元ライブドア社長で実業家の堀江貴文さんが出資する
宇宙ベンチャー、インターステラテクノロジズ(IST)の小型ロケット「MOMO」2号機が、
打ち上げ直後に落下、炎上した。

小型ロケット「MOMO」2号機の射場から約4キロ離れた有料観覧席には、多くの家族連れが集まり、打ち上げを見守っていた。

 午前5時30分、カウントダウンがゼロになり、ロケットのエンジンが噴射する赤い炎が見えると、「おー」と歓声が湧いていた。
だが直後に炎があがり、「ドン」という爆発音が遅れて聞こえた。

 距離が離れているため、肉眼では炎しか見えず、観覧席からは「どうなったの」「いつ上がるの」と不安がる声が次々に起こり、その後沈黙の時間がしばらく流れた。

 射場の近くに置かれたカメラの映像では、機体は10~20メートル上昇した後、エンジンの燃焼が弱まってほぼ垂直に落下。
地面にぶつかり、10秒足らずでバラバラになって炎に包まれていた。

 エンジンはエタノールと液体酸素を燃料にしており、延焼の可能性もあるため、午前9時現在で社員らの立ち入りができない状態が続いている。

 計画では、打ち上げから約4分で宇宙空間(高度100キロ)に到達し、そのまま弧を描いて太平洋上に落下する計画だった。(浜田祥太郎)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180630-00000012-asahi-soci

みんなの意見


名無しさん
H2も最初は失敗続きだったし、こういうのは仕方ないよ。失敗から学ぶことは多い。

名無しさん
国がバックアップしてる機構でも当初のH2は失敗の連続でしたから。
ましてや民間でしょ。そんなに簡単にいくわけないし、失敗は成功の元であるわけだから。確かにお金はかかるし、結果を求められるのは仕方ないところもあるでしょうが、こういう努力の積み重ねが花開くときがくることを祈ってます。

名無しさん
延期に延期で遂に発射となったが、こういう結果になると宇宙事業の難しさを実感。お金がどれだけもつか分からないけども堀江さんには諦めずチャレンジしていただきたい。

名無しさん
凡ゆる危険性を踏まえての挑戦ですからね、人的被害が無かった事は不幸中の幸いであり、技術研究員の方達も一様にこればっかりは安堵したんじゃないかな、
医療含む全ての今ある成功の裏側は多くの尊い命(小動物など生体実験の犠牲)があったり、度重なる失敗から学び得た結果がある訳で…
失敗から学ぶ肯定的な発想への切り替えこそが人として如何に大事で、より成長を促してくれるものかと。
全てはバランスなのかなぁ、
個々の人生も同じでしょうね。

名無しさん
ロケットが大気圏外へ出るのに、地球の自転の遠心力を利用してると聞いたことがあります。種子島にJAXAの発射台があるのは赤道に近いほうが自転の遠心力が強いからだと。
最初に北海道で発射すると聞いたときはその部分をどう克服するのかと思いましたが、まだそれ以前の段階のようですね。あとどのくらいチャレンジできる資金があるのか分かりませんが、いつか成功したら良いですね。

Shiba-ken
イプシロンロケットもあるし、こういうロケットの需要があるかがわからない。
飛行機だって事故は避けられないじゃないかと言うかもしれないが、民間レベルのリスクヘッジで実験して、空からコントロールできない物体が落ちてくるなんて、恐怖でしかない。
例えば予定軌道の範囲内に船舶が航行していないとか、そこまでちゃんと管理できてるのかな?
技術開発やチャレンジは必要だが、それをする相応の立場ってものがありませんか?

Eng*cho*
失敗続きだと資金的に火の車では?製作はどこでやってるのだろう?
ロケット制作に経験深い企業だろうか?グループにロケット専門家がいても実物製作と成ると物つくりのベテランが必要だろう。
IHI(個体)や三菱(液体)の様な専門メーカーが絡んでるのかなあ?
失敗は成功の基と言うがあまり続くと資金ショートでプロジェクトそのものが空中分解の危険も?民間で頑張ってほしいが気に成る。

名無しさん
志は素晴らしい。でも、今回の失敗は…。映像からしてもロケットが
飛ぶ以前の問題が原因なのかな。(浮いただけって感じでしたね。)
限られた予算の中でのことなので仕方がないのかもしれないですが、
資源も、お金も、志もすべて有限のもの。なんとか限界が来る前に
成功することをお祈りします。

