27日夜、JR川崎駅近くの道路にロープが張られ、オートバイで通りかかった日本相撲協会職員の男性がけがをしました。警察はロープを張った52歳の男を逮捕しました。

 逮捕されたのは無職の大城勝男容疑者(52)で、27日午後7時半ごろ、JR川崎駅近くの道路にロープを張り、オートバイで通りかかった男性(29)を引っかけて殺害しようとした疑いが持たれています。

 「大城容疑者はこのような黄色と黒のロープを歩道橋の柱のこの部分に結び、向こうの柱とつないで6車線にわたり、ロープを張ったということです」(記者)

 ロープはおよそ150センチの高さに張られていて、偶然通りかかったオートバイの男性(29)の首にひっかかりました。男性は「呼出」を務める日本相撲協会の職員で、軽いけがだということです。

 調べに対し大城容疑者はロープを張ったことは認めていますが、「車を止めるためだった」と殺意は否認しています。

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20180528-00000039-jnn-soci


PDF