5月中旬のある夜、都内高級住宅地に建つマンションの玄関先。スポーティーな自転車を操って帰宅したのは経済評論家の勝間和代さん(49才)。早大大学院でMBAを取得し、世界一のコンサル会社マッキンゼー勤務など華々しいキャリアを誇る彼女は、大学生の時に出産した長女をはじめとする3人の娘の母親であり、2度の結婚・離婚も経験している。「カリスマワーキングマザー」として、時代をリードしてきた存在だ。


 200平方メートルを超える広々とした自宅で、この春まで、勝間さんは三女(19才)と2人で暮らしていた。だがこの夜は、勝間さんの帰宅後に、もう1人の美女がこの家に帰ってきた。彼女の名前は増原裕子さん(40才)。彼女はレズビアンであることを公表し、2013年3月には元タカラジェンヌの東小雪さん(33才)と東京ディズニーシーで同性結婚式を挙げた。2015年に東京都渋谷区が同性カップルを「結婚に相当する関係」と認める「パートナーシップ証明書」の交付を始めた際、その第1号となった女性である。

 勝間さんと増原さんの同棲を知った女性セブンは、ふたりに話を聞きたいと接触し、インタビューする機会を得た。取材当日の朝、勝間さんは自身のブログで「プライベートな報告」として増原さんとの同性愛を告白し、瞬く間にネット上で大きな反響を呼んだ。

 取材会場は勝間さんが経営するキッチンスタジオ。記者の前に並んで座ったふたりの表情はどこか吹っ切れたような爽やかな笑顔だった。

◆勝間さんと増原さんの出会い

 ふたりは慶應義塾女子高等学校の先輩、後輩にあたる。9つ年上の勝間さんは2015年末の同窓会で、高校時代の恩師から「後輩に渋谷区の同性パートナー第1号になった女性がいる」と聞いていた。その直後、友人がフェイスブックに増原さんの写真をアップしているのを見た。

「それまで渋谷区のパートナーシップ条例のことも、ディズニーで同性結婚式を挙げたことも知りませんでした。でも、ふと『この人と話がしてみたい』と思って友人に連絡したんです」(勝間さん)

ちょうどその頃、増原さんは毎日新聞のネット配信連載勝間和代のクロストークでLGBTに関する発言を見つけた。タイトルは「LGBTに寛容な社会を」だった。経済評論家として知名度が高いのは知っていたが、「あれっ、勝間さんってこういう発信をする人なんだ」(増原さん)と好印象を受けたという。

 LGBTとは、レズビアン(L)、ゲイ(G)、バイセクシュアル(B)、トランスジェンダー(T)の頭文字からできた用語で、性的少数者を指す。近年はLGBTの権利を求めたり、多様性を受け入れようとする動きが世界中で広がっている。

 世界では英ミュージシャンのエルトン・ジョン(71才)が2014年に男性映画監督と結婚。米女優のジョディ・フォスター(55才)も2014年に女性写真家と入籍した。

 国内でいえば、2015年11月に渋谷区と世田谷区で始まった前出の同性パートナーシップ制度は、三重県伊賀市や沖縄県那覇市、北海道札幌市などにも拡がり、現在では全国で130組を超えるカップルがパートナーとなっている。日本人におけるLGBTの割合は約8%、13人に1人だとされる。

 何かに導かれるように人生が交錯したふたりは、共通の友人の紹介で2016年初旬、初めて顔を合わせた。その後、増原さんは勝間さんの自宅での食事会や、勝間さんが講師を務める「勝間塾」にも顔を出すようになった。

 それまでLGBTについてあまり詳しくなかったという勝間さんは、増原さんに誘われていろいろなイベントに参加するように。なかでも大きな経験となったのは、2016年5月に行われた国内最大規模のLGBT関連イベント「東京レインボープライド」への参加だった。開放的で楽しそうに渋谷の街をパレードする参加者を見て、勝間さんは大きな感銘を受けたという。

「沿道でパレードを眺めていたら、衆議院議員の細野豪志さんに、“見てるだけじゃダメだ。一緒に歩こう”と声をかけていただいて。たまたま隣にいた世田谷区議の上川あやさんを見て、“キレイな女の人だな”と思っていたら、“もともとは男性だったんですよ”と言われてビックリしたり。パレードがLGBTの世界と接する大きなきっかけでした」

◆お母さんが選んだことならば

 これまで知らなかった新しい世界を知るとともに、勝間さんの内面に変化が生じた。レズビアンであることを包み隠さず、生き生きと活動する増原さんに次第に心が惹かれていったのだ。