名無しさん
民間レベルでも中国は既にかなり高度な技術を有して打ち上げも成功しているがこの差は何だろう。もう少し期待できるとおもっていたがスタッフをどこから集めてきたのかな。最近の日本の理系の頭脳劣化が原因でない事を祈ります。ロケットの落下の仕方がショックだった。

名無しさん
人的被害がなかったのは不幸中の幸いだったが、これが民家に落ちたりしたら、大惨事になっていた。もし自分の家に民間ロケットが落ちたら、みんな憤るだろう。
夢がある話だが、お金があるからと言って、民間人がむやみに手を出してはいけないと思う。

Eng*cho*
失敗続きだと資金的に火の車では?製作はどこでやってるのだろう?
ロケット制作に経験深い企業だろうか?グループにロケット専門家がいても実物製作と成ると物つくりのベテランが必要だろう。
IHI(個体)や三菱(液体)の様な専門メーカーが絡んでるのかなあ?
失敗は成功の基と言うがあまり続くと資金ショートでプロジェクトそのものが空中分解の危険も?民間で頑張ってほしいが気に成る。

名無しさん
金銭面で限界があると思う。
Spacex位の金銭面でのゆとりが無いと人材もトップクラスを集める事は不可能。

名無しさん
ロケットを飛ばすってのがこうも当たり前になってるから興味ない人には驚く事かもしれないが、アレは実に不安定で現代で国家機関が主導しても成功確率は五分五分。
だからこそ発射時に周囲の人を払うし、発射成功はニュースになるし、官制センターには安堵の声が広がるもの。
元囚人の人はまだ金持ってんだろ?またやればええやん。
人が怪我や死亡とかしなくて良かったやん。

名無しさん
今回は熱で飛ぶロケットよりも、反対のドライアイスや水使用のペットボトルロケットのほうが強かったって事かな。
失敗は成功の元。税金使いまくって作るロケット、ましてや失敗しても誰も痛くもかゆくもないロケットじゃなく、限られた予算内で失敗すれば自分等にも影響あるロケットを試行錯誤で作ってる人の方が偉いと思う。次頑張れって言ってもなかなか大変だろうけど頑張って下さい。

名無しさん
ロケット打ち上げは、そんなに甘くない。堀江さんは公演で「部品を考える上で、超精密な思考は要らない。町工場の親父が作れるくらいの物で取り組みたい」と発言した時に?と思った。何回も失敗を重ね思考は変化して行くんだろうと思う。
個人的には、リーズナブルに宇宙へ行けるロケットを開発するプロジェクトは、どんどん進めて欲しいと思っています。

CO80214
叩かれるのは分かっているが、ホリエモンの人生と同じじゃないのかな。

名無しさん
民間レベルでも中国は既にかなり高度な技術を有して打ち上げも成功しているがこの差は何だろう。もう少し期待できるとおもっていたがスタッフをどこから集めてきたのかな。最近の日本の理系の頭脳劣化が原因でない事を祈ります。ロケットの落下の仕方がショックだった。

名無しさん
志は素晴らしい。でも、今回の失敗は…。映像からしてもロケットが
飛ぶ以前の問題が原因なのかな。(浮いただけって感じでしたね。)
限られた予算の中でのことなので仕方がないのかもしれないですが、
資源も、お金も、志もすべて有限のもの。なんとか限界が来る前に
成功することをお祈りします。

名無しさん
本来の原因が判明していないので断言は出来ないけど、上記記事を読む限りでは、燃料混合試験がちゃんと出来ていなかったのかな?と素人目で思った。
完全に推進力不足ですよね。
いったいどのような試験をしてきたんだろう?
ちょっと知りたくなるね。
まあ、失敗は付き物だしね。
他の方々が言うようにH2だって失敗を重ねてきて今日があるからね。
めげずに挑戦し続けて欲しい。

名無しさん
失敗はそれ自体、問題ないでしょう。失敗から学ぶことは多いはず。
この失敗の原因を究明して、次につなげることが重要。確立された技術を単にコピーしても、意味が解っていなければちょっとしたことで、失敗につながる。コストダウンや新しい技術開発では尚更失敗はつきもの。今後に期待したいですね!

