【AFP=時事】フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ(Rodrigo Duterte)大統領が先週、神を「ばか」者呼ばわりする発言を行い、カトリック教徒の多い同国では怒りの声が広がったことを受け、大統領周辺は26日、対応に追われた。


 ドゥテルテ氏は22日に行ったスピーチで、神はなぜアダムとイブを創造し、誘惑にさらしたのかという疑問を提起し、「このばかな神は何者なのか。完璧なものを創造しておきながら、自らの創造物を誘惑し、その品性をぶち壊す出来事を思い付くとは」と話した。

 過去2000年の間、キリスト教神学者らが説明に苦しみ続けてきたのが原罪の問題であり、ドゥテルテ氏は独特の物言いで、この難解な教理を取り上げてみせた。

 フィリピンは1億人を超える人口のうち、約8割がカトリック教徒。同国のカトリック教会の指導部は大統領の発言を非難し、フィリピン福音教会協議会も26日、「国民の大部分が深く信じているキリスト教の神をばかにしたようにののしるとは、わが国の大統領としては全くもって不適切」と指摘した。

 一方のドゥテルテ氏は、25日のスピーチでは自身の発言を擁護していたものの、翌26日になって大統領報道官が、同氏のコメントに関して宗教団体との「対話」を持つため、3人のメンバーで構成される委員会を設置すると発表。同報道官は記者会見で、「政府と教会の間の確執を緩和することがテーマになる」と説明した。

 大統領はこれまでも同国で伝統的に強い力をもつカトリック教会と、とりわけ数千人が死亡した麻薬取り締まりをめぐり、対立を繰り返してきた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180626-00000050-jij_afp-int

みんなの意見


吉田了一(仮名)
ドゥテルテの物言いは確かに良くないけど、宗教が争いの火種になっている現実から目を背けてはいけない。宗教を信仰する人間こそ現実に向き合うべきだと思う。過去にそれができなかったから数々の戦争が起きたはずだから

名無しさん
確かに神がいるなら人工島に軍用機は着陸しない

ハート様
なんだ、てっきり例の3カ国のことかと思ったのに残念だ。

名無しさん
もし神様がいるとして色んな悲惨な事件とか震災が起こるのを神様が許してるとしたらそんな神様いらね~って思う気持ちはあるよ

名無しさん
過激だけど的を射ている

名無しさん
なかなか良い着眼点だと思う。説明の仕方はあまりにも多く、素朴な疑問にどう答えるか迷うところでもある。バカの神の教義がカバラと言います。つまり、サタンの事ですね。麻薬関係者を見てどうするかの問いに対し、汝は進んで背負い、殺害する決断をした。背負わなければ見て見ぬ振りをしたか、自分も麻薬に溺れただろう。他の者なら違う方法を考えたかもしれない。麻薬に溺れた者に殺意を覚える事と、異性に誘惑される事は、神の試しという点では同じであるという事だ。何故なら、根本が皆同じであれば、個性など存在しない。個性を作る為には試しが必要となる。政治においては独裁と民主主義と言える。殺すという事は異なる個性を無くし独裁独善への選択と言える。異性に誘惑されるというのは、命を引き継ぎ、新たな個性を生む基本である。しかし、更に大きな視点で見れば、創造と破壊のサイクルでしか無い。

名無しさん
ドゥテルテは,神を冒涜したのでは無く,教会の教義を批判したにすぎない。
ドゥテルテがどこまで理解しているのかはわからない。
だが,ドゥテルテの指摘は鋭い。
教会の教義の中で最大の誤りが,原罪の概念だ。
原始キリスト教における原罪の真の意味は,人間は本来,神の子であり,霊的存在であるのに,肉体が全てと思い込むと,霊的能力が失われるというものだ。
これは罪と言うより勘違いという方が正しい。
霊的存在である事を思い出せば,それで解決だ。
知識の木の実とは,本来,人間は善悪を直感で理解していたのに,肉体的存在になった途端,叡智が曇ったため,それを知識として学習せざるをえなくなったことを表す。
教会は,人間は罪の子であり,神と直接繋がることはできないとし,教会を神と人間の仲介役と位置づけた。
これは一種の営業トークのようなものであり,インチキ以外の何物でも無い。
批判されて当然だ。

