アメリカンフットボールの日本大学選手による反則タックル問題で、日大から再回答書を受け取った関西学院大学が26日、兵庫県西宮市の同大で会見を行った。

小野宏ディレクターは、タックルは指導陣と選手の理解の乖離が原因とする日大の再回答を「真実とは到底認識できない」と述べ、今後の対応について、日大との定期戦も「信頼関係を取り戻すまで中止する」ことを表明した。

 関学大の会見は17日に続いて3回目。前回会見では、悪質タックルが日大監督の指示だったのかどうかなどについて再確認を求めていた。会見は小野ディレクターのほか、鳥内秀晃監督が出席。

 関学大の会見の後には、被害選手の父親である奥野康俊氏が会見し、この問題で警察に被害届を出していることに関して、関学大選手をけがさせた日大選手の「寛大な処分」を求める嘆願書を募ることを明らかにした。

※【**** 00:35:30】などと記した部分は、判別できなかった箇所ですので、ご了承ください。タイムレコードは【中継録画】タックル問題、日大再回答で関学大が会見 被害選手の父も出席」に対応しております。

市議を辞めると表明した理由と周囲の受け止めは?
朝日新聞:朝日新聞の【ヨシカワ 02:04:25】と申します。本日は長時間ありがとうございます。ご自身の進退について質問がいくつかあるんですけれども、Facebookで、この前、今現在のお仕事から離れるんだということも表明されたと思うのですが、あらためてその理由と、あとご家族だとか周囲だとか、そういったことに受け止めはどういう反応だったのか、教えてください。

奥野:この事案が起きたときに、子供が無事で良かったなというのがもう最大の幸せでした。で、お友達が亡くなったということもあって、その悲痛な姿とかを見てきましたので、もうけがだけで済んで良かったなということでした。で、前回の記者会見の前にはもう決意をしておりましたので、宮川くんの謝罪会見の前には議会の代表にはもう伝えていましたから、嘆願書のところにまでは、どういう動きを取らなくちゃならないかっていうのは、ある程度想定をしておりました。そのときに足かせになるのがやっぱり自分が政治家であるということ。実際、そのことを発表した、Facebookを上げたら、九州のほうの職員組合の方から、嘆願書に参加するので、させてくださいというようなお電話を事務所のほうにいただいたりしております。

やはりこの問題の中に根深くあるものは、前会見でも申し上げたように、本当に深いものがあるというのを、ある意味、政治も含めた日本の社会の縮図が中にありそうだなというのは、ネットではいろんなことの写真だとかうわさ話だとかあるように、それは日大さんの理事長だとか、それは私が事実を確認したわけではないですけれども、実際、私のところにも脅しのメールのようなものがあります。それを全部応対していたら前に行きませんので、そういう意味では励みのメッセージのほうが多いですから、私は子供たちの教育環境をあるべき姿にするのにそういう肩書はなくてもできるのではないかなというのを感じたし、だからこそできるのかもしれないという、遅々として進まない政治を今、目の前に皆さんも見られていると思いますが、そこのど真ん中でやっておりますから、自分の残された人生を、たまたま与えられたこの事案を元に、少しでも貢献できたらなという思い出決意しました。
「売名」ではないかという批判への受け止めは?
朝日新聞:追加で2つありまして、Facebook等を拝見させていただいていると、ご職業柄、売名なんじゃないかっていう心ない批判もあって、その辺りが非常に引っ掛かっているのかなと感じまして、その辺の受け止めが1つと、あとは今後、将来的には今のご職業を離れられて具体的に決まっていればどのような立場でどのような活動をするか。将来的に再度、今の職業のような形に戻られる可能性があるのか、その辺お聞かせください。

奥野:はい。まず1つ目の売名かどうかについては、それは収まったような、最初のころは、やっぱり子供たちがそんな話とかをするんですね。そんなに私とかは、当の本人なので、これまでそういうのはいっぱい経験していますから全然気にもしないですけれども、さすがに子供に言われるとこれは、子供大好きですから、そこは駄目やな、これなんとかせなあかんなという思いにさせられたきっかけです。

 で、今後の活動は根深いものがあるので、日本のみならずスポーツ界が安全な形で行われるように、これはアメフトに限らず、ほかのスポーツで同じようなことでけがをしたようなメッセージもいただいていますので、で、表に出ないやつっていっぱいあると思うんですね。で、そういったことをどうすれば正常化できるかなっていうのを、やっぱり活動の中心にできたらいいなというふうに思っております。3つ目の将来戻るかどうかについては戻る気持ちはないです。
朝日新聞:ありがとうございました。

息子さんは試合に復帰する上で恐怖心は残っていない?
テレビ朝日:すいません、テレビ朝日『サタデーステーション』の菅原と申します。先ほど息子さんのけがの状況についてはお話ししてくださったと思うんですけれども、心の面ではいかがでしょうか。今後、フィールドに出てプレー、また戻っていくと思うんですけれども、何か恐怖心などが残っていないでしょうか。

奥野:正直申し上げて、あの衝撃を受けてどうだったっていうのは、本当に何が起こったのか分からなかったそうです。突然、こけたりとか突然落ちたりするときって、そういう衝撃を受けたときってそういう感想だと思うんですけれども、メンタル的には前の会見で申し上げたように、家族が心配している姿を見て、やるんじゃなかった、アメフトをやるんじゃなかったと言ったのが印象的だったんですけれども。

 今、プレーをしながらどう感じるとかいう質問を直接したことがないので、そういう意味でのメンタル的なことは、ちょっと私は分からないんですけれども、今、元気に楽しくやっていることを見れば、やっぱりアメフトが好きなんだなというふうに思いますので、あした、スタイルをしてグラウンドに立つということを先ほど監督から聞いて、本当にもう、だんだん泣き上戸になってきたんですけど、じーんと来ました。

テレビ朝日:最後に、先ほど宮川選手に対してはかわいそうと言葉があったようですけれども、会見などを受けて、内田元監督やコーチに対しては何か言葉はあるんでしょうか。

奥野:いや、2人についての感情をここで大きく申し上げることは、したくありません。そこは別の形でしっかりと真相究明をして、あるべき姿にもう、日大のアメフトのみならず、日大さんがそうなっていただきたい。そこにはたくさんの、7万5000人の学生さんがいらっしゃるわけですから、この1件が、20日たって、こういう会見を開いて、日大の経営陣として学長は出られましたけれども、どう思っておられるのかなっていうのは、私はクエスチョンです。

テレビ朝日:ありがとうございました。

つづく

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180527-00000011-wordleaf-soci&p=1


PDF