名無しさん
堀江貴文ってただ夢想家とか起業家を演じてヒマな金持ちから資金を集める興行師だからね。
ネッシーや埋蔵金を探すのだといってスポンサーを集めるような人々と同じで、どっちかというと成功してしまったら真面目にやらなくちゃいけなくなって儲けが減るから困るというような商売のやり方の人。
たしかに金と注目を集める才覚はあるものの、
下手に信じてチャレンジャーの失敗を笑ってはいけないなどと言うのはちょっと考えものだと思う。

アレクサンドロス
明らかにリフトオフのすぐ後に噴射が弱まっていて明らかにストップしているように見える。
これが推力の足りなかった原因だろう。
アメリカでの初期の失敗と同じだ。
燃料噴射装置の故障だろう。
それこそバルブの詰まりとか誤動作とかは下町ロケットの見過ぎか。
アメリカでもレッドストーンの打ち上げには散々失敗したし喜劇みたいなことも起こっている。
これが宇宙ロケットノウハウの宿命なのだろう。

tn60
失敗は成功のもとってな!
成功し続けることはいい事かもしれないけど、失敗した時の代償が大きい。
逆に失敗を重ねて成功した時は喜びが大きい。
見学来てた方達は残念でしたけど、これもいい思い出になったんじゃないですか!

名無しさん
ネットじゃ馬鹿にする声も多いけど、どうにも叩く気は起きないなぁ。残念な結果ではあるけど、こういう困難な事業にチャレンジすること自体昨今の日本ではあまり話を聞かなくなってきたものでもあるし、次があるならがんばって欲しい。

コンプロマイズ
失敗は成功の元と云うけれど、、、超危険。
下手したら大惨事になる可能性もある。
種子島に発射場がある意味を考えてほしい。
よく内地で「液体燃料のロケットの発射実験」の許可がでたことを不思議に思う。

名無しさん
人的被害がなかったのは不幸中の幸いだったが、これが民家に落ちたりしたら、大惨事になっていた。もし自分の家に民間ロケットが落ちたら、みんな憤るだろう。
夢がある話だが、お金があるからと言って、民間人がむやみに手を出してはいけないと思う。

名無しさん
とりあえず人的被害がなくて良かった。下手に飛んでから落ちたらもっと被害が大きくなったかもね。不幸中の幸い。
ロケット開発には失敗はつきもの。寧ろ一回で成功する方が珍しいのでは?頑張って下さい。

名無しさん
発射開始からエンジンの出力が弱いと感じられる。
もっと早いスピードが必要?(アマチュアですが)
エンジンの地上噴射の試験を徹底して行うこと。
そうすれば、必要な出力の110%のエンジン開発が出来る。
発射はそれからの話だな!
頑張れ、成功すれば、後に続くものが次々と出てくる。
ホリエモン負けるな!

名無しさん
爆発する映像、落胆する子供の姿をニュースで見た時。
失敗を恐れる子供たち、
失敗を恐れる日本の風潮にメッセージを突きつけたようにみえました。
成功するまで何度でも挑戦しましょう。
失敗する姿も隠さず子供たちに、日本に見せてください。
そして成功を祈っています。

名無しさん
失敗を容認する意見も多いが、それが納得できるのは、失敗から学んで成長、進歩している場合だけである。今回、以前(前回)の打ち上げ失敗と比べて、どの程度進歩したのだろうか。みんなの意見より厳しい見方で申し訳ないが。

名無しさん
>有料観覧席には、多くの家族連れが集まり、打ち上げを見守っていた。
>距離が離れているため、肉眼では炎しか見えず、観覧席からは「どうなったの」「いつ上がるの」と不安がる声が次々に起こり、その後沈黙の時間がしばらく流れた。
有料でこれでは気の毒だろ。

COMRAS
どの様な手段でかき集めたあぶく銭かは知りませんけど、
何億が水の泡になったのでしょうか・・・
そもそも宇宙で何をする気なの?衛星でも浮かせるの?
何が目的なの?
個人や民間企業でオレも、オレもという風潮はどうかと思う。
スペースデブリ問題が加速する。
JAXAに任せましょうよ・・・

