RADWIMPSの新曲「HINOMARU」の歌詞が話題になっている件について6月11日、ボーカルで作詞を担当した野田洋次郎さんが自身のTwitterでコメントを発表した。「戦時中のことと結びつけて考えられる可能性があるかと腑に落ちる部分もありました。傷ついた人達、すみませんでした」などと謝罪している。

「HINOMARU」は6日に発売したニューシングル『カタルシスト』に収録されているカップリングソング。<風にたなびくあの旗に/古(いにしえ)よりはためく旗に>というフレーズから始まる同楽曲は、<この身体に流れゆくは/気高きこの御国の御霊>や、<さぁいざゆかん/日出づる国の/御名の下に>といった、愛国心を思わせるフレーズがちりばめられている。

この歌詞に対して、ネット上では「愛国歌と同じセンスで少しゾッとした」「国に誇りを持つということの難しさについて、ちょっとあぶないぞと思った」といった声や、「フジテレビのW杯サッカーのテーマ曲だから普通に日本を背負って試合に向けての闘志みたいな意味じゃないの?」「RADらしくないってなんだよ、RADが作ったんだからRADなんだよ」などさまざま意見が飛び交っていた。

そんななか、きょう6月11日に野田さんがTwitterを更新。英語と日本語で、「HINOMARU」の歌詞が話題になっていることについて、自身の思いを綴った。

以下、全文を掲載する。

I hate violence. I hate war.
Every time I mention something about our history, I try myself to express that. And not to go backwards, but to go forward. Some people has claimed that the song Hinomaru is an Army song. The answer is, It is not. Never.
There are no specific words in the song related to it. This song is not made to attack anyone who is in any kind of posistion or nationality.
The song Hinomaru does not express any cheering of war or violence. The lyrics is to cheer and encourage the people living in Japan although we have great earthquakes, a huge tsunami, a big typhoon, and all the other disasters. The song is to unite and to hold our hands tightly as one homeland. I apologize if there were any fans who were hurt from this song.
Some of the words were written in traditional Japanese (I do that in many songs) and maybe that was one of the reason made you feel that way.
This is my truth. No lies, not even a single lie. I’ll prove that with my actions and my career in the future. Hope you’ll understand. I’ll keep trying my best, to be the positive energy for you and this world. To be the change and to be the piece of “Peace”,always.
Love

戦争が嫌いです。暴力が嫌いです。どんな国のどんな人種の人たちとも、手を取り合いたいです。
終戦記念日やその他の歴史的な事柄を語る時、アジア各国でライブをする度、僕はなるべく自分のメッセージを伝えてきたつもりです。
時代に逆行するのではなく、前進しようと。二度と繰り返してはいけないと。
HINOMARUの歌詞に関して軍歌だという人がいました。そのような意図は書いていた時も書き終わった今も1ミリもありません。
ありません。誰かに対する攻撃的な思想もありません。
そのような具体的な歌詞も含まれてません。この曲は日本の歌です。この曲は大震災があっても、大津波がきても、台風が襲ってきても、どんなことがあろうと立ち上がって進み続ける日本人の歌です。みんなが一つになれるような歌が作りたかったです。結果的にその曲で不快な想いをさせてしまった人がいたというのが何より悲しいです。
日本の歌を歌う上で歴史の上に成り立っているこの今の僕ら、その想いものせたかったので古語的な日本語を用いたのも一つの要因かもしれません。僕は色んな曲で古語を使うので自然な流れでした。
色んな人の意見を聞いていてなるほど、そういう風に戦時中のことと結びつけて考えられる可能性があるかと腑に落ちる部分もありました。傷ついた人達、すみませんでした。これが僕の気持ちです。一つの嘘もありません。これからのキャリアや行動でもそうであることを証明していくつもりです。
どうか、皆さんに伝わりますように。
この先も、僕なりに自分のメッセージを伝えていきます。音楽で、活動で、この世界のプラスになるエネルギーとなれるように頑張ります。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180611-00000009-exmusic-musi

みんなの意見


名無しさん
気にしなくていいと思うけど。
過剰反応するのが気持ち悪いと思うだけ。

深紅の王
こんなんで騒ぐ方がどうかしてる

名無しさん
>大震災があっても、大津波がきても、台風が襲ってきても、どんなことがあろうと立ち上がって進み続ける日本人の歌です。みんなが一つになれるような歌
これだけで十分。歌を変な風にとらえて色々言う人の気がしれん。

