北朝鮮問題では歩調を合わせた日米だったが…
 安倍晋三首相は6月7日午後12時10分(米国東部標準時間・日本時間8日未明1時10分)から約45分間、ドナルド・トランプ大統領と会談した(日米双方の通訳以外に河野太郎外相とマイク・ペンス副大統領が同席)。

 安倍首相をホワイトハウスに迎えた際のトランプ大統領のボディランゲージは、昨年2月、同11月、そして今年4月の日米首脳会談時の際立った親愛の情の表現と比べると、ややぎこちなかった感が否めなかった。

 テ・タテ形式の首脳会談に引き続き、安倍、トランプ両氏は約55分間、日本側から河野外相、西村康稔官房副長官、谷内正太郎国家安全保障局長、杉山晋輔駐米大使、森健良外務審議官(政務)、山崎和之外務審議官(経済)、柳瀬唯夫経産省経済産業審議官ら、米側からペンス副大統領、マイク・ポンペオ国務長官、ジョン・ボルトン大統領補佐官(国家安全保障担当)、ラリー・クドロー大統領補佐官(経済担当)、エバレット・アイゼンスタット大統領副補佐官(国際経済担当)、マット・ポッティンジャー国家安全保障会議(NSC)アジア上級部長らを交えてワーキングランチを行った。

 日米首脳会談では大きく分けて二つのテーマが話し合われた。第一はもちろん、12日に控えた米朝首脳会談に向けて、北朝鮮問題に関する今後の方針について両首脳が綿密な擦り合わせを行い、拉致・核・ミサイルといった諸懸案を前進する歴史的な会談となるよう一致を見ることだった。

 安倍首相にとって、北朝鮮問題に関しては満額回答だったと言っていい。両首脳は北朝鮮の「完全かつ検証可能で不可逆的」な非核化に向けて緊密に連携することで合意、さらにトランプ大統領から非核化が進展するまで北朝鮮への制裁を解除することはないとの発言を引き出したからだ。

トランプ氏が「暴露」した「あるキーワード」
 第二のテーマが難題の通商・貿易問題だったが、そこには翌日8日から開催される主要7ヵ国(G7)シャルルボワ・サミットについても話し合われた。

 あらためて言及するまでもなく、11月の中間選挙を前にしたトランプ大統領の最大の関心事は貿易不均衡是正、すなわち米国の対外貿易赤字解消である。

 日米首脳会談後の共同記者会見でハプニングがあった。会談直後に日本側が発表したニュースリリースには次のように記されている。

 <安倍総理からトランプ大統領に対し、対日貿易赤字額以上に米国にある日系企業が輸出を行っていることや、日本企業による米国への投資を通じた米国の雇用への貢献、防衛装備品や日本企業による米国産エネルギーの購入額の増大等を説明したのに対し、トランプ大統領から一定の評価が示されました>

 この文言の中の「防衛装備品」がクセモノなのだ。

 トランプ氏は共同会見ではそのほとんどを用意された草稿をもとに発言していたが、1ヵ所だけアドリブで言及したのがこの防衛装備品であった。トランプ氏は安倍氏が首脳会談でbillions and billions dollars (何十億ドル)もの防衛装備品を購入すると言ってくれたと白状してしまったのだ。

 安倍政権は、実は今秋に発表する防衛大綱と中期防衛力整備計画(中期防)に「防衛費のGDP(国内総生産)比2%」を盛り込むことを予定している。2018年度当初予算の防衛費は約5兆2000億円であり、これを実行すれば、防衛費は数年かけて倍増することになる。

 米国からイージス・アショア(陸上配備型迎撃ミサイルシステム)、空中給油機、海上自衛隊巡洋艦「いずも」の空母化に伴う艦載機など高額防衛装備品を導入するのだ。

もはや、米国の心はG7にあらず?
 では、肝心なG7サミットは? 一言でいえば、トランプ氏が7日夜にツイッターで議長を務めるトルドー加首相とマクロン仏大統領に対して事実上のケンカを売ったことでも分かるが、米国による鉄鋼・アルミ製品の高関税に対し、カナダや欧州連合(EU)側の報復措置発表などG7の亀裂がさらに深まっている。所謂「6対1」構図である。

 そうした中で、EU側からは、とくにメルケル独首相の安倍首相に仲裁役として期待する声が高いものの、安倍氏がトランプ氏を関税問題で説得するのは容易ではない。サミット史上初めて共同声明が発表されない可能性が指摘されるほどだ。

 こうした杞憂は、トランプ氏がサミット2日目の9日昼過ぎに同日夜のトルドー首相主催の夕食会を欠席してシンガポールに向けて発つという衝撃情報からしても、現実味を帯びてきた。プロトコール(外交儀礼)上、異例である。

