今度ばかりは本気かもしれない

米国のトランプ大統領が中国と本格的な貿易戦争に踏み切る構えを見せている。中国は朝鮮半島をめぐる情勢の「陰の主役」だ。米中の緊張激化によって、朝鮮半島情勢も不透明になってきた。

トランプ氏は6月18日、総額2000億ドル相当の中国製品に対して10%の追加関税を検討する、と発表した。大統領は先に、総額500億ドル相当の25%追加関税を発表していたが、両者を合わせると2500億ドル規模になる。

 米国の中国からの輸入総額は5055億ドル(2017年)なので、今回の措置はその半分弱に追加関税をかける内容だ。さらに、中国の対米投資に対する制限も検討している、という。これに対して、中国は直ちに包括的な措置で対抗する、と発表した。

 中国の米国からの輸入総額は1299億ドル(同)なので、そのすべてに報復関税をかけたとしても、米国の2500億ドル規模には及ばない。その場合、米国からの対中投資やビジネス機会に制限をかけるのではないか、とみられている。

 双方が実際に発動すれば、貿易から投資、ビジネス分野にまで制裁と報復の応酬になる。まさに前例のない米中貿易戦争だ。これを嫌気して世界の株価は下落したが、株価にとどまらず、いずれ実態経済に悪影響が及ぶのは避けられない。

 はたして、トランプ氏はどこまで本気なのか。

 6月8日公開コラム(http://gendai.ismedia.jp/articles/-/56015)で書いたように、トランプ流の交渉術は、基本的に「コワモテ(強面)」と「ヤサガタ(優形)」を1人2役で使い分ける点に大きな特徴がある。

 まず、ビーンボールを投げて相手をのけぞらせておいてから、おもむろに優しい表情で本音の交渉に入るのだ。この手は北朝鮮との駆け引きで存分に発揮されたが、今回もそうだとすれば、中国が報復に乗り出すあたりから、本当の交渉になる可能性はある。

 だが、そうとばかりは楽観できないかもしれない。というのは、すでに一度、この手を使っているからだ。5月25日公開コラム(http://gendai.ismedia.jp/articles/-/55817)で書いたように、ムニューシン財務長官は5月21日、米中協議の後、いったん対中制裁関税を棚上げした。

 今回はムニューシン氏らの慎重論を押しのけて、大統領が筋金入りの対中強硬派であるナバロ大統領補佐官らの意見を受け入れ、追加関税を決めたとされる。そうだとすれば、交渉術としてのコワモテではなく、正真正銘の強硬路線かもしれない。

 しかも重要なのは、前回の棚上げ決定には朝鮮半島情勢が深く関わっていた点である。5月25日公開コラムで書いたように、500億ドルの追加関税を棚上げしたのは、北朝鮮の核とミサイルをめぐる米朝交渉で、中国を敵に回したくなかったからだ。

 北朝鮮は米朝首脳会談を自ら求めておきながら、5月7~8日に中国・大連で開かれた2回目の米朝首脳会談の後、にわかに強気になって米国批判を始めた。金桂寛(キム・ゲグァン)第1外務次官が同16日、談話で首脳会談を「再考する」可能性に触れたかと思えば、米韓合同軍事演習についても「無礼な挑発」と批判した。

 正恩氏がなぜ強気になったかといえば、習氏が米国の追加関税をけん制するために、金正恩朝鮮労働党委員長に対して「米国には強気で臨め」とそそのかした可能性がある。

 北朝鮮が強気で対応すれば、習氏は「北朝鮮を抑えるにはオレの協力が必要だぞ」と米国に自分を高く売りつけられるからだ。その結果、米国はいったん対中制裁関税を棚上げせざるを得なくなったのだ。

 トランプ政権は結局、棚上げを決めたが、大統領は同22日、米韓首脳会談後の記者会見で、中国の習近平国家主席について「グローバルクラスのポーカー・プレーヤー」と評した。交渉の巧みさを認めざるを得なかった。

