ワールドカップで世界各国が沸き返る中、アルゼンチンでは盛り上がりに乗じたある犯罪が摘発されました。

 こちらはワールドカップのトロフィーのレプリカ。割れている物もありますが、中から出てきたのは白い粉。実はこれ、コカインで、アルゼンチン・ブエノスアイレス州の治安当局が22日、コカインと大麻をワールドカップのトロフィーのレプリカに忍ばせて密輸していた組織を摘発したと発表したのです。

 当局によりますと、この摘発で大麻20キロ、コカイン10キロ、「パコ」と呼ばれるクラック・コカイン1800回分、そして現金40万ペソ、日本円でおよそ160万円が押収されたということです。

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20180624-00000019-jnn-int


PDF