【AFP=時事】ドイツで先週、猛毒のリシンを使った生物兵器の製造を計画した容疑でチュニジア人の男(29)が逮捕された事件で、警察幹部は20日、「ドイツ初となる生物兵器を使った攻撃に向けた非常に具体的な準備が進められていた」と述べ、容疑者の逮捕によって生物兵器攻撃を未然に阻止したとの認識を示した。

【写真】逮捕されたチュニジア人の男の自宅がある建物

 ドイツ連邦刑事庁(BKA)のホルガー・ミュンヒ(Holger Muench)長官が公共ラジオで語った。

 警察の特殊部隊は6月12日、ケルン(Cologne)にあるシエフ・アラー・H(Sief Allah H)容疑者の自宅アパートを急襲。見つかった「毒物」は後にリシンと判明した。

 トウゴマの実から抽出されるリシンは、飲んだり吸入したり注射したりすると、微量でも死に至る。シアン化物の6000倍以上の毒性を持つ猛毒で、解毒剤も知られていない。

 兵器所持と国家に対する重大な破壊行為を計画した容疑が掛けられているアラー容疑者は、イスラム過激派組織「イスラム国(IS)」が拡散したリシン爆弾製造に関する指示に従ったとみられている。

 検察はアラー容疑者について「生物兵器を故意に製造した疑いが強い」としてきたが、20日、攻撃計画の詳細など、それを実行に移す具体的な兆候は欠いていると改めて強調している。

 警察はアラー容疑者の自宅で、トウゴマの実3000個以上、リシン84ミリグラム、花火用火薬950グラム、可燃性の液体2瓶、電球にはんだ付けした複数のワイヤー、金属球240個を発見した。DPA通信によると、アラー容疑者には、イスラム教に最近改宗したドイツ人女性の妻がいる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180621-00000018-jij_afp-int