名無しさん
謝る必要は無いですよ笑

名無しさん
普通に謝罪しなくていいと思う。

名無しさん
何がダメなのか全くわからない。

名無しさん
この記事読んだ時に、良く韓国の一部の団体が朝日旗が戦犯国の旗でどうのこうのと事あるごとにクレームつけてるのとそっくりだと思った。
僕はもちろん戦争は嫌い、でも自国を誇りに思う気持ち、日本ほど忘れている国はないと感じる。アメリカ人だって胸に手を当てて国家を堂々と歌うよね。僕はこの歌詞はなぜか清々しい気分になったけど変なのかな?
日本人は日本人である事をもっと愛して良いと思う。

名無しさん
脅しにあったのかな?

#サリナーズでミラクル3
とても素晴らしい歌詞です

名無しさん
国の為に命を投げ出す事を賛美するようにもとれなくもないけど、ワールドカップと結び付ければ「なるほどね」とは思うし、別にいいんじゃない?仮に、国の為に命を投げ出す事を賛美していたとしても、そういう考えを持ってはいけないと規制するのはどうだろうか、そういう考えが出ても自由闊達な議論の中で解決すべきでないだろうか?ただ、そういう風に取られたくないなら、声明を出せばいいし、今回出されたものを読めば「そう」ではなかった事もわかったし。ま、とりあえずこれで安心でしょ。

名無しさん
愛国歌って、言葉初めて聞いたけど
国を愛する心を唄う歌なら別に問題ないんじゃない?
軍国主義とは違うと思うけど???
なんか最近の我が国は気持ち悪い方向に行きすぎてるね。。。

fight*for*japan
好きに歌えばいいじゃない?
反原発の歌を歌ったバンド、反政府の歌を歌ったアイドル
なんてのもいるし、好きな曲歌えばいい。
日本にはこの国を愛したり、ほめたりするのを嫌う民族の方と
偏った先生方に洗脳されたその生徒たちが多くいて
少しでも右のテイストを感じれば大騒ぎするようになっています。
ただそいつらの声がでかいだけであって、多くの人は問題にしてません。

名無しさん
前回の椎名林檎の時もですが
過剰な反応には違和感を感じます。
過剰な反応の方が声がデカイから
変な方向になるのかもしれませんね、、

名無しさん
これは言論弾圧じゃないの?言論の自由はどうなった?今この歌に文句を言ってる人は戦争になったら逆のことを言って弾圧し始めるよ。

名無しさん
今まで聞いた事のあるRADWIMPSの曲の中で今回のが一番好きです。
確かに入りは軍歌に聞こえます。しかしそれの何が問題でしょう。力強い歌詞を乗せる、男らしい伴奏だと思いました。そして何より、W杯の曲だからこそ必要とされる日本らしさがあると感じます。
批判する方々に問いたいです。
日本人は、愛国心を持ってはいけないのでしょうか。
愛国心を表現してはいけないのでしょうか。
日本は帝国時代、確かに戦争をしました。
辛い思いをした人も多いと思います。
しかし、だからと言って今生まれた音楽を否定することはないですし、ましてや愛国心を持ってはいけない理由にはならないのではないでしょうか。
正直、今回の批判は歴史をまともに学んでこなかった、学ぶ気もない欧米至上主義者の方々の声にしか思えないです。
RADWIMPSさん、そのような声に負けず、頑張ってください。

gjtgmt
謝らないでほしい。そんなにキツイ言葉を使ってるわけでないし。優しいメロディだし。

名無しさん
変な国です。自国がいいとか素晴らしいとか歌ったら変だ、問題だとされ、そういう極端と言える偏った声だけがまともに取り上げられ、別に気にならなかった、評価できるという声もあろうはずなのに、それはなかったことになる。
ハッキリ言って、過剰反応し過ぎで、それだけ取り上げるのもおかしいし、これについて別に謝る必要もないし、謝らせることもない。
というか、多様な社会をとかメチャクチャ言いまくってる割には、なんと狭い了見なんだろうか。そっくりそのままお返ししたく思うよ。多様な社会を、寛容な社会を。
自国が好きと言う自由もあるし、嫌いという自由もある。両方平等に扱われるべきでしょ。
今のままでは、嫌いという自由はあれども好きという自由はないと言ってるのと同じである。