「私は一目ぼれするタイプではありません。だからすぐにではないですが、感情がしだいに熟成されていくように、増原さんに惹かれていきました」(勝間さん)

 密かに恋心を募らせる勝間さんにとって大きな転機となったのは昨年12月。年の瀬に増原さんは東さんとのパートナーシップを解消し、「離婚」という道を選んだ。そして今年1月、勝間さんは増原さんに自分の気持ちを打ち明けた。増原さんがその気持ちを受け入れて、交際がスタートした。

「私は結婚していたので、それ以前に恋愛感情を持つことはありませんでした。でも、離婚してシングルになった時、身近に感じていた勝間さんのことを“好きになってもいいのかな”と思いました」(増原さん)

 この3月、勝間さんの自宅に増原さんを招き入れる形で同棲をスタート。

「会いたいと思っても、外では会いにくい。だったら一緒に住みましょうとなった」(勝間さん)

 勝間さんは慶應義塾大学在学時に21才で長女を出産し、その後、25才で次女、30才で三女を産んだ。勝間さんは「母の恋」を真っ先に娘たちに知らせた。

「三女は一緒に住んでいるので話さないと物理的にも一緒に住めません。ほかの娘たちもしょっちゅう家に来るので、伝えないという選択肢はなかった。娘たちには『増原さんは大事な人だから』と伝えました。すると『お母さんが選んだことならば』と自然に受け入れてくれた」(勝間さん)

 勝間さんは家族に受け入れられたが、LGBTにとってそれは簡単なことではない。博報堂DYグループの「LGBT総合研究所」の調査(2017年2月)によると、仕事や生活に支障がなければLGBTをカミングアウトしたいという意向を持つ人は41.5%いるのに対し、家族に打ち明けられた人は約10%しかいない。友人にカミングアウトできた割合(13%)より少ないことを考えると、「家族の理解」はハードルが高いのだという。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180530-00000023-pseven-ent&p=1

みんなの意見


名無しさん
別にいいと思うんですけど、勝間さんは苦手です。

名無しさん
そんなに世間の皆んなに公表しなきゃ納得いかないのかな?
それとも自慢?
それとも世間に認めて貰いたい?
なんで公表したがるのかが判らない。

zxcvbnm
同性愛には偏見ないけど、この増原さんて人はなんか胡散臭い。

lo_golden_bomber_ve
お相手の方、見たことあると思いました。

名無しさん
一緒に住んでる子供がある意味理解があって凄いと思う。
普通、遠慮して住まいは別にするだろ。

peace
浮かれてる感が気持ち悪いと感じるのは私だけ?

名無しさん
両者ともに売名目的だから長続きしないと思う。
子供が憐れだわ。

名無しさん
LGBTにおおらかであれ、理解しようという風潮なので実生活では言いづらいけど、やっぱりなんか違和感がある。全然否定する気持ちはないけれど、あえて公表してくれなくてもいいのにという気持ち。公表されたら応援しなくちゃいけない雰囲気になるのも違和感。

名無しさん
うーん、よくわからないけど、娘さんたちの理解はすごいな。
娘だからかな…
息子だったらどうなのかな?
お母さんがいきなりレズだとか私なら受け入れられないかな。

名無しさん
別に恋愛の趣味について意見はないが、増原さんは以前も有名人のパートナーとして仲睦まじい様子でメディアに顔出ししていたのに、その人と別れた後でまた別の有名人と一緒になって、笑顔で取材に応じるっていうのは、一体どんなメンタルなのかと疑ってしまう。

名無しさん
ネタ作りっぽいなーと感じた。

フラダンスの犬
これは美談ではない。
増原さんは前の相手と別れて速攻で勝間さんと交際。
前のお相手さんは、ツイッターで増原さんを祝福。
何だか、感覚が人としておかしくないか?
これが同性ではなく、男女のカップルが同じことをやったら、総バッシングのはず。
この人たちを称賛すれば「意識高い系」の仲間入り出来ると思っている人も多いのかも知れないが。

のびのびした生活からおいしい牛乳の木の葉
何か少し違和感を感じる。ディズニーシーで結婚し有名になった人が、また別の女性と楽しげに。なぜだろう?

名無しさん
プロ彼女だなー笑

名無しさん
カミングアウト自体はいいけど、こうして2人してメディアに登場するのはなんか違うよなぁ。話題作り?本でも出すのかな?