仲を「見せつける」だけで十分

大連の中朝首脳会談は「正恩氏が米国に責め立てられて、習氏に助けを求めた」という見方が一般的だが、米国との貿易戦争を抱えていた習氏の側にも、正恩氏を利用する思惑があった、とみていい。

 いまにして思えば、そもそも3月25~28日に北京で開かれた電撃的な最初の中朝首脳会談は、トランプ氏が知的財産権侵害を理由にした総額500億ドルの対中制裁関税を発表した直後だった。そのときから、習氏には米国をけん制する意図があったかもしれない。

 習氏にとって、トランプ氏の牙を抜く決め手は「正恩カード」と承知のうえで、初の正恩訪中を受け入れたのだ。

 さて、以上の経過を経て、トランプ氏は今回、2000億ドル規模の追加関税を決めた。もしも、中国が依然として「正恩カード」を握っているとみているなら、この追加関税は当然、決めにくい。だが、大統領は「もはや習氏は必要ない」と考えたようだ。

 それは、ロイター通信が報じた。14日配信の記事によれば、米政府当局者は「大統領は、北朝鮮と直接コミュニケーションをとる手段が確保できたため、中国の北朝鮮に対する影響力が対中関税を控える理由にはもはやならないと考えている」という(https://jp.reuters.com/article/us-cn-tax-idJPKBN1JA391)。

 つまり「オレはシンガポールで正恩氏から携帯番号を教えてもらったから、もう習氏を通じた間接話法で話す必要はない」という判断である。それがトランプ氏の貿易戦争を決断した理由であるなら、もはや中国に遠慮しないだろう。それなら、今回は「コワモテ」と「ヤサガタ」の使い分けにはならない。

 ところが、である。中国も抜け目がない。

 トランプ氏の腹の中を見透かしたように、習氏は6月19~20日に北京で正恩氏と3回目の中朝首脳会談を開いた。どちらが会談を申し入れたか、あきらかでないが、習氏も正恩氏も、トランプけん制の点では思惑が完全に一致していたはずだ。

 トランプ氏が2000億ドルの制裁関税を発表したタイミングに合わせて、両氏がドンピシャリで中朝首脳会談をセットしてみせたのは、心憎いばかりである。

 中国国営テレビは、正恩氏が会談で「(米朝)双方が一歩ずつ合意を履行すれば、非核化は新たな重大な局面を切り開く」と述べたと報じたが、2人が話し合った内容よりも、中朝が気脈を通じているという事実をトランプ氏に見せつければ、互いにそれで十分だったのだ。

経済と外交は不可分だ

 今後はどう展開するか。

 習氏が依然「正恩カード」を握っているうえ、トランプ氏が習氏に正面からケンカを売ったとなると、米中関係は言うに及ばず、朝鮮半島情勢も不透明にならざるをえない。

 中国が米国をけん制するためには当面、正恩氏に妥協してもらいたくない。正恩氏としても結論を先延ばしして、時間稼ぎするに越したことはない。正恩氏はもともと制裁解除と経済支援目当てで「段階的で同時並行的な非核化」という立場である。それには、なにより時間が味方する。

 トランプ大統領は通商政策で攻勢に出たように見えて、実は朝鮮半島問題では守勢に回ってしまったかもしれない。

 マスコミは安全保障は政治部、経済問題は経済部というように、取材記者の担当分野が分かれているから、朝鮮半島問題と米中貿易戦争を別々の問題として報じてしまう。だが、大統領の頭の中で両者が切り離されているわけではない。それは日本の首相も同じだ。