名無しさん
最近は何にでも過剰反応する輩が多く表現するのが難しい時代になったと思う。

名無しさん
問題なし。

名無しさん
結局は、こういうのは受け取る側の話だってことがよくわかる話題ですね。
「この曲は大震災があっても、大津波がきても、台風が襲ってきても、どんなことがあろうと立ち上がって進み続ける日本人の歌です。みんなが一つになれるような歌が作りたかったです。」
ここが大事なところだと思います。発信者も、受け手も、こういう意識があれば何の問題もないでしょう。
ただ、こういうのを「うまいこと利用してやろう」と思う人が、あっち側にもこっち側にもいるということは、受け手の側が(まあ、発信者側も)常に意識していた方がいいですね。
発信者側のしっかりとした信念と、受け手側のリテラシーが大事なのかなと思いました。

名無しさん
何でもかんでも大袈裟に考える人がいるんだね。別にどういう内容を歌おうが本人の自由。気に入らないなら聞かなきゃいい。

名無しさん
なんか、文句言ったもん勝ちって風習を何とかしなきゃいけない時期なのかもしれない。
大多数の人は、戦争と結び付けていると考えていない。
普通の志向の人ほど、声を大にしないから、結局 実際は少数の文句言う人々に屈することになって、世の中おかしくなっている。

渡らない鳥
この歌詞のどこに問題があるんですか。どんな思想を持とうが自由ですが自国に愛がない思想に価値はないと思います。サッカー日本代表も国歌歌いましょうね。ラグビー日本代表は確かに外国人が多く違和感ありますが国歌斉唱の時に外国出身の選手も君が代を歌ってますよ。

名無しさん
たしか椎名林檎の時にも問題になりました。
スポーツを、しかも国際試合を応援する時って少なからずナショナリティを意識しますよね?
勝ったとき「君が代」を歌い、日の丸を掲揚しますよね?
結局、騒いでいるのは日本人ではない、或いは日本人として誇りが持てない方々でしょう。
表現や芸術の中に都合の悪いことを探しだし、批判し、潰しにかかる奴等こそ真のファシストだと思う。

名無しさん
この歌詞の何処がいけないのか謝罪しないといけないのか日本人の私には全く分からないし逆に良い歌詞だと思う。
これは軍歌でないし愛国を持つことそれを歌にすることの何がいけないのか?

名無しさん
愛国歌の何が悪いのかとは思うけどね。
むしろ今の日本は何で愛国心全否定なの?
俺は今の日本の政治は好きじゃないけど郷土愛くらいはあるよ。

名無しさん
「軍歌っぽい」っていうのが過剰反応だとは思わない。
曲名と歌詞を見て、そういうことを連想する人が出てきたっておかしくないと思う。
そのうえで作者が「その意図は全くない」と言うなら、それでいいんじゃない?
別に直接的な戦争奨励表現がある訳じゃないし。歌詞変えたり、テーマソングを変えたりする必要はない。

スズカコバン
これのどこが問題なのかわからない。

名無しさん
そもそも国歌を題材にしてたとしても何がいけないのか分からない。
戦争なんてあるべきではないけれど、今と違って
戦わなければいけなかった時代を生きてきた事実。
過去の批判ばかり、過去は変えれません。
今は戦争と結びつけるのではなくて
愛国心は、多かれ少なかれ日本人としての単純な意識として良い意味でとらえるべき。
いま一体、日本がどこの国を狙い戦争してやろう!なんてしていますか?
危ない国は日本じゃないでしょう。
文句があるなら、そちらへ向けて下さい。
たかが曲、しかも日本を讃える歌詞。
もしこの先、なんらかしらの理由で戦争になったら、戦うのは自衛隊で国民ではありません。
ほとんどの人は守られる立場になります。
その家族や身内、関係者の意見であれば説得力がありますが。私達がすることは関心をもちつつ、働いて全員がしっかり税金を納めることです。

hogehoge
裏側からしかモノが見えない人が多くなって困る。