 トランプ氏は当初予定の10日夜11時(現地時間)のシンガポール到着日程を半日早めたというのである。一方の金正恩労働党委員長は11日夜に到着する。

 心はG7サミットにあらず、早くも米朝首脳会談にあるのだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180609-00056044-gendaibiz-int&p=1

みんなの意見


名無しさん
武器輸出三原則を緩和したにも関わらず売れ行きは思わしくなく、米国から大量の武器を買い続ける日本。
どうせこんなコトだろうと思ってたけど、せめて適当に配備しやすいトコロに配備するとかじゃなくて、もう少し戦略的な運用を考えてほしい。

名無しさん
お決まりのパターン
毎度の日米の妥協点で一番手っ取り早くスムーズに話しが進む軍事設備の購入。
これ5年から10年間、毎年購入を続ける長期契約だから…
契約がきれる頃にまた日米間の貿易問題が燻り始める…

あー君
別に良いと思うけど、またこれを国会で足引っ張るのが始まるかもしれないと思うとうんざりだわな。日本の国会は世界でも程度が低い。小学校の学級会に思えてしかたがない。

名無しさん
年金の方が深刻な問題だわな。

名無しさん
その代わり、絶対にアメリカの全責任において、必ず今回の米朝会談で、拉致問題を解決し、拉致被害者全員の帰還を実現することを絶対約束とすることを確約して欲しい。
散々日本だけがいろいろやって、「話したけど、ダメだったわ」では済ませないでくれ。
その場合は安倍も、「じゃぁ、あの約束はなしな!日本はアメリカの物は買わない!」ってはっきり強気な態度を示して欲しい。
安倍首相の、アメリカに絶対服従な外交姿勢は評価できません!

名無しさん
想像通り。拉致の事言わせるための演出。

ひびちょふ
防衛費は別にいいんだけど、そのほかの支払い分がいらないね。
日本はいつまでたってもアメリカのATMだわ。

夏のオーデコロン
御時勢、トランプ流が正しいよ。グローバルとかいって大企業と富裕層だけが儲かり、地方は丸損丸焼けになったではないか。日本も地方に工場が復活するような貿易政策にすべし。

名無しさん
要らない物を買わされるより、これから必要なもの、危機管理的に必要なものを買わされる方が、まだいいと思う。
災害は、天災だけじゃないから防災、備えは必要だと思う。

名無しさん
憲法9条を改正し、敵地攻撃など出来る普通の国に成る事。
武器や国防など米国に頼った状態だと、米国の言うがままでしょう
今米国は孤立状態だからEUなど米国の貿易問題に反対の国と手を結ぶとき。米国トランプ大統領のわがまま・気まぐれ発言を阻止するときではないでしょうか?

名無しさん
まぁそんな約束はさせられてくるだろうとは思っていた
装備品の更新はしないといけないし
細かい機種や必要量は総理ではなく防衛省が絡んで適正に決めてくれると思いたいのだが
どうもそのための基本データが改ざんされそうで…

名無しさん
税収が増えたニュースの次は税金が出ていくハナシですか?必要ないとは言わないが、一度入れた装備は、維持費にいずれ更新費が掛かってくる。買ったら終わりではないとこに、売った方のうま味がある。

enecoH-sagi
トランプ氏を誰もコントロールは出来ないと思う。

名無しさん
安倍総理は、拉致問題解決で一気に形勢逆転を狙っているようだが、そのためにトランプに足元を見られ、結局、巨額の防衛備品を購入する密約を結ぶことになったのであろう。
しかしながら、もしこれで、拉致問題が解決に至らなかった場合は、その責任を取る覚悟はあるのだろうか?
行動することは大事なことだが、政治は「結果がすべて」である。
もしそれでも、いつものような責任逃れの幼稚な言い訳を繰り返すのであれば、今回こそ国民が黙ってはいまい。

名無しさん
トランプに拉致問題を解決してもらうために
軍事製品を買い続けなければならない日本。

名無しさん
ニュースも一般人のコメントの方が
分かりやすい時があって
難しい世の中になったのかな

名無しさん
あ嗚呼、やってしまいましたか。相手は屁とも思ってないよ。中国の周主席が天文学的買物のお土産をトランプに持たせたけども、全く関係なく貿易圧力をかけ続けている。トランプはなりふり構わわず中間選挙のポイント稼ぎ。「歴代大統領が出来なかった事をやる」

名無しさん
アメリカ製武器を適当に購入するのもよいが、日本が特異な分野の武器開発は推進すべきだろう。案外ミサイル開発はとっつきやすく効果が大きいのでないだろうか。米国製の高価なばかりで、敵ミサイルに命中するのか不明なものを購入する必要はないと思う。

