和歌山県田辺市の資産家・野崎幸助氏(77)の怪死事件で、今やお茶の間は「一億総探偵」状態だ。

「紀州のドン・ファン」と呼ばれた野崎氏と生前、交流のあったタレントのデヴィ夫人は9日、バラエティー番組に出演し、興味深いエピソードを明らかにしている。

「彼はドン・ファンじゃ全然ないです。真逆」「2回、脳梗塞をなさっていて、ヨダレもたらしていて、食べ物もよくかめず、モゴモゴしてこぼされていらして、おみ足が悪くて引きずってらした」「あれ(ドン・ファン)は本の宣伝ですよ」――。

 野崎さんの経営する会社の従業員はこういう。

「社長は交際していた50歳年下の女性に6千万円を持ち逃げされた2年前の事件で注目され、本まで出したけど、書いてある内容の半分くらいは、ハッタリです。自分で都合よく書いている。社長の資産50億円の根拠はどこからきているのか、わからない。貸金業で差し押さえした不動産とかも数多くありますが、和歌山の田舎ばかりでたいした金にはならない。社長の預金も現金で10億円ぐらいですよ。酒や梅干し販売は赤字、本業の貸金業も今は規制が厳しく儲かっていない。自宅も田舎だからあまり価値はない。シャガールなどの絵画は百貨店から買っているので本物だとは思うけど…」

 野崎氏は急性覚せい剤中毒で5月24日夜に怪死。遺体は解剖されたため、通夜は5日後の同29日に行われたが、貸金業、酒販売など幅広く事業をしていた資産家の割に参列者は40人前後と寂しい風景だったという。出席した親族はこう話す。

「幸助は7人兄弟の3男ですが、兄弟の間では浮いた存在でした。3回目の結婚したとか、そんな話はまったく知らなかった。通夜にいったら、えらい若い娘がいて、嫁さんだという。フライデーのインタビューでスマホはいじってないと言っていましたが、ウソですよ。いじっていました。喪主の挨拶は葬儀会社から渡された紙を小さな声で読んだだけ。月100万円の手当をもらい、妻なのに何もしない。妻側の親族は誰も来ておらず、これはおかしいと思ったら、覚せい剤中毒で死んだといわれ、仰天しました。幸助は脳梗塞を2回やり、よちよち歩きの状態で先はそう長くない。身体障害者の手帳も持っており、覚せい剤なんかやるワケない」

野崎氏は遺体で発見された時、ぼほ裸だったという。前出の従業員はこう話す。

「下半身に何も身に着けていなかったのは、社長が普段からオムツをつけていたためでしょう。社長は病気のせいで年中、大も小もオムツに漏らす。オムツで吸収しきれなくなり、床やお風呂にこぼすこともあった。そのたび、家政婦や従業員に掃除させた。車を運転していても、ブーって漏らす。だから2階の社長の寝室は臭いひどく、奥さんは『あんな部屋に上がりたくない』『車で漏らして臭かった』と毛嫌いしていた。奥さんは次第に社長と一緒に住むのを嫌がり、月100万円の小遣いをもらうと、モデルの仕事が入ったと東京にさっさと帰っていた」

 野崎氏は中学卒業して、家業の酒屋を手伝った後、夜間高校に通った。だが、続かず、また家業を手伝ったという。

「子供の頃はいじめられっ子でよく年上の子供に泣かされていた。中学時代も勉強ができず、家業の酒屋を手伝うようになった。でも、勝手に酒をスナックに売りにいき小遣い稼ぎしたりと、やることがめちゃくちゃ。幸助は3男で男兄弟で一番下なので母親は猫かわいがりをした。両親の遺産相続で兄弟と裁判沙汰になるほど揉めましたが、その元手で高利貸しを拡大しました」(前出の親族)

 野崎氏のひどい取り立ての悪評は地元で知れ渡り、親族は誰も付き合わなくなったという。

「地元で高利貸しをはじめた当初は法律も甘く、年利36%くらいとれた。東京にも進出し、街頭で当時は珍しいフリーダイヤルが記されたティッシュを配った。歌手の西川峰子(現・仁支川峰子)と親しいと吹聴し、その写真入りのティッシュを配ると、多重債務者が次々と借りに来た。社員も増えて貸出金額も増えました。当時、サラ金の取り立てが社会問題化しましたが、社長はお構いなしで、家の前で車のクラクション鳴らしたり、エンジンをふかして赤い粘着テープで目立つように金返せと張り紙したりと無茶苦茶でした」(元従業員)