名無しさん
私は一目惚れするタイプではないと言ってますが、ずいぶん早くに子供を生んでますよね。しかも3人もいる。
何かいまいち違和感がある。

名無しさん
受け入れられない派からすると、ただただこういう話をやめてほしい限り。
同性愛が受け入れられないからといって心が狭いとかそういう問題ではない。

風来
騒ぎすぎ。好きにすれば良い。

名無しさん
私が娘だったらお母さんに女性の恋人がいることはわかった、でも家に一緒に住むのは嫌だ、実家に他人が住むのは困る、家族じゃない異性がいるのは嫌だと駄々をこねそうだ、同性に19歳の私を異性として見られたら困るとか言って抵抗しそうだ。

名無しさん
別に人それぞれだし同性愛に違和感が有るわけではないのですが、この増原さんに関しては昨年末に恋人と別れたばかりなのに、もう次って尻軽くありません?相手無しではダメですか?
それも公表しなくてもよいのでは?好きにすればいい事。
Matoo

名無しさん
叩かれるのを承知で書くと
パートナーとなった方も以前テレビで取り上げられていた方でいつのまにか解消されてしまったらしく、不謹慎かもしれないが話題を作ろうとしてるように感じる。
全く偏見はないけど、しっかり将来を見据えて生活するなら、わざわざ公表しなくてもいいと思う。

名無しさん
受け入れてくれる勝間さんのお嬢さんが素晴らしい。私だったらムリかも。

名無しさん
勝間氏も気持ち悪いが、それより相方の方が悪どい。

名無しさん
子供3人いるんだろ?LGBTも何か理解し難くなるな。
公表によって子供はどう思う?
自分がこの人の子供の立場だったら絶対嫌だけど。
そこまで自分の公表したい欲求が大事?
LGBTを理解してもらう社会的意義のため?
意識高いんだろうけど、何だかなぁと思う。

atjam
勝間さんはレズビアンじゃなくてバイセクシャルでしょ?
幸せそうで何よりです。理解のある娘さんに感謝ですね。

名無しさん
増原さんがレズビアンはなんか大丈夫なんだけど、勝間さんがと思うと気持ち悪い。
でもこういう偏見がいけないんだよね!

Tokio
なんで記事になっているのか不思議。
この後のタレント活動オファー増やすため、ニュースソースを提供しているのかな。
でも視聴者は勝間嫌い多いと思うから需要ないと思うけど。

名無しさん
多分愛してるってことはつまりそういうことなのかなと思うとちょっとウェッってなっちゃう。

名無しさん
仲の良い同性の友達ですよね。恋人とは違う様な感じがします。売名行為かな。

kuma-momo
この人子供は産んだけど、母親として?の人ですよ。
まるで良妻賢母が同性愛に走ったように書いてるけど、ご自身の不倫離婚はじまり性に奔放な方であるのは認めますが、こうやって持ち上げるのやめてほしい。
それに経済評論家として何かしてますっけ?
それとも同性愛者として活躍する気なんでしょうかねえ?

名無しさん
わざわざ、慶應女子の名前出すのって、学校はアリ型迷惑じゃないの。
ただの売名行為だと思うし。そのうち、本出すんでしょ。番宣。
要は、どっちもOKよって、二刀流だな。

名無しさん
公表して何かの商売を始める気なのか?勝間さんに良い印象がないだけにそう思ってしまう…

名無しさん
もういいよ~
お二人の関係に偏見もないし、公表までも特に何も思わなかったけれど、「楽になった」だの、インタビューだの、しつこく感じます。
お相手の方、話題性のある事に絡みたいのかなと感じてしまいます。

thrG.
同性で結婚は普通の結婚より乗り越える壁が高いだけに絆が強いのかと思ってましたが、早々に離婚しちゃう辺り、また今後結婚とかになると二の舞になりそうな予感がします。

名無しさん
手相見の仕事をしていた時、同性愛傾向のある方々を多く見て、悩み隠している人が多かった。勝間さんはクレバーで超シロクロはっきりしたがるひとだけど、2度異性との結婚離婚を経験してようやく、なんですね。

名無しさん
気味悪い。家族はどう思ってるのかな?

(*・∀・)ゞ
わざわざ公表する事の方が違和感がある。
自分達で自分達に差別意識があるんじゃないの?

名無しさん
ここまで公に公表する必要あるのかな?
ひっそりとやっていればいいと思う。
普通の人から見たらどうでもいい事。

nya
恋人と同性の友人とどう違うの?
ウブな私がいけないの。


PDF