中国2隻目の空母で、初の国産空母が5月中旬、航行試験を終えた。

空母「001A型」は5月13日に大連港を出港、予定されたテストを全て終え、18日に帰港した。

【画像あり】中国の新型空母「001A型」


2017年4月に進水、同国初の空母「遼寧」の就役から5年が経っていた。001A型の就役は2018年後半の予定。

中国は世界有数の軍事力の拡充に力を入れ、過去20年間、軍事費を着実に増やしてきた。間もなく新型駆逐艦「055型」のテストを開始、さらに3隻目の空母「002型」を建造中と伝えられた。002型は原子力空母の可能性もある。

001A型を詳しく見てみよう。

2017年4月に進水、2018年後半に就役の予定。中国初の国産空母「001A型」は「山東(Shandong)」という名称になる模様。

全長約315メートル、全幅約75メートル、排水量6万6000~7万トン。

機関は、8基の蒸気タービン。最大速度は時速約58キロに達すると見られている。

一方、アメリカ海軍の最新鋭空母「ジェラルド・R・フォード」は原子力空母、排水量10万トン。

「遼寧」は“重航空巡洋艦”として設計され、様々な兵装が施されていたが、「001A型」はアメリカの空母と同様の戦術的な役割を担うよう設計された。すなわち、空母打撃群の中心となる。

だが、戦略国際問題研究所(CSIC)は、「遼寧」と同様の兵装が施されていると伝えた。HQ-10艦対空ミサイルランチャー×3、RBU-6000対潜ロケットランチャー×2、1130型近接防空システム(CIWS:Close In Weapon System)×3を搭載。

艦載機は「遼寧」よりも多い。

「遼寧」は、J-15を18~24機、Ka-28対潜ヘリコプターなどを17機、搭載可能。

「001A型」の甲板はスキージャンプ方式、角度は12度と言われる。14度の「遼寧」とは違っている。

艦橋から見たところ。

艦橋のクローズアップ。346A型SバンドAESA(アクティブフェーズドアレイ)レーダーが最上部に見える。

艦橋内部。

短い建造期間は素晴らしいが、001A型の能力は旧来型の推進機関と短距離離陸拘束着艦(STOBAR)、つまりカタパルトを持たないため限定的なものとなる。

だが、次の空母「002型」は要注意。原子力空母となり、より先進的なカタパルトが搭載される可能性がある。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180603-00010004-binsider-int