スペイン・ナバラ州エステーリャにある教会が、大変な事態に見舞われている。
地元の業者に「清掃」を依頼し預けた彫刻が、“恐ろしい状態“で帰ってきたというのだ。


問題になったのは、16世紀に制作され、礼拝堂に飾られている聖ジョージの木製の彫刻。

現地メディアによると、教会側は「修復」ではなくあくまで「掃除」を依頼していたが、業者によって勝手に修復されたという。
その結果、500年という年月を経て作品の一部となっていたヒビや、褪せた色彩の面影もない姿になってしまった。

この一件を受け、スペインの芸術保護協会(ACRE)は緊急声明の中で、「これ以上、文化遺産に対する攻撃を容認できない」とし、「エステーリャでのサン・ホルヘの再塗装は、文化遺産への介入を規制しなければならないことを明らかにした。
この種の侵略を非難する必要がある。文化遺産は危険に晒されている」と述べた。

エステーリャのレオス市長は26日、ガーディアンの取材に対して「今回の修復作業は地域の遺産機関によって認可されておらず、町の当局にもわずか数日前に通知された。また、その時点で既に彫刻にはかなりのダメージがあった」と答えている。

また市長は今後専門家を召集し、元の状態に復元することが可能かどうかを確認するとしたものの、「修復した業者が石膏と適切でない種類の塗料を使用しており、彫刻の元の塗料の層が失われた可能性がある」と懸念を示したという。

Twitter上では様変わりした聖ジョージ像の姿を、ベルギーのアニメ『タンタンの冒険』の主人公「タンタン」や、日本の漫画『ワンパンマン』の「サイタマ」、レゴなどのキャラクターに重ねる人もいた。

スペインの公共放送・RTVEによると、政府は聖ジョージ彫刻修復に関して処罰も検討しているという。

ここに引用文が入ります。

みんなの意見


名無しさん
なんで価値のわからない奴に依頼するのかな?

名無しさん
ひどいね。
てか、笑ってしまいました。
ごめんなさい。

名無しさん
清掃、を依頼した訳でしょ⁈
清掃業者に。
良かれと思って、余計な事されちゃうってあるわ。笑
でも依頼、伝えた方の責任だと思う。

ピヨピヨ
以前あった女性画家の件も酷過ぎて衝撃的だったけど、今回も酷いね。。。
これで大丈夫だと判断する感覚が、なんかもう自分の感覚と違い過ぎる。。。

名無しさん
協会も安さだけを求めて怪しい業者に頼んだんだろうね。
少なくともプロの業者なら、清掃と修復を勘違いしたとしても、「本当にこんな歴史的価値の有るものを修復して良いんですか?」と聞き直したり、修復するとしても、修復後のイメージ図を作って「この様になりますが良いですか?」と修復に着手する前に確認するなりしたでしょうね。
そもそも、新しく上塗りしただけで、修復ってレベルの作業じゃないし。
しかも「適切でない種類の塗料を使用」って、どれだけ怪しい業者に発注したんだよ。
協会の自業自得。

mirumo
政争と修復の勘違いというより
これは修復ではなくガキの創作だろう。
見比べるとあまりに違いすぎる。
どうやったら修復するつもりがこうなる。

名無しさん
とある途上国で、商品を作らせた時と同じですね。
図で描いたり、サンプルを持ち込んで作らせても、勝手に、もっとこうしたほうがいい、という手法を加えられ(まさに蛇足)てしまい、販売できないようなものを作ってしまう。
なので、完成するまで必ずクオリティチェックをする人材をかませなければならない。
日本でも外国人労働者を導入する際に、とても発生しやすい事案。

ツゲ
反対の意見も多いと思いますが、個人的には形あるものはいつか失われる物で、だからこそ価値があると思います。建築物のように危険あるなら修復すべきだと思いますが、それ以外は清掃も含めて手を入れるべきではないと思います。

名無しさん
清掃業者にやらせるから(-_-;)

名無しさん
業者って、こういうのは普通清掃も専門家に頼むんじゃないのか…?地元業者ってことは清掃の専門の方なんだろうね。文化財の専門じゃなくて。そういう意味では、非は依頼側にもあるんじゃないかな。文化財の価値を重んじてなかったのはどちらも同じだったということでしょう。知らなければ価値はわからないし、慣れたものにも感覚は麻痺するから。

名無しさん
ギャグだね。
笑えないけど笑っちゃう位に酷いな。

ななな
庇うつもりはないけど、みんなが有難がっている世界遺産とか美術品って、けっこうメンテナンスを受けているので、実際に完成した時代とは、似ても似つかないものになっているの、結構ありますよ。絵画なんかもそうで、モナリザなんかは、経年劣化で今の色調になってるけど、実際もっと彩度を上げた感じで描かれているはずなので、現代人のイメージと違うと思います。

名無しさん
酷すぎる。でも、笑ってしまう。良い表情。

名無しさん
申し訳ないけど笑ってしまった!
修復頼んだ結果が何かチガウ…って事なら
日光東照宮の猿がありましたね。
東照宮の方であれでいいのだという事なら仕方ないのかな
と、気持ちを飲んだ覚えがあるけど
頼まれてないのにやってしまうとは!
しかも仕上がりキツーイ(>_<)
唖然として笑ってしまったよ。

JaneDoe
スペイン人って、自由過ぎる自称アーティストが多いのかな? 
清掃も修復も今後、国内でなく海外の業者に発注した方がいいと思う。

名無しさん
この彫刻を宗教的な観点から見るならば、現代の人間が現代の感性で上塗りして、祈りの対象とすることに、何の問題もないだろう。
むしろ、彫刻を美術品として見て、「価値」に還元するげすな心が、今回の出来事を事件化してしまう。
一番醜いのは、業者をお前たちだ、と、神はご立腹に違いない。

名無しさん
いい表情してます

名無しさん
このスペインの”修復の絵”がある所は、けっこうな観光名所になっているという。
世界的なニュースになったからね。
たしかに、普通の修復よりは、比較にならないくらいのインパクトがあった。
一度見たら忘れられない”修復”だ。

名無しさん
ちょっとプラモとかかじってる程度でももっとうまくできると思う

ぷりぷり
スペイン語のことはわかりませんが、こう重なるとスペイン語に問題あるのかな?
方言で似た言葉とか、意味が2つあるとか。
日本でも、えっそういう意味じゃないよ!ってことがあるから。
でも、大事な遺産でこういう結果になるとは、文化遺産が沢山あるから、あまり気にならないのかな?

