「もはや官僚はエリートではありません」
 近著『没落するキャリア官僚~エリート性の研究』で官僚の現状を考察した神戸学院大学現代社会学部の中野雅至教授が言いきる。

 日本最高の頭脳を持つエリート集団。そんな官僚像は変わりつつあるというのだ。自らも厚生労働省に在籍していた中野教授が続ける。

「かつては東大法学部から国家公務員I種試験に合格して官僚になるのがエリートコースでした。しかし、バブルが弾けてから官僚志望者は激減し、農林水産省で初めて東大法学部卒がゼロになる年が出てきたんです」(中野教授)

 学歴エリートが官僚を目指さなくなった理由はいろいろ挙げられる。まずは、過酷ともいえる長時間労働だ。現役官僚の声を聞こう。

「国会対応の課長補佐クラスは連日徹夜が続く」(金融庁)
「繁忙期の週あたり残業時間は40時間」(国土交通省)

 残業時間を月換算すれば160時間。他省への取材でも、月200時間程度の残業はザラだ。

「国会答弁を作り終えるのが朝の3時から4時。翌朝から国会が開かれるときは、帰らずに職場で寝ました。どこの役所でも廊下に段ボールを敷いて寝ている人がいました」(中野教授・以下同)

 官僚の仕事は、国会対応、予算案作成、法案作成、各省折衝、そして政治家への対応という「雑事」がある。これらの仕事をこなすために労働時間が長くなる。

 これだけの激務を考えれば、その報酬は高額でもよさそうなものだが、以下のように、50歳の本省課長で年収は約1300万円となっている。

「中小企業などに比べれば高額でしょう。ただ、大企業では役員報酬1億円もザラにありますからね」

 官僚には「天下り」がある。退官後、天下り先をいくつも渡り歩くのが「わたり」だ。

「かつては『わたり』によって生涯所得が10億円になる『10億円クラブ』が存在するとまことしやかにいわれた時代もありましたが、いまは国家公務員法の改正で天下りの斡旋が禁止されています」

「もりかけ」問題のように、政治家の尻拭いをさせられて、世間からバッシングの矢面に立たされるのも官僚だ。

「官僚は政治家と政策論争をすべきですが、実態は政治家の下僕と化している」

 戦後も数々の不祥事があったが、それでも、当時の官僚は国民の信頼を失っていなかった。

「『公務員に関する世論調査』(昭和63年)をみると、天下りに肯定的な意見が多数派だったんです。『日本の高度成長を支えたのは優秀な官僚』という官僚に対する敬意が、国民の間にあったんです」

「政治は三流、官僚は一流」
 1970年代に日経連会長を務めた桜田武氏の言葉だ。かつて官僚は「エリート」の名にふさわしい評価を受けていたのである。それが変化し始めたのは、バブル崩壊以降だと、中野教授はみている。

「経済が低迷し始めて官僚の権威が失われ、同時に官僚バッシングも始まったのです」

 官僚はエリートの座から転落しつつある。再び現役官僚の声を聞こう。

「やりがいは形に残る仕事ができて、それが自分の理念と一致していること。不満を持つという発想自体がパブリックマインド(公徳心)から外れているので、そういうことは考えない」(金融庁)

 官僚たちの多くは誇りを失っていない。
(週刊FLASH 2018年6月19日号)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180709-00010001-flash-peo

みんなの意見


名無しさん
利点は会社が絶対につぶれないのと絶対にボーナスが無くならないことくらいだな。

名無しさん
政治家と親密になり過ぎて、
政治家の下僕と成り下がってしまったことが、
一番の問題だと思う。
東大を卒業した頭脳で、真に日本のためになる仕事を政治家と共に果たしていって欲しい。
天下り先や、人事を餌に、
政治家の尻拭い、
責任転嫁ばかりで、
やってられるか!と感じている官僚の方もいると思う。
そんなことで優秀な人材が潰れてしまうのは、
残念でならないし、日本にとっても多大な損失だと思う。

名無しさん
超一流大卒としては、低い。
外資は別格としても、商社やメガバンクとは比較にならない。
だから問題も起こすのかもね。

名無しさん
これがホンマやったら国会議員の報酬はかなり高いし人数も多過ぎるかな。

名無しさん
結構鬱になったりした同級生の話とか聞く。かなり過酷だよね。よく本省での寝泊まりは実際ある。御国の為にご苦労様ですと、真剣に思う。
だからこそ、ほんとごく一部の汚職をする汚い人に相当な嫌悪感がある。大多数はほんとに真面目ですから。

