【シンガポール=吉村英輝】タイ北部チェンライ県のナロンサク知事は7日、記者会見し、
洞窟に閉じ込められている少年ら13人は脱出のため潜水などの訓練をしているものの、「現時点では(実施は)まだ無理だ」との考えを示した。
ただ、大雨が降って水位が上昇するなどすれば、脱出を急がせる考えも示した。


 地元英字紙ネーション(電子版)によると、洞窟入り口までの約5キロは、勾配がきつかったり、滑りやすい場所が多い。
また、距離が約200メートルあったり、深さが5~10メートルある浸水箇所を潜って抜ける必要があり、
救出活動中のプロの潜水士でも5時間かかっている。6日には隊員1人が死亡した。

 同知事は、「リスクを最小限にしたい」とし、「カギは少年らの潜水訓練の練度にある」とした。
ただ、子供たちは皆ほぼ泳げず、ハードルは高い。

 一方、米電気自動車メーカー、テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は、
自身が率いる宇宙開発企業とトンネル掘削会社の技術者を現地に派遣。
ツイッターへの投稿で、潜水が必要な場所に直径1メートルのナイロン製チューブを通し、
遊具のように膨らませ「空気のトンネル」を作り、そこを子供たちに通させる方法を提案した。

 ただ、浸水した洞窟の最も狭い場所は高さ38センチ、幅72センチとされ、潜水士1人がボンベを外して通るのがやっと。
チューブを通す作業などには、掘削工事も必要になりそうだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180707-00000533-san-asia

みんなの意見


名無しさん
当初は子供たちのダイビングはリスクが高くて無理だと思いました。しかし穴を掘ったり、ポンプで排水したりいろいろな案が検討されていますが時間がありません。もう子供にダイビングさせるしか方法が無いのかもしれません。責任者は難しい決断を迫られますね

名無しさん
高さ38cm??ちょっと太ってるくらいの大人でも通れないよね、それ。
そんなところを13人がくぐって奥に入ったの?
それとも、少年たちが通ったルートは他にあるけど、もっと深く水没しちゃってるのかな?

名無しさん
超強力ポンプでくみ出すのが一番だと思う。潜水訓練したり穴を探すより、日本かアメリカか、オーストラリアから運んだ方がいいと思うのだが。

名無しさん
日本の技術でなんとかなるのではないか?
メーカーさん、なんかないのか?!
恐れず提案して欲しい!

名無しさん
訓練積んだ元軍人の潜水士が犠牲になったのに素人の少年たちに潜水はあまりにも無謀じゃないか

sai*a*dekir*h*o
日本のトンネル掘削技術者も派遣してみたらまた別な案が浮かぶかも、
小さな作業用予備トンネル掘削技術はダメか?

名無しさん
人間が這いだせるような、大きく長いダクトを少年たちの場所から出口まで引くのはどうか。これだと食糧も運べるし、よいアイディアだと思うが、どうだろうか。

名無しさん
ペルーの炭坑落盤事故の時みたくトンネル掘って救出するしか無いのかも…

名無しさん
どれか一つの方法に頼るのではなくて、まずはとにかく強力な排水ポンプを突っ込んで水をこれ以上たまらないようにする。あと動物の声が聞こえたという証言もあるので、地上からそこに繋がってる穴があるんでしょうそれを見つけて穴を広げるとかとにかく出来ることを全てやるしかないでしょとにかく時間が問題だ。

名無しさん
チリ鉱山事故と同じような経緯が怖い。
同様な案件にこの身を置くことがこの先に無いことを
心から願う。
コーチの責任を真正面から問うべきで、彼の行為が美談では
済まされないことを先立って明確にしておくことが必要です。
そうでなければ、最悪な結果として自殺に繋がる可能性があります。

名無しさん
やはりそれが現実的だし、それしかないと思う。
加えて、
膨らませたナイロン製チューブの周辺の水を固化したら
もっと確実だと思う。
固化技術は、日本に任せろ!

名無しさん
真上から掘ったり出来ないの?

grovalgarden
直上からの発破掘削工法しかないかねえ。 
岩盤が硬いとシールドは使えないんだと。
何発も発破になるから、
どうなるかは分からんけど。

xh また来たよ、かなり痛かったでしょ?
空気のトンネルかぁ…(・・;)?
亡くなった人はボンベの酸素を吸いすぎたのかな?(・・;) 短期間に連続して潜るのは負担がかかるからね。
安らかに…

名無しさん
空気のチューブトンネルならスケボーの大型の上に寝てロープで引っ張る方法にすれば直径はもう少し小さくてすむかな?

名無しさん
潜水で突破する以外の方法はどれも現実的じゃない
とんでもなくハードワークになるだろうが、根性出して潜水でいくしかない、水位が増せばもっと面倒な事になる

名無しさん
イーロンマスクは口だけ。