【ソウル聯合ニュース】韓国の青瓦台(大統領府)高官は27日、記者団に対し、トランプ米大統領が朝米(米朝)首脳会談が成功する場合、北朝鮮との大規模な経済協力を行う意思を韓米首脳会談などで数回にわたって表明したと伝えた。

 同高官は「朝米首脳会談の成功のため、(朝米の)相互不可侵の約束や休戦協定の平和協定転換、南北米の3カ国による終戦宣言などについて検討が必要で、南北間で実務レベルの協議を行っている」と説明した。

 ただ、「3カ国首脳会談をいつ、どこで開催するかや、具体的な議題についてはまだ合意していない。実務レベルで可能性の検討が行われている」と述べた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180527-00000024-yonh-kr


PDF