【AFP=時事】ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領は9日、シンガポールで行われる米朝首脳会談について、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン、Kim Jong Un)労働党委員長にとって「最初で最後のチャンス」だとした上で、金委員長が何らかの平和協定の締結に対して真剣かどうかは「最初の1分」で分かると述べた。

 トランプ大統領は、先進7か国(G7)首脳会議(サミット)が開かれているカナダを離れてシンガポールに向かう直前、記者会見を行い、自信に満ちた様子で、これまでの両国交渉団の接触は前向きなものだと語った。

 大統領は席上、「極めて率直に言えば、未知の領域だが、本当に自信を持っている」と言明。「私は金正恩氏が自国民のため大きなことをしたがっていると感じている。彼にはその機会がある」とした上で、「それは最初で最後のチャンスだ」と述べた。さらに、これまでの北朝鮮による米側との取り組みは「大変良好だ」とした。

 記者会見後、大統領はヘリコプターでカナダのバゴビル空軍基地(CFB Bagotville)に向かい、専用機エアフォースワン(Air Force One)に乗ってシンガポールに出発した。同国時間の10日中にも同国に到着する予定。

 トランプ大統領と金委員長は12日、シンガポールで史上初の米朝首脳会談を行う予定。大統領は、米側から安全保障を確約する代わりに、金委員長が核兵器開発計画を放棄することを望んでいる。

 トランプ氏は、金委員長が何らかの平和協定の締結に対して真剣かどうか把握するのに、どの程度時間がかかるかと聞かれ、「最初の1分で分かると思う」と回答。「良いことが起こるどうかは、すぐにでも分かると考えている。もし起こらないと思えば、私は自分の時間を無駄にはしない。彼の時間も無駄にしたくない」と述べた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180610-00000000-jij_afp-int