名無しさん
中流の収入と生活を得ているから言えるのかも知れないけど、キャリアを勝ち取る努力や時間を拘束される激務を考えるとちょっと割りに合わないよね。
By年収500万の自由人

名無しさん
あまり安いと優秀な人材が減ってしまいますね。

名無しさん
そら医学部に流れるわな

名無しさん
TVなどで国家公務員叩きが始まった頃,自分も「官僚は都心の安い官舎に入居し高給取り。しかも退職後は天下りでずるい」と感じた一人でした。
年月が経ち,知っている方のご子息たちが就職してみると,聞く話はTVなどで流されていた話とはほとんど違う。自分はマスコミの話をそのまま信じていただけだったと分かった。
今ではTVの国会中継を見ても,答弁をする国会議員の後ろに控えている方々に敬意を置いて見ています。
優秀な方が官僚という職に魅力を感じなくなれば,日本の衰退になります。総理大臣も他の大臣も,ご自分の都合で官僚を遣わずに,大切に官僚を遣って欲しいと思います。

名無しさん
全ての国家公務員がキャリア官僚ではない。
ノンキャリアは残業時間も国会対応が一緒でも天下りなど一切縁なし。

名無しさん
市議会議員にお世話になったことあるけど、市役所の人はこんな面倒くさい人の相手をして大変だなぁと思った。
お世話になっておいてなんだけど。
融通効かないなぁと思うことがよくあるけど、一度OKにしてしまうと後々が本当に大変なんだろうと思った。
国会議員とか大臣が相手になると、大変さが想像つかない。

名無しさん
それでも公務員叩きは終わらない。みんなやっぱり不満のはけ口が欲しいのかな。

名無しさん
地方勤務の国家公務員ですが、52歳で年収700万、超過勤務あり超過勤務手当ほぼなしです。

名無しさん
35歳で年収750万ってところだけ見ると高いけど、月残業160時間って考えるともっと貰ってもいいと思う。
俺は35歳で年収400万だけど月残業30時間くらいだから文句は言えないですね。

名無しさん
身内にいるけど、本当大変そう。
年収良いのかもしれないけど、時給換算したら、アルバイトレベルな気が。。。
メンタル強くないと過労鬱になる。

おじいさん
月160時間の残業ってマジ?ブラック過ぎだろ。

名無しさん
銀行マンと給料変わらないな。
それでこんな大変な目にあうなら民間の大企業の方がマシ。

名無しさん
国を動かす官僚が幸せな気持ちで居られるような環境作らないと、国民を幸せにしようって気持ちも生まれなくなってしまうんじゃないかな?
だからお役所仕事のような心のこもらない仕事しか出来なくなる。

パルコ
15年ほど昔、なんとか忠商事の営業マンは29歳で1000万越えていた。

名無しさん
スシローの正社員なりたてでも年収500万

名無しさん
残業200時間で750万はそんなに高くない。
自分は500万だけど、
残業は15時間程度、年休も120日あるので、
満足しています。

名無しさん
時給換算して、国会議員とどれくらい違うんだろう。

名無しさん
35歳750万はうらやましいと思うけど、さすがに月200残業はヤバい。自由時間なんかあったもんじゃない。家族がいたら可哀想。

名無しさん
本当の一流は会社起こした人だと思う
規模は別として

名無しさん
タイトルにキャリアと書かず国家公務員と書くことに悪意を感じる

名無しさん
銀行にたかってノーパンしゃぶしゃぶで接待させてた頃が一番絶頂だったね。

macbookair
国家公務員35歳なら、500万がいいとこだろうね。
そもそも、それすら叩くくらいの低い年収だとしたら、自分の仕事の選択ミスだろうね。
みんな自分の将来の収入を真剣に考えて生きてるんだよ。

名無しさん
勤務時間的には人2人分。なのに給料は2倍になっていない。。。
これは一度採用したら本人から辞める可能性が低く、雇用側が使い倒せると判断した状況。

ssb826
景気が悪くなれば、安定してると言われ官僚は憎まれる。景気が良くて民間で高給が多くなれば忘れられる。官僚は国民のはけ口にされる公僕。
今さら記事にしなくても、高給でもなくブラックでパワハラな職場な事は前から変わらなのにいつも叩かれてるのは気の毒。
国の根幹に関わるスケールの大きな仕事をされてるので誇りがあり、お金の為に官僚してる人はほぼいないと思います。儲かるはずないし。地方公務員と国家公務員が違う事もわかってない人も多い気がします。
こう書くと必ず不満を世の中や官僚のせいにする人がいて、税金で食べてるくせに!という人が出てくるでしょうね。

名無しさん
え?こんなにもらってないよ。