女優の長澤まさみが主演するフジテレビ系連続ドラマ『コンフィデンスマンJP』が、映画化されることが決定した。
4日放送の第9話の最後に発表された。

同作の公式ツイッターでも「#コンフィデンスマンJP 映画化決定 続報を待たれよ!!」と告知された。

 『コンフィデンスマンJP』は、信用詐欺師のダー子(長澤まさみ)、ボクちゃん(東出昌大)、リチャード(小日向文世)が
毎回さまざまな業界の華やかな世界を舞台に、壮大で奇想天外な計画で、欲望にまみれた人間たちから大金をだましとるコメディードラマ。
脚本は『リーガルハイ』シリーズで知られる古沢良太氏によるオリジナル作品。

 突然の映画化決定の発表を受けて、SNSでは「やったー最高!」「待ってました」など喜びの声や、
作品の内容にちなんで「これウソ説ないか?」「と、言うフェイクじゃないの?」と疑う声など、さまざまな反応が寄せられている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180604-00000377-oric-ent