Whatcouldme
そういう人は自信満々で一人で取り組んじゃうからよっぽど酷い状態になるまで誰も突っ込めないんだと思う。「自分の思う綺麗な状態」にこそ価値があって、ボロボロの状態にはその状態なりに長い時間の経過による付加価値があることをわかっていないんじゃないかと。

suk&razumovsky
そもそも歴史的絵画や芸術品に修復が必要であるという考え方が、必ずしも適切ではないと思う。ものは古くなるし、修復するということは作品に手を加える(つまり一種、加工する)ということなのだから。古くなった古美術をあるがままで見つめるという発想も併せてもって欲しい。

名無しさん
よかれと思ってやってるんだろうが。
預けるものの歴史的な重要性とか事前に説明しないといけないのかもしれん。人によって価値が変わるかもしれんが、やられた方はたまったもんじゃないな。歴史や歳月がもたらしたものがなくなるのは、あっけないな本当に。

名無しさん
本物売って、贋作渡されたのではと勘繰ってしまう。
日本のように文化財保護法に似た法令はなかったのかな。
修復は専門機関か実績のある業者に任せなければならない。修復を依頼した方にも責任があるとおもう。

名無しさん
清掃もちゃんと文化財の知識がある業者に依頼しましょうよ…。
塗り替えされたのは予想外だったとしても、知識のない人に頼んだら、変な扱いをされる可能性くらいは予想できたでしょうに。

村夫子
モンキーキリストよりは面影が残っているかな。文化財と言うけど絵の保存等に国などはお金出しているのかな?教会任せだと専門家に修復やクリーニングは金銭的に頼めず町の業者さんに頼んでしまうのかな?
その辺りのシステムがよくわからないな。

名無しさん
あまりにも無知な人々のお節介を根絶するには、文化財保護法などの法律やら条例やらしっかり作って、専門業者に依頼、依頼側の担当者付きっきりで目を離さないようにしないと。二度あることは三度あるよ。

名無しさん
専門の業者じゃなくて安くあげようとしたからじゃないのコレ?
絵画や壁画専門の有名な業者なりに頼むべきだったのでは

名無しさん
専門家はボランティアじゃないし、技術確認なして自己申告した素人さんに丸投げしたんだろうね。
適切な予算を出さないと、結果ダメになる例は日本でもある。
保存するのにもお金がかかるし、処分したと思って諦めも肝心かと。

名無しさん
思いきり東洋人になっとるやないかーい
いや、今見てる歴史もこうやって何かのミスで書き換えられたものかもしれない笑

名無しさん
文化遺産が、戦争や災害で変わってしまうことは沢山ある。この彫刻の変化はそういうことの一つだと思いましょう。また将来違う形になるかもしれない。仕方がないことだったのです。

名無しさん
あれ?なんか妙に既視感あるニュースだけど、どっちもスペインだったんですね。とんちき修復はスペインのお家芸かいな。
笑えるけどひとしきり笑った後は虚無になる案件だね……。
件の壁画は思いがけず観光地化して地元が潤ったらしいけど、まさか二匹目のドジョウを狙ってわざとやったなんてこと、ないですよね?

名無しさん
日本には修復師やら宮大工やらがいるけど、普通の業者に頼んだのかな?その辺に売ってる絵の具で塗ったみたいだな。維持費もかかるんだからこういうのは博物館なんかに管理を任せたほうがいいんだな。

名無しさん
以前もあってはならない事だったが、一時的ではあるが、金儲けに成功してるからな。今回も開き直って金儲けしたら駄目だよ。

名無しさん
結局、修復にしろ清掃にしろ、専門業者は高いから費用をケチって知識も理解も無い素人や安い業者に頼むからこのような取り返しのつかない事に成る。この手の事案は依頼側の責任が重いと思います。

名無しさん
この記事読みながら
はて?「過去にも悲惨な類似した事件が〜?」
最後の方に欲しかった情報がしっかりとw
完璧なフォローありがとうございました(≧∇≦)

pinoko
大事な文化遺産とかそういったものは、専門家に任せるべきだよ。頼む相手を間違えたね(汗)頼んだ方の責任もあるかと思うけど・・・。

JAPAN-evolution
見ざる言わざる、や姫路城もそうだけど、本来の形に戻したら批判が起こる。
今しか知らない人は綺麗すぎると。
しかし、これも完成当時は修復後と全く同じだったかもしれない。多分違うけど(笑

名無しさん
それほど文化的価値のある美術品の清掃業務を、そこらへんの無学な業者に委託したことがそもそもの問題です。教会はもっときちんと美術品維持専門の業者に委託すべきでした。

名無しさん
不謹慎だけど笑ってしまった。
当時より文明は進歩しても芸術はそれに比例しない。
しかし文化がどうのこうの言う割にはロクな調査もせずに依頼を出すほうもどうかしてる。
モンキーキリストで何も学ばなかったのだろうか。


PDF