細野豪志元環境相は、2017年の衆議院選挙の期間中に証券会社から5,000万円を受け取っていたことについて、「借り入れは事実だが、使用していない」などと釈明するコメントを出した。

27日午前、細野氏は「すみません、ちょっと、このあと予定があって」と語っていた。

細野氏の事務所は27日午後、コメントを出し、2017年の衆院選の投票日の前に、証券会社から5,000万円を借り入れたことを認めた。

さらに、「秋以降、急な政治資金が必要になる可能性があると考え、個人として借り入れたが、特段の需要も発生せず使用しなかった」と説明している。

また、借り入れの事実を衆院選投票日時点の資産等報告書に記載しなかったことについて、「借り入れを選挙後に行ったと認識していた。誤りに気づき訂正した」と釈明した。

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20180627-00395154-fnn-pol


PDF