 米中貿易戦争と朝鮮半島情勢を切り離して考えるのは、ナンセンスである。両者は分かちがたく結びついている。

 以下、参考のために関連の時系列をまとめておこう。

———-
3月22日 トランプ大統領が知的財産権侵害を理由に500億ドルの対中制裁関税を発表
3月25~28日 中朝首脳会談(北京)4月27日 韓国と北朝鮮が南北首脳会談で「板門店宣言」を発表
5月7~8日 2回目の中朝首脳会談(大連)
16日 金桂寛(キム・ゲグァン)第1外務次官が「首脳会談を再考」発言
21日 ムニューシン財務長官が対中制裁関税の棚上げを発表
22日 米韓首脳会談。トランプ大統領の「(習氏は)ポーカー・プレーヤー」発言
24日 崔善姫(チェ・ソンヒ)外務次官がペンス副大統領を「愚か者」と非難
同日 トランプ大統領が米朝首脳会談の中止を発表
25日 崔善姫外務次官が「会談は必要」。金桂寛第1外務次官も「中止は遺憾」
6月1日 金英哲(キム・ヨンチョル)朝鮮労働党副委員長がトランプ大統領と会見
12日 シンガポールで米朝首脳会談
15日 トランプ大統領が500億ドルの対中制裁関税を承認
17日 中国も対抗して500億ドルの報復関税を発表
18日 トランプ大統領が2000億ドル、10%の対中追加関税を発表
19~20日 3回目の中朝首脳会談(北京)
———-

長谷川 幸洋

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180622-00056221-gendaibiz-int&p=3

みんなの意見


名無しさん
問題はアメリカは貿易をある程度しなくても、国内資源でやっていけるということ。中国は長期的に見たら、貿易制限を受けて、やっていけるかしら。アメリカ政府はそこも着眼に入れているのではあるまいか。

“情けは、人の為ならず!”
中朝タッグは、米韓タッグより強いのは間違いない!
米韓の信頼感の無いタッグが初回の米朝首脳会談に見られ、中朝に読まれていては、今後とも貿易戦争も朝鮮半島の非核化も交渉が難しくなって来たのは間違いないのではないだろうか?

名無しさん
我慢比べなら先に倒れるのは中国。
昔のレーガン大統領の時と、にてますね。あの時はロシアは負けました。

司馬至
金正恩カードってウルトラレアなのかな?

名無しさん
文とトランプが朝を国際社会に引っ張ってきたのは一定の評価ができるが、密な中朝タック(親分子分の関係)を作り上げたマイナスのほうがアメリカの足かせになるだろう。

綺人偏人
金正恩は何センチ高のシークレットブーツ?
今度それが分かれば習近平は同じ高さのシークレットブーツを着用して再会すると面白い。

名無しさん
不正に元を操作している中国に関税を課すのは当たり前の話ではある。

名無しさん
米国は北朝鮮にたいして、開戦と言うカードを持っている。
中国はこのカードは切れないと思ってるのかな?

国家基本問題研究所って何
まぁトランプの心までは分からないが。
北朝鮮できんぺーが本当に邪魔と感じら、本来のターゲットである中国に直接動くと思うけどなぁ。
北朝鮮は一旦横に置く。
俺ならそうする。

笑々
米国が貿易戦争に負けると言う事は、基軸通貨であるドルの信用が失墜し国際的な発言力が無くなり、今のロシアみたいになってしまいます。

名無しさん
そう思わせたいだけ?

名無しさん
習近平と金正恩は同類。軍事・貿易の両面で最大限の圧力をかけるしかない。このところ韓国のなんちゃら大統領は静かで出る幕がなくなったね。

名無しさん
習近平は、世界平和の為に、居なくなって欲しい……
必殺仕掛人に頼むか……(笑)

名無しさん
このまま何も進展しない、
というのが良さそう。

名無しさん
相棒が誰とか言うより、無駄に時間稼ぎをしてると言う見方だよね。

名無しさん
やっぱり長谷川幸洋の願望だけの適当記事でした(笑)
ニュース女子出演者の記事はウケ狙いのおもしろ記事として読むと良いですよ。

名無しさん
北が赤に走れば振り出しに戻る。皆さんお疲れ様でした。

名無しさん
また、最大限の圧力作戦に変更したら?

