今年3月、練炭自殺にみせかけて、弟(40)を殺害したとして大阪府警に6月20日、逮捕された足立朱美容疑者(44)。その動機はいったい、何だったのか。
父親が経営していた建築会社を最初は姉弟で切り盛りしていたが、6年ほど前に弟が独立。朱美容疑者が父親の後を継ぎ、社長となり、関係に亀裂が生じたという。


「弟の会社が朱美容疑者の会社より業績が好調だった。仕事で競合することもあったようで、朱美容疑者が嫉妬し、弟の会社がなくなれば、業績をアップさせることができると犯行に及んだのではないか」(捜査関係者)

 だが、それだけで弟に手をかけるというのは、あまりにも短絡的に思える。朱美容疑者の知人はこう話す。

「朱美容疑者は、建築関係の資格や教員免許も所持していて頭の回転が早く、クレバーです。けど、気に入らないことがあり、頭に血が上ると激情して、何をするか手が付けられないところがある」

 すでに本誌が報じたように朱美容疑者が自作自演のカモフラージュで墓穴を掘り、逮捕されるきっかけとなったのは、自身を正当化する「怪文書」を4月、ばら撒いたことだった。名誉毀損容疑で家宅捜索を受け、大阪府警が朱美容疑者のパソコンなどを押収し、解析した結果、殺人容疑での逮捕へつながったのだ。

 朱美容疑者の自作自演といえる奇妙な犯行はこれだけではなかった。実は2006年8月にも事件を起こしていた。当時、朱美容疑者は郵便局に勤務する夫、子供らと暮らしていたが、離婚問題が浮上。

 子供の親権をどちらが有するか、夫婦間で揉めていたという。

 すると、朱美容疑者は夫の定期に大麻を隠す、という行動に出た。

 夫が仕事に出て行くと、朱美容疑者は匿名で「大麻を持っている男が駅にいる」と警察に通報。警察が駆け付けたという。

「朱美容疑者は、匿名の通報だけではなく、事情をよく知らない女友達に夫の細かな特徴を伝えて『自分は顔を知られているので代わりに警察に突き出してほしい』と依頼。通報で駅にやってきた警察を女友達に誘導させ、夫を捕まえさせた。しかし、夫は大麻の所持を否認。女友達に警察が詳しく事情を聴くと頼まれたと供述し、朱美容疑者の自作自演がバレて、大麻取締法違反(所持)容疑で書類送検された」(前出の捜査関係者)

とんでもない犯行の動機について朱美容疑者は当時、「夫が逮捕され刑務所行きになれば、離婚後、子供の親権が自分のものになると思った」と語ったというのだ。

 虚偽の罪で夫を逮捕させてでも自分の思い通りに物事を運びたいという恐るべき執念。

「夫は警察に対して『以前、飲み物を飲んだら急に具合が悪くなった。折り合いが悪い妻が何かを入れたのではないか思った』『大麻を入れたのは妻だ』などと説明していた。朱美容疑者は、犯行がばれた直後、離婚した。朱美容疑者には多額の借金もあったようだ」(前出の捜査関係者)

 夫とも金銭面でトラブルが絶えなかったという。

 今回の殺人と大麻事件には共通点があると捜査関係者はみる。

 今年1月には糖尿病の持病を持つ父親が朱美容疑者の作った甘酒を飲み、2度も緊急搬送されていた。父親はその後、低血糖の症状を発症し、植物状態になっている。

 母親も弟が実家で殺される直前、朱美容疑者に勧められた抹茶オーレを飲み、昏睡状態になっている。

「朱美容疑者は弟だけでなく、両親にも多額の保険金をかけていたとの情報もある。動機について捜査を急いでいる」(同前)

 否認を続けている朱美容疑者。「壮大な悪の企み」を描いていたのだろうか?(今西憲之)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180624-00000003-sasahi-soci&p=1


PDF