 仁支川さんの個人事務所は、「営業で頼まれて、30年ほど前、ショーで歌っただけ」と話す。

 野崎氏の本名は樫山。野崎姓に変えたのは、2番目の妻と結婚した時だという。

「2番目の妻の勧めで姓名を変えたそうです。樫山といえば、服飾メーカーのオンワード樫山が思い浮かぶ。そこで野崎氏は貸金の屋号をオンワードにし、オンワード樫山と記したティッシュをオンワード樫山本社前で配ったらすごく客がついた。だが、すぐにオンワード樫山から訴えられて、敗訴。その後は金を貸すターゲットは公務員、上場会社の社員と決めていた。先に公正証書を作成して、返済が滞ったらすぐに、給料を差し押さえ。まあ、そういう知恵は働く人でした」(前出の知人)

 1997年の和歌山県内の高額納税ランキングで野崎氏は2位になり、納税額は2億円に上った。

 だが、同年に従業員の知人に襲われて、足をナイフで刺され、金を奪われる事件に遭遇。さらには国税のマルサに入られ、二重帳簿の脱税で摘発されたという。

「マルサにやられてからは世間体が悪いと、家業の酒販売、地元名産の梅干し販売もはじめた。まあ、貸金で儲かるから、酒販売と梅干しの会社は赤字でいいという考えでしたね」(同)

 野崎氏の経営する会社の古手の従業員はこう話す。

「若い女好きは病気というか、もう生活の一部って感じですね。昔から、好みの背の高い若い女が貸金の事務所の前を通ると、走って声をかけに行く。100万円やるから付き合ってくれとか簡単に言います。寝てくれた女性に『金はやるから、領収書を書いてくれ』と言い、アルバイト代として会社の経費で落としたりとハチャメチャです。東京から和歌山に飛行機代とお手当を出して連れてきた女とケンカし、飛行機代も渡さずに追い出したり、そんなことはよくありました」

 2年前に東京から来た女性に、貴金属やお金など計6千万円相当を持ち逃げされ警察沙汰になり、野崎氏は有名になった。

「あの時も『ここにあるもん持って帰ってええから』と言ったので、女性は持ち帰ったと話していた。付き合ってくれたどんな女性にも、すぐ言うんです。2番目の妻が家を出た時は大騒ぎで、何度も彼女の家に押しかけ、『帰ってきてくれ』『1億円渡す』とか言っていた。だが警察に通報され、ストーカー認定され、近づくことを禁じられたそうです。社長は女性には甘いが、女性が絡まないとドケチです。家の庭を造園業者に頼んで工事してもらった時、社長は勝手に店から安酒を大量に持って行き、これで代金を払うと置いて帰り、業者を怒らせたこともありました。いろんな人の恨みを買った人生だと思う」

 野崎氏を覚せい剤中毒で急死させた”真犯人”は一体、誰なのか。(本誌取材班)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180610-00000004-sasahi-soci

みんなの意見


竹内豊

行政書士
オーサー報告
>野崎氏の本名は樫山。野崎姓に変えたのは、2番目の妻と結婚した時だという。
夫婦は、結婚の際に夫または妻の氏(法律では「姓」や「苗字」を「氏」と呼びます。)のどちらかを夫婦の氏として選択しなければなりません(民法750条)
民法750条(夫婦の氏)
夫婦は、婚姻の際に定めるところに従い、夫又は妻の氏を称する。
「2番目の妻と結婚した時」に「野崎姓に変えた」ということは、結婚する際に、妻の姓を選択したということだと推測されます。
【参考】
厚生労働省の『平成28年度人口動態統計報告-婚姻に関する統計-の概況』によると、28年度に結婚して、夫の氏を選択した夫婦は96.0%、妻は4.0%でした(昭和50年は、夫が98.8%、妻が1.2%)。
————————————————————————————-
赤さん

名無しさん
妻がかなり黒い(笑)

名無しさん
やっぱりて感じ。
若い時ならまだしも
いくつになっても
儲ける、抱くなんて
そんな夢物語が続くはずないよ
時は金なり
金持ちにも貧乏人にも平等てことね

名無しさん
記事の内容を読んでも全然驚かないな、やっぱりという感じ。
背は小さくて頭も悪い、劣等感の塊だったと思う。金をチラつかせて人を支配したり、虚勢を張って自分を大きく見せることに必死だったように見える。まぁ貸金業にロクな人間はいないですよね。
身体障害があるなら、有り金使って高級老人ホームで余生を過ごせばよかったのに、懲りずに女ばかり追いかけて恥ずかしい最期だなと。
お金や人に卑しい人の末路という感じしかしない。