moonrose
中共はもうダメポ。
そもそも軍事力でも経済でも米に勝ち目は無い。
敵と見做された時点で終了。

マリア
金正恩ってほっといても病気で早死にするんじゃないかと思うのは私だけか。

いっぴ
ビーンボールなんて言わずに顔に当てればいいのに。

ddt20t31
2回目の米朝首脳会談はまだしてないよね。

8次元
どうしても戦いたい人達だけが火星へでも移動して戦えば。

pupupu
貿易と国際政治は一体でしょうね。
どうなることやら。
(•ө•)♡

反日パ.ヨク野党マスコミは特亜の下僕
特アが存在しないのであれば、このような事態にはなりえないのにな。

天丼二号
中国やEU.TPP11と米国は貿易戦争に入るみたいだが三正面作戦がはたしてできるのか?

名無しさん
今になって思えば、、、だってさ、この程度のコメンテーターしかテレビに出てない。

名無しさん
今時、アメリカは中国に投資してたんだね。トランプ大統領な経済人なのに?

名無しさん
やっぱり、おじちゃんが好き️
と言っているのかな~。

名無しさん
とりあえず 中国をつぶしてほしい。

名無しさん
是非無慈悲にやっつけて下さい。

名無しさん
金正恩カードの取り合い?

名無しさん
ぶぶーっ!記事読むより、この写真にいきなり吹き出したわ!

名無しさん
とにかく金正恩氏が改心して世界を平和に。それにつきる。争いはやめて。

このコメントは非表示対象です。投稿内容に関する注意十六夜のあてなよる
日本のメディアでは殆ど言われていない事だけれど、今回のディールというのは、全てイラン絡みという事なのではないですか。
北は核開発や生物化学兵器の技術供与をビジネスにしていますよね。米は、それを絶対に止めねばならなかった。米にとって最も重要な国はイスラエルです(ユダヤという言い方は少し違う。ユダヤ教じゃないイスラエルも絡んでいるのだから)。イランに核を持たせるわけにはいかない、そうすれば中東の秩序は崩壊し、イスラエルは存亡の危機に陥るから。北は米国カードとチャイナカードを持つ事になった。北にとって最も脅威なのは実は米ではなく、チャイナなんだと。斬首作戦を実際行動に移そうとしたのはチャイナだったわけで(金正男暗殺の必要性を見れば)。具体的に南下出来るのもチャイナ。チャイナには米国カードを使い、米にはチャイナカードを切る。
北をシンガポールのような国にしようとすると金は、したたかである事は確かだ

名無しさん
外交と交渉は同じではない。
外交の手段が武力、経済、交渉。
日本は武力を見せる事は出来るが使えない。だから相手は恐怖を感じることは無い。
今のトランプ大統領はこの3つの力を目的のためこれまでの慣習を無視して縦横無尽に使っている。
これに対して近・金コンビがいろいろやってくるが、今後の展開は見もの。
日本はこの近・金コンビを如何にして分断するか。
近・金コンビの利益が相反するのは対ロシア政策か。
ロシアに塩を送るか。

名無しさん
そもそも中国サイドに、アメリカに勝てる要素が、一切ないだろうに。w
北朝鮮を擁護するなら、国際的に制裁網を強化していくだけだ。悪いのは北朝鮮という構図は変わらないのだから。
中国(ロシア?)の意図なんざ、まるっとオミトオシなの。わかってて泳がせてるだけだよ。笑

一言言いたい年寄りの愚痴
トランプの手法は、アジア各国に限らず世界中の国の政治・経済・軍事におけるスタンスを確認する上で非常に有効である。この点だけでも今までの見せかけから本音に変えたトランプ外交の功績は大きい。こと東北アジアに関しては、朝鮮半島に限らず、東南アジアに至るまで中国の影響力は強く、それが歴史的な基盤に基ずくだけに北朝鮮や韓国の動きを軽視してはならない。逆に言えば、北や韓国を信用するのは愚か者のやる事だ。もうすぐトランプもそれが分かるだろう。

名無しさん
だけどチャイナは長年、対北では何もしてこなかったんだよね。米国務省が絡んでいない以上、今までのやり方はトランプ政権には通用しないよ。


PDF