番劇かコントにしか映らない。
タダ単に日大の揚げ足取りだけなら我々一般視聴者だって聞ける。
日大の対応の悪さは記者会見見るだけで丸分かりなんだから。
そこの核心を突いて引き出すのが記者のお仕事ですよ。

名無しさん
この会見だけじゃないけど、番組それぞれが独立してるのかその局としての信念がブレブレと思うことが多々ある。たとえばワイドショーとかニュースがセクハラ絶対許せない!って姿勢なのにその何時間後のバラエティでは女芸人の容姿いじりとかグラビアアイドルのおっぱいで盛り上がったりしてる。

名無しさん
確かにTV番組ごとに取材者を出す必要はないよね。局ごとで良いはずだし、視聴者側としてもそれで十分。
マスコミというか、特にテレビ局は傲慢すぎる。

名無しさん
なるほど。フジの伊藤アナだったかが、我々の質問が下手だったのかもしれないが、と番組で言ってたとネットニュースで見たけど、上手い下手以前の問題ね。
まぁ、古いタイプだから、それが再三報道&ネットに流れて炎上することまで想像できなかったと。

こも
それが今のテレビなのかもね。だから信ぴょう性が薄いネットニュースへの期待が大きいというか、なんとなく信じてしまうのかも。

あ〜
あの司会者はマスコミの人だったんだ。だから昔と比べた。今の若い人を見ていると、応用が利かない人が多い。これをするって決めて、別の人がやったら違う事をすればいいけど、できない。この会場の記者もそんな人が多かったのかも。質問しなきゃって焦って、他の人の質問聞いていないとか、聞いていても自分と同じ質問が出ても、別の質問が浮かんでこないとか、質問しなかったら、上司からなんで質問しないんだ、何しに行ったんだってどやされるから、取り敢えず、質問。何だか、反則タックルの選手に似ているね。言われたこと、それしか考えられないって。

名無しさん
同じ質問を繰り返されたら、イラッとするのも当然。
きっかけを作った取材陣にも、かなり問題があります。
今回の会見で、日大と同様に、マスコミもブランドを下げたのでは?w

名無しさん
芸能人の会見とかならいいけど、今回のようなケースは少なくともスポーツをかじった人とか、アメフトのルールを知ってる人とかに質問して欲しいですよね。心情的な質問とかより、もっと確信に迫る質問をしてほしいって思う。相手の答えによって、それは競技をする上でありえないと思うがとかすぐ切り返せるような人でないと

strapless
テレビ局のやっていることって、すごくムダも多いよね。撮影のために料理をたくさん注文してるのも同じ。テレビ見てて、このあと誰が食べるんだ?と思うこともある。まあ同じ質問をして、あわよくばボロを出してくれたらと思っているんでしょ。量より質にこだわりを持ってほしいね。みんなが効率を考えてくれたら、会見時間も短くなるんだよ。自分も会見見てて疲れたもん。

名無しさん
確かに質問の内容が被ってたり、質問する人によって時系列がバラバラだから見てる方も疲れる。
ある程度中立な人が、まずは事実を時系列で当人に確認する質問。
そのあと心情や今後のことといった感じで進めた方が効率的だし論点がハッキリする。

「おじさん」
日大学長の会見で
不思議に思ったこと
テレビ局名の後に何か付くと思ったら
あれが「ワイド番組名」か
会見で「ワイド番組」が
デモンストレーションして
売名行為の番組宣伝しているのだ?
マスコミは腐っている証拠。

名無しさん
自分も様々なニュースを伝える際のあの演出は正直ウザいと感じてました。日大アメフト部の問題も日大や内田監督の対応が悪いのは当然ですが、メディアも開始から1時間半経過しても同じ様な質問を繰り返すのは、どうかなと感じてしまいました。相手は政治家でもなく、一般人なわけだから、そういうとこはメディアも配慮する必要があったんじゃないかな。

名無しさん
確かに言われてみれば、その感じはわかる。
司会者がもともと、メディア出身ということで、
敏感に感じ、さらに連日追い込まれたのかもしれない。
ただ、理由を説明せず、感情に出てしまっては、元も子もない。
だから、明らかにあの対応、司会は怒られるべきと思う。
一方、会見を見ていて、押し問答の低レベルのやり取りが大半で、がっかりした。で、そうさせたのは、メディアの力量、引き出しの無さがあったとも思った。
アメフトの知識があるのか、疑うような記者、アナウンサーがどっかの記事の受け売りか、信ぴょう性の低い噂・情報をもとに質問していて、何が得られるのかと思った。
また名乗る時、ただ面白がらせるだけに来ている、エンタメもどきの情報番組、人を不幸にする記事ばかり書いている記者がいたと思うことがあったのも事実。
メディアの役目も今後どうなるのか、不安と思う。
信じれる情報はどこから得るべきだろうか?