名無しさん
失敗は成功の元とか成功の母とか言うし、みんな知ってるはずなのに、それでも失敗を批判する姿勢がわからないなぁ。ビジネスだろうが金儲けだろうが、こんな知識や経験、技術という本当の意味で価値ある財産残すやり方やってる人世界でも相当珍しいと思いますよ。

名無しさん
ものづくりの本当の難しさを理解しないと日本の産業は失われる。これまでマネーゲームに夢中になっている人達は日本が当たり前にやってきたものづくりを正しく理解するべき。

名無しさん
ロケットは赤道に近いところから打ち上げる方がいいという理由で種子島が選ばれたけど、ホリエモンはなぜ、北海道を選んだんだろう?
失敗してもそれを教訓に軌道修正してくれると思う。是非性交目指して頑張ってほしい。

WHWDFWLD
下町ロケットのようにはならなかった。もっともこの物語は大企業のロケットのキーパーツとして存在価値があったということ。
ロケット開発には莫大なカネがかかります。失敗は技術の種となるが、後は資金が続くかどうかだね。成功を願っています。

名無しさん
初期の失敗続きのアポロ計画のNHKの特集思い出した

名無しさん
堀江の名前が出てくるからどうしても拒絶反応を示す人がいるけど、堀江のことはひとまず抜きに考えるとして。
夢見る者を笑う現実主義者が増え、『無駄なことはしない』という風潮の中でもこうやってチャレンジする人達は、貴重な存在だと思う。

12345679*63
失敗は成功の母です。
またPDCAを繰り返し、いつか宇宙へ飛ばしてください。
スポンサー様もどうか夢を買ったと思って、次回も懲りずにスポンサーであり続けていただきたいです。
こういう事業は、スポンサーが抜けるのが一番つらい。

mk
開発に費やした時間、労力を考えると辛いだろうね。でもめげずに頑張ってほしい。
kur*****

名無しさん
それぞれの会社で失敗ノウハウはあるのに、秘密なため共有できずに各社最初から開発せざるを得ない不合理。ホリエモンさん、REPRAP、オープンテクノロジーの時代ですよ。そもそも特許とか社会の役に立っていないし。人類のための発明はみんなが利用できるように廃止すべき。

名無しさん
昔、日本のロケット打ち上げは、ラジオで実況放送をしていたが、よく失敗していた。子供の頃、
50年以上前を、思い出す。回数を重ねると、成功する。失敗は、成功のもと。見学者が、呆然としているようだけど、昔を、知る人は、驚かない。

名無しさん
民間事業で宇宙に行くっていうのは意義のあることだと思う
他にも同じことしているところはあるけど、ホリエモンが出資してることで注目度が違う。だからこそ、プライドを持って再挑戦してほしい。

名無し
国際的にみても
人工衛星を打ち上げ成功させてる国は
ほんの一握り
隣国でも数十年かけてやっと一昨年
自国で成功できた
それも一機のみ
国家としてもこの状況
これを民間でやろうとしてるんだから
すごいこと
これにめげずにチャレンジつずけてほしい

名無しさん
堀江じゃあね。
腐る程、金があったとしても、投資したいとは思えない。
所詮、大御所の政治家とかに潰されただけでしょ?
東北〇点ならば、まだ考えるかな。
モバイル事業への出資とかさ。
野球チームへのサポートとかさ。
でも、堀江じゃあね。
いろんな意味でメリットは少なそう。
仮想通過も暴落じゃないの?

名無しさん
有料観覧席?
まだ成功に程遠いにもかかわらず有料で観客を集めてたの?
宇宙ビジネスへの参入は頑張って欲しいけど、安全性は確保して欲しいなあ。

名無しさん
失敗も洒落にならないこともあります。都市に落ちたり、他国に落ちたり‥‥。発射の際には専門家の検査も必要ではないでしょうか。夢を現実には素晴らしいと思います。お大事に。

名無しさん
日米の民間の技術力の圧倒的な差を感じる。米国では民間の会社がとんでもない高度な技術でロケットの打ち上げどころか回収にまで成功している。ロボットも相当大きな差がある。

名無しさん
アメリカだって、ソ連(今はロシア)だって、ナチスドイツのV2ロケット技術の応用に頼った結果だし、実際の技術者はドイツ人。日本のH2ロケットも相当苦労したと聞く。できれば凄いが、とても難しい技術。失敗は、早めに出尽くした方がイイ。


PDF