「国民が先だ」
「私は大韓民国の国民です。国民が先だ。国民は安全を望みます」

14日に開かれた2度目の難民受け入れ反対集会ではこうした内容を盛り込んだピケが目についた。

インターネットコミュニティ「難民反対国民行動」はこの日、ソウルの東和免税店前で、「イエメン難民受け入れ反対、ノービザ・難民法廃止」集会を開き、難民法と済州(チェジュ)ノービザ制度廃止などを韓国政府に促した。先月30日に続き2度目だ。


国民行動は「難民法廃止国民請願参加者が最近70万人を突破したが、青瓦台(チョンワデ、大統領府)は国民の声に目を背けたまま沈黙している。平凡な国民であるわれわれの安全と生命が脅かされていると考える」と主張した。

同団体はイエメン難民申請者らをめぐり、「彼らは政治的迫害を避けて韓国に来た難民ではなく就業を目的とした経済的移住民だ」と指摘した。その上で「欧州の多くの国が難民を受け入れて残酷な犯罪にさらされており、被害者はほとんどが女性と子どもたちだ。われわれは難民法改正を望まない。改正案で国民を愚弄しだまさずに難民法を即時廃止せよ」と促した。

この日の集会には12日に難民法廃止案を代表発議した自由韓国党の趙慶泰(チョ・ギョンテ)議員も参加した。趙議員は「70万人の国民請願を受けた文在寅(ムン・ジェイン)大統領は、難民が先なのか、大韓民国の国民が先なのか答えよ」と話した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180715-00000001-cnippou-kr