【CNS】中国・雲南省(Yunnan)文山チワン族ミャオ族自治州(Wenshan Zhuang and Miao Autonomous Prefecture)丘北県(Qiubei)の繁華街にセンザンコウがふらりと現れ、犬に襲われているところを市民に救け出され、森林公安局にに保護された。

 第一発見者の李さんによると、9日午前3時、李さんと会社の同僚2人で車で帰宅道中、路上で3匹の犬が奇妙な形をした生き物に吠えたりかみついたりしているのを見かけた。

 李さんは車を停めて犬を追い払うと、その奇妙な生き物は近くの出店の棚の下に逃げこんだ。よく見てみると、センザンコウだった。犬に足をかまれけがをしていた。

 この場所に留まっていてはまた犬に襲われると心配した李さんは、出店からもらったかごにセンザンコウを保護して自宅へ持ち帰り、翌朝に森林公安局に連絡した。

 通報を受けて駆けつけた森林公安局職員は、野生動物の専門家に調査を依頼すると、このセンザンコウは国家2級保護動物のマレーセンザンコウであることがわかった。そして足の負傷に気付いた職員はその場で治療を行った。センザンコウの重さは約8キロ。

 現在、負傷したセンザンコウは公安局で保護され、回復後に再び生息地域に返されるという。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180612-03178252-clc_cns-cn


PDF