名無しさん
デヴィ夫人はこんなロクでもないおじさんと知り合いなのかと思うと胡散臭いなと思ってしまった。

名無しさん
よくもまあペラペラよく喋る従業員だな。

名無しさん
資産の有無に関わらず地域包括支援センターに相談、要介護度に応じたサービスを受ける事は可能なのにね。
死んでからシモの事情まで言われるのはかわいそう。

名無しさん
けっこう、いろんなところから恨みかってるやん

@’ェ’@
なんか、メディアが面白おかしく肉付けしてるだけで、実はかなり寂しい老人の話なんじゃなかろうか。
昔は羽振りもよくのっていたけど、近年の不景気のあおりで、勢いも無くし、家族もなく名だけの黒い妻に搾取され、誰も親身に面倒を見てくれない孤独な老人のお話…。身から出た錆ともとれるけど、紀州のドン・ファンなんてものからは程遠い人物だったのでは?

名無しさん
確かに無教養とこの品性から、世間の嘲笑(?)の対象になりやすいキャラだけど、死してここまで書かれる必要があるのだろうか?気の毒になってきたわ。

名無しさん
預金は現金で十億くらいて。かなりあるやんと思ったのは俺だけ?

名無しさん
私には出来ないけど、月に100万も貰えるなら、お爺ちゃんのシモの世話を買って出る女性はいるでしょう。
ドン・ファンも、亡くなってからも散々の言われようで可哀想だけど、そんな生き方しかしてなかったツケだと思う。
きっと、彼を愛してくれたのはイブちゃんだけじゃないかな?

riri
もう、最初っから一番、可哀そうなのは、ワンコのイブちゃんだけ。

名無しさん
資産50億の割に、住居がちゃちすぎると思った。庭の木も、外壁も、階段も。
あんなの、金持ちの屋敷じゃないじゃん。

hejao
お金持ちの方がラクダのシャツ一枚でテレビインタビューに答えてるのが違和感あったが、こういう事だったのですね。

名無しさん
まぁ、記事を読めば味方より敵の方が多い感じやね。嫁が1番疑われるでしょうけど、動機がある人間はたくさんいるんちゃいますかね?

名無しさん
オムツに大小漏らし・・・いつかは皆辿る介護問題。

名無しさん
西城秀樹のお通夜、お葬式はあまり取り上げることなく
日大の問題を「まだ報道するの」っていうくらい取り上げてたのに
この事件が出たとたん日大問題も報道が少なくなりましたね。

のんのんば
何万回も言われてきたことだろうけど、
やはり、お金があっても愛を手に入れられなかったらさみしい人生、さみしい終わりになるんですね、、、

bj-mdtg
どっちもどっち。
普通が一番。

.
4000人と関係もった身体には見えなかった。
若いときでも。
それと、そんなに関係もって、子供一人もいないのもおかしい。

名無しさん
なんか虚しいおじいちゃんやなぁ。
生まれも育ちもよろしくなくて虚勢はって生きてきたんやろな。
金と女には異常に執着する奴のそれやと思うわ

名無しさん
オムツとかの話は故人が気の毒。
みんないつかは行く道なのに。
デヴィ夫人って本当に友人?
ヨダレやモゴモゴなんて
他に言い方あるでしょう?
脳梗塞の後はあまりお体の調子は
良くなかった様です、とか。
このドンファンも妻に100万払う位
お金あるならちゃんとした所から
介護士と家政婦を雇えば良かったのに。
1人50万払えばきっと優秀な人が来て
くれたと思う。とりあえず未解決に
ならない事を願います。

名無しさん
病気で大も小もトイレで出来なくなるのは仕方ないこと。
でも車乗ったりヨチヨチでも歩けるのなら
頻繁にトイレに座らせてたらそんなにそんなに漏らさないんじゃないかなーと思いました。
仕事して介護してって奥さんが全てやってたならまだしも家政婦さんがいるのに。
そんなに臭いが付いてたのは排泄後にすぐ取り替えてなかったからでは?
家政婦さんいるのに何やってたんでしょう。

名無しさん
記事の意図するところではないとわかっているけれど。
老人の当たり前の生理を、何か故意的な酷いことのように書きたてた記事にも読めた。
70代後半ならこれくらいの人はいるし、何より重い病気をしたなら寝たきりでないことは凄いのに。
自分で自分の世話ができないと分かっていて人を雇ったり頼ったりしたらいけないのか。
犯罪や人間性のことはともかく、誰にでも起こるような体のことで貶めるのはやめてほしい。身内に同じような状態の者がいるので心が痛んだ。