かぶき者
善人がいれば必ず悪人もいる。
この道理から、神もいれば悪魔もいるという理屈になる。
悪魔の存在を無碍に出来ないから、人は悪にも染まる。
だから、神そのものの存在を否定することが、悪も否定出来る唯一の理屈となる。
恐らく、そう言いたかったんでしょう。
神仏に帰依するものほど、本性は悪であり、それを必死に隠すために何かに狂信する。
神父はよく「神の代理」と言われてますが、その理屈も説明出来ます。
これは専門分野の一つとして捉えれば説明しやすいので、物事を経済に置き換えますが、田原さんのような弁者と、池上さんのような弁者で区分すれば分りやすいと言えます。
田原さんは専門用語の羅列で、それはその分野にいる者でないと理解出来ないが、池上さんは噛み砕いて万民が分りやすいように説明しています。
この池上さんの行いこそが神父の立ち位置なんです。
神の声が聞こえてるわけではないんです。

名無しさん
無宗教な日本人からみればこの人正直に面白いこと言うなって思う
ほんとにこの国変えてくれるかもね

名無しさん
自然災害の多い日本ではどんなに神様を信じていても巻き込まれてしまう。その為、日本人は最悪の事を考え、まず自分達が出来る事をやる。それでもダメな場合、どうしょうもない時に神様にお願いする。
フィリピン人は最悪の事は考えない、なぜならいつも神様に頼んでいるのだから悪い事は起こらないと思っている。神様が自分達のすべてになっているので神様の悪口を言うと大騒ぎになってしまう。
犯罪、麻薬、汚職などで最悪になっていたフィリピンを立て直したのは神様ではなく、ドゥテルテだと言いたいのかもしれない。
ドゥテルテ大統領は最初に自分は神の指示で動いていると言えば良かったのかも。

じゃこうねずみ
まあ、品の無い言い回しが問題になったにせよ、
一神教が内包する矛盾点というか問題点を端的に
指摘しておりますね。
アダムとイブをたぶらかした蛇を造ったのも神。
堕天使たちを造ったのも神。
善をもたらすのも、悪をもたらすのも神。
かつて世界を創造したのも神なら、やがて滅ぼすのも神。
ノアの大洪水やらかしたのも神。
モーセ五書の頃の神はそうした存在でした。
ゾロアスター教の影響を受けた為とも言われていますが、
ある時点から神を「正義の存在」にしてしまった為に
大いなる矛盾が生じてしまっております。
完全な神である為には、善悪を両全している必要があるのに
その半分を否定してしまった訳ですから…
で、その矛盾点を補うべく想定されたのが、悪魔。
多神教なら、こんな問題なんか端から生じないんですけどね。

名無しさん
無神論者にとっては理解できる面もある。ただ神を信じることで生きる意味を見出し貧しくとも心の支えとして頑張ってる人々もいる。一番いけないのは争いのネタに神を利用する為政者。

名無しさん
神様は「いるかいないか」と考えるレベルのものではないと思う。
神様が「自分は世界に生きていていいんだという自己肯定感」を与えてくれる。そのことが人生に絶望を感じている人々の心にどんなに安らぎになることか。
 信じる人にとって、その神様を否定されることは、自分の存在意義を否定され、絶望の穴の中に自分が再び落とされる感覚になる。
 
「神は偉大なり」といって自爆するのは「自分に存在価値を吹き込んでくれた神を死んでも守りたい」という願い。
正しいとか、正しくないとか以前に、神様はそういう存在だということを理解しておく必要があると思う。

名無しさん
良いこと言うね。

名無しさん
正しい事を言われると困る人が沢山居ますね。

名無しさん
現在の日本に住んでれば、(私も含め)到底世界の宗教観は実感出来ない気がする…
義務教育が根付いている現在の日本にとって、宗教は一部の思想やモラルを育成させる存在でしかないけど、世界の宗教は教育の部分も含まれているので「すりこみ」がハンパない。
そういう意味では、日本の思想はニュートラルに近いのだろうけど、逆に世界的には少数派なのだろうね。
今回のような、哲学的な見地と実際の宗教書との矛盾は、永遠に平行線だろう…難しいね。

名無しさん
原罪に関して明確な神学的説明がつかないみたいに書いてあるけど、ウソだよ。
神は人を神の似姿に造った。つまり、神が自由で、完全に自分の行動を選択できるのと同じように、人間も、尊厳ある存在として神に従わない選択肢も与えられる必要があった。その中で自発的に神に従ってほしいというのが神の期待だった。
別に大して難しい神学的課題ではない。事実私も、特に教わることなく理解していた。