名無しさん
アメリカの手の上に乗っているようではダメだ。兵器開発は自国でやるべき。アメリカの脅威になるようでないとな。第二次大戦でアメリカは隠してはいるが日本に脅威を感じ戦意喪失していた。平和憲法とは綺麗事だよ。決して立ち上がれないように日本の手足をもいでしまった。

名無しさん
トランプにいいように搾取され
それでも消費税は上がります。

名無しさん
別にいいと思わない。本当に必要な巨額防衛備品なのか。押し付けられて使えない物も多い。

名無しさん
駐留米軍の費用はアメリカが全額出せ。
そうすれば2%の防衛費も国民の痛みが少なく捻出できる。
G7の6ヵ国がアメリカの関税にまとまって反対してるなかで今譲歩するのは理解できない。
必要な防衛装備購入であれば問題ないがアメリカのご機嫌とりのために不要な装備を購入するのはやめてほしい

名無しさん
防衛費を増やすのは結構ですが正面装備ばかり増やしても弾薬の備蓄が乏しいから実弾での演習すら出来ていない状況では使えない装備を増やすばかりで意味がありません。
安倍さんは現場の苦労なんて全く理解してないでしょうけど部品が足りなくて整備できない機体や車両を完全な状態にする事を優先しないと殉職者が増え続ける事になりかねませんよ。

シンムケーゲ
もはやそんなものが?、、、見える戦いなど意味がない。高速高性能小型ミサイルオンリーでいいのに。

名無しさん
年金支給開始の後退や消費税アップの原因がわかった

名無しさん
いくら立派な武器を揃えても、それを使う勇気と覚悟がなければならない。安倍晋三総理と自衛隊に、それがあるのか疑問だ。

とんがりコーン
ミサイルが飛んでこない公算が強くなったから、防衛費は削らなきゃね。

名無しさん
もちろんお願いだけして対価なしは信頼を失う行為だけど、そのお願いをちゃんと実行する相手かは甚だ疑問。
トランプさんは信用できない。
お金だけ払っておしまいなんてバカみたいなことにならないよう、しっかり契約書交わすなりちゃんと実行確認したら支払うなど安倍首相にはそれなりの対応してほしい。

名無しさん
数年かけて倍増、、、なんて表現は粗すぎますよ。

ぴよぴよ
暴露だの白状ってったって、2017年度予算の防衛費のうち、アメリカからのFMSによる防衛装備品購入額って、すでに30億ドル以上なんだけどね。
ちなみに今年概算要求のE-2D2機が5億ドル、KC-46A2機が5億ドル。
例えばAEWはどの機体もだいたいこんなもんだし、今新品で買えるフライングブームの給油機は767ベースしかない。
こんなの密約でもなんでもないよ。

名無しさん
今そこにある近隣国の脅威に備えるのはもちろん重要。
防衛費というものが膨大にかかるものも理解はしてる。
でも安倍さん、貧困や虐待対策、大規模災害が起きた各地の復興費用、実績の無い議員の高すぎる給料と退職金など
国内の問題も同じぐらい気合い入れてくれないかな?

Signóre.Ryo
表題にある巨大取引って軍事装備購入の件なんだろうけれども、これって米朝会談以前の1年くらい前から決まっていた話でしょ。
それを今回いきなり決まったかのように書く記事はいかがなものなんだろうかね。

ビビ
これ前から決まってなかったっけか?

名無しさん
それで泣いているのが自衛隊隊員。
予算がアメリカの武器購入に回ってしまって
制服等を買ってもらえず、ずっとお古を使っているらしい

名無しさん
売れない車買うよりましやね。
イージスアショアなら役に立つし人員の負担も減る

名無しさん
いまこの状況で防衛装備品の購入は無駄かね?無駄ではないのなら大きな問題はないと思うんだけど。

名無しさん
アメリカから武器を購入するなら最先端の武器を購入するべきだ。アメリカ以上の武器を作れる国は有るのかい?日本がアメリカに追い付くにはまだまだ時間がかかる。アメリカから最先端の武器を購入するのが国益にはベストかも知れない。

名無しさん
日本政府が米国から買える物は防衛装備品くらいしかない。これで日米貿易戦争が収まるなら、何も問題ない。それが巨額であったら問題か。民間で買える物がないから、仕方ないでしょう。

名無しさん
防衛費と言っても道具だけでは使いものにならないから
その他メンテ費用は別項目かアメリカは本当はもうかっていたりして

名無しさん
トランプに頼み事をすれば
それなりの見返りを、要求されるのは
わかっていること。
トランプもコロコロ言うこと変わるけど
日本を金ヅルと思っていることだけは
変わらない。