名無しさん
人間って亡くなった時に事情もあるかも知れないが、
参列者の数で故人の人脈や人柄が分かる様な気がする。特にこの様な人の場合はね。
過去には華やかな時もあったのだろうが、最終的には哀れな幕引きだった様ですね。
女性を愛情面よりも経済面だけで繋げていただけのこの人も女性の愛し方を知らなかったと思うし、愛してくれた女性も居なかったと思う。
もしかしたらこの人が本当に愛したのは飼い犬のイブちゃんだけだったのかも知れませんね。
亡くなって迄良くも悪くも身近な人達に私生活を暴露されて、色々な意味で人間的に可哀想な人だと思う。

名無しさん
事件が報道されて気の毒・お可哀想にと思ってたけど、よくよく報道を見ていたら、こんな生活・生き方をしている人にはふさわしい死に方だと思うようになってきた。77歳まで生きられていた方がむしろラッキーだったのかなと思う。
何億も稼ぐようになったら、社会貢献したり慈善事業に寄付をしたりして、世のため人のために尽くした方が幸せだと思う。
ロクでもない女に貢ぐよりは。
自分のためにも

匿名希望
人の褌で相撲を取る品性の無い人やってんな。
只、体が小さく虐められっ子でしょっちゅう泣かされてた、と言う件は、その情景を想像しただけで心が痛む。
男性にとって体が小さいと言う事は他人が想像する以上に根深い劣等感として終生ついて回るんやな。
この情報が出た事によって真犯人が特定し辛くなったと思って真犯人は喜んでそう。
しかし、こんな品性の無い人と親交のあるデヴィさんも同レベル。
普通やったら関わりたく無いもん。
でも、病気による後遺症で排泄のコントロールが出来ない体になってた事なんか、恨みを持ってる従業員を通して広まるのはまだ分からなくないけど、デヴィさんがもし真の交流をしてたら口外しないと思う。
死者にも名誉はあるやろ。
そして、デヴィは改めて下品。

名無しさん
ペラペラよく喋るヤツが怪しいってのは、よくあるパターン。この従業員も、家政婦も。今回は、喋ってなくても『妻・22歳女』も怪しいけど。

名無しさん
タイトルしか読んでないけど、死体蹴りしすぎだと思う。

名無しさん
これも本当かどうかわからないが
年をとると仕方がないんじゃないか
はやく大小便をもらしても吸収できるオムツを開発してもらいたい
あと爺さんもあくどい人生だったぽいが、警察の手を煩わせるな

名無しさん
私は学生の頃、母にあんたがどんな人生を歩むのか、それは自分の選択だけど自分がどういう人生を歩んだかわかるのが、自分自身が死んだ時だと言われた事を思い出した。この記事を読んでまさにそうだと思ったよ。

名無しさん
オムツのこととか記事にする必要あるの?
後期高齢者でご病気もされていたのだから、そういうこともあるでしょう…。
なんか悪趣味としか思えない。

名無しさん
お金があるのだったらそれなりの老人ホ-ムに入った方が楽だったように思います。
ただこういう人は入るのをイヤがるんですよね。
金銭で人を自由に動かしてきたから指示されるのを嫌がり虚勢を張ってしまうのでしょう。
躰的には楽でもホ-ムの決まり事等に従うのを嫌い自由にしたい人なので病人用に家をリフォームするでもなく結果不自由な生活だったと思います。

名無しさん
事件が解決したら記事にしてくれ、それまでこの話題はいらん。

名無しさん
預金が現金で10億なんて、一般人には充分じゃんw
殺害動機にはなるよ
お金があっても人柄がついていかなければこうなるわな
本人も自分はお金だけしか魅力が無いとわかってたから女相手にお金バラまいてたんだろうし
最後はとうとう殺されるなんて、悲しい人生だね

ワイワイ
騒げば騒ぐほど田中と内田が喜ぶ

名無しさん
通夜、葬式の参列者の人数が彼の生き方を物語っているよね。

名無しさん
サラ金の金利が高いのって今は返してもらえるようになったんだから、借りた人はドンファンに請求手続きした方がいいんじゃ?遺産もそういう返済でマイナスになる可能性もある

名無しさん
故人の日常を亡くなった後に暴露してるのも、どうかと。
それより思ったほど進展してないんですかね、捜査。
若しくは思っていた通りすぎて、逆に慎重になってるのか。