Hesed
彼は冒涜の罪を犯した。原罪は、自由意志を持つ被造物の存在としての最終選択だった。原罪だけによって地獄に行くことはないが(黙示録20章)、原罪を持って生まれたからこそ、人間は悪魔と違って、罪を悔い改めてキリストの贖罪を信じることによって救われる余地が与えられている。(ローマ人への手紙1章-12章) 
「だれでも誘惑に会ったとき、神によって誘惑された、と言ってはいけません。神は悪に誘惑されることのない方であり、ご自分でだれを誘惑なさることもありません。人はそれぞれ自分の欲に引かれ、おびき寄せられて、誘惑されるのです。欲がはらむと罪を生み、罪が熟すると死を生みます。愛する兄弟たち。だまされないようにしなさい。すべての良い贈り物、また、すべての完全な賜物は上から来るのであって、光を造られた父から下るのです。父には移り変わりや、移り行く影はありません。」(ヤコブの手紙1章)

名無しさん
神様が本当におられるなら、これ程までに宗教に根源する醜い争いは起こらないのではないでしょうか?特に一神教にはかなり無理があると思う。キリスト様が本当の神ならばモハメッドは嘘ということになるし、モハメッド様が本当ならキリストは嘘になる。。。これでは、平和が保てるわけがない。

名無しさん
俺はキリスト教を信じないけど
信仰って信じない自由がなければ洗脳だし、善行も悪事がなければ善行にならない。
禁断の果実がなければ人間の意志を試す機会がなくなってしまう。
人間を洗脳されたロボットではなく自立した人間にするためには人間から見た不都合な物が欠かせなくて
人間は大きな存在に導かれながらも自らの欲で自滅しているんだと思う。
神から見た物事の必要性は人間からは想像もつかないと思うな……

0721shikoshiko0721
神が人間を創ったのではない
人間が神を創ったんだ。

名無しさん
人間以外のことを恐れたり敬ったりするのも宗教だし、その点日本は無宗教の人は少ないし”そういう信仰”を持っていると言えるのに、信仰を馬鹿にする人が多い気がする。
そういう人は人間以外の何かにお願いをしたり、地鎮祭をしたり、先祖の霊を慰めたり、しないんだろうか。
左派の突き詰めた思想が無宗教・無信仰だから、ここでこういう意見の人が多いのが非常に意外だった。

次鋒レオパルドン逝きます!
神などいらん。
今や揉め事のタネじゃねーか。

名無しさん
宗教って必要なのかな?どうみても戦争の火種になってる。
そりゃ病気治したり、水の上歩いたり、復活したりすごいけどさ。

名無しさん
神は、いつも私達を試している。
悪魔と天使を行ったりきたりしている私達を、試している。
天地創造と、その完璧な人間をつくったのにアダムとイブをはかる、試す行為が、愚かなばかな神、と言っているわけで、神自体を侮蔑しているわけではない。
個人的には、ドゥテルテ大統領は、国内の麻薬犯罪者という悪魔と闘う、戦士ないしは神に仕える天使に見えます。
個人的には人間として好きですし、称えたい。
自分の国を良くしよう、という愛国心と強い意志があるから、素晴らしいお方だと思います。

名無しさん
人間が苦しんでるのは自由意志を与えられた悪魔サタンが反逆した結果で、人間もランクが高かった悪知恵のある悪魔に勝てるわけがない。
と思い、善悪の知識の木をエデンの園に置いて人間は裏切らないと最後まで神様は信じていたのだ。
しかし、人間も神を裏切った。
よって、キリストを地上に遣わされ完全なる命で人間の罪を贖ったのだ。
まもなく、大患難が生じてハルマゲドン、そして、悪の元凶サタンを闇に閉じ込めるのだ。
人間には長い歴史に思えるかもしれないが、宇宙の創生から考えればごくわずかな期間だ。

ドラマニ
万能な神がいるのに現実に不幸な事がある矛盾の説明として、キリスト教は神の試練と解釈したりするからね。
結果的におかしな事になる。

名無しさん
表面の発言に対するコメントが多いが、対立の背景は、麻薬の取締に教会が反対していることに、大統領が苛立っていること。
第三世界の事情だから、教会とマフィアが繋がっていても、おかしくない。例えば、小児性愛のことで教会がマフィアに脅迫されてるかもしれない。
だから、真の事情に詳しくない限りは、大統領と教会のどっちを支持するかは、よくわからない。日本の福田事務次官のケースも、海外から見るとこのニュースみたいに、面白おかしく報道されたんだろう。

名無しさん
イスラエルの山の神を『唯一神』にでっち上げて、人民扇動に用いるために造られたストーリですからね。
当時の支配階級が必ず名乗った『自らは神の子孫』との論理を覆すために。
結局始まりは、政府と反政府の理屈合戦でしかなく、長い戦いの末に現時点で『理屈だけが』優勢に立っているに過ぎません。
だから、誰であろうとその理屈を用いる事が出来るのでしょうね。
それが人を蝕む悪魔の薬の売人であろうと。
実際、中世では薬の取り扱い(幻覚剤含む)も『神の御業』扱いだったこともありますし。

名無しさん
神はいると信じる者にはいるし、信じないものにはいない。信じない者がいないと思うからといって、すべての人にいないと断言はできない。
信じてる人が多い国で、この発言は相手を思いやることができない、もっと下世話な言葉を使えば、これを言ったら自分は選挙民からどういう評価を受けるだろうかが想像できないバカ者の発言。
ドゥテルテの天下もそろそろ終わりかな。西のトランプ、東のドゥテルテで面白かったんだけど。

名無しさん
「宗教が戦争を起こす」と言う人が多いけれど、果たしてそうかな?では宗教を否定している国は戦争を起こさないかと言えば、中国や北朝鮮をみてもわかる通り、そんなことはない。結局は、宗教があるかないかは、関係ないのかもしれない。実際、世界宗教を信じていて戦争を起こしてきた人間は、本当は信仰心がなかっただけではないのか、という気がする。

名無しさん
言葉に問題があるが、いい意味でリアリストだなとも思う。
それはこれまでの経歴が物語っていて、これだけ能力があるフィリピン人ならば、もっと私服を肥やす方向に走るのに、本当に国民のために、乱暴だけどこの人なりのやり方で頑張っている。

名無しさん
信仰心は大事だが
それだけにどハマりして
神というモノがこの世に本当に存在する
神が何かをしてくれる
神が助けてくれる
自分の想像する神が唯一の神だ
なんて本気で思っちゃっているヤツが
テロや戦争を起こしている
神という存在を利用して人間同士同じ方向を見て助け合っていこうというのが目的。

名無しさん
ドゥテルテという男はとても単純というか根は素直な男と思う。
悪態とか目立つが、天皇陛下とか会ったらすぐ、やっぱ天皇陛下って素晴らしいわとコロッと何もかも変わって帰られた。
キリスト教は悪態に腹立つことなく、自分達のよさを示したり伝えることができたらコロッと変わると思う。ただし、良くなかったり伝えられなかったら悪態は深刻化すると思うが。

名無しさん
元々フィリピンのキリスト教だって無理やり布教したもんだしね。
今の状況見れば神も仏もあったもんじゃない。
確かに神頼みじゃあダメだよね?

ryu_sendo
あらやだ、ドゥテルテあったまイイ~。
長い長い間の疑問質問大疑問を、こうもあっさりと解決したんのは。
いやぁ~、立派立派、福音派は批判した後にドゥテルテに回答したんかいな?できんかったんだろ?
ほりゃぁ、いくら批判してもドゥテルテさんは意に介さんぞ?
もっと言えば、福音派は神様は天才では無い事は理解できたよね。
あとねドゥテルテさん、細かい事だけど、創造主と神様は別なんだけどね。

名無しさん
私もそう思います。キリスト教の所謂人間の原罪って、
神がヘタレを作っただけでしょう。ちゃんと作れよと思いますね。
とは言っても人様の信仰の自由は認めますよ。只、宗教間の争いが理解できない。多神教の日本では1人2人神さまが増えたところでどうってことはありません。このおおらかさがとっても好きです。

名無しさん
影響力が強い教会は政治に口をだしすぎてる
 同じカトリック系国家で離婚を認めてないのはフィリピン含め僅か
 何度も法改正しようとしたが、都度教会の猛烈な反対を受けできず
 事実婚が増え、片親のケースが増えることになり子どもが困ることも
 ドゥテルテ氏しか教会の影響力を下げることはできないと思われるので
 教会が敢えておおごとにしてる可能性がある

名無しさん
私は、神の存在を肯定もしなければ否定もしない。
神の存在を証明するのは、不可能とは言えないが非常に難しい。
しかし、存在しない事を証明するのは、絶対に不可能だ。
そもそも、存在するかしないかなんて、誰にも分かるわけがない。
神はいないと言う人は、何を以って、いないと断言するんだろう?

名無しさん
日本は信長が宗教勢力を弾圧し戦闘能力を奪ったおかげで平和になったので良かった。世界的には宗教が戦争を招いているのは事実だし、表現の仕方はともかく宗教に光と影が有るということは認めるべきだろう。


PDF