熱中症予防に経口補水液を買う光景は、すっかりおなじみになりました。ところが意外にも、多くのコンビニやスーパーでは買えません。実は手作りもできるという経口補水液。そもそも、なんで生まれたのか? なんでコンビニで買えないのか? 調べてみました。(薬剤師ライター・高垣育)
コンビニにはない!

経口補水液は、脱水症のときに不足する水と電解質を口から補給する「経口補水療法」という治療に用いられる飲み物です。

 日本では消費者庁が許可した食品にだけ表示が認められる「特別用途食品」のうち「病者用食品」として販売されています。

 でも、暑い日に脱水症を予防しようと経口補水液を求めてコンビニエンスストアに行ってみたら、置いてなかったということはありませんか?

 自宅に何本かストックしておこうとスーパーマーケットで探したけど見つからなかったという経験は?

 コンビニエンスストアやスーパーマーケットに経口補水液が見当たらない理由、それは、この「病者用食品」という点にありました。

販売できるけど……
 経口補水液「オーエスワン」を作っている大塚製薬工場に聞きました。

 オーエスワンは「病者用食品」です。病者用というと、治療に用いるのかと勘違いしそうですが、医薬品ではなく、あくまでも「食品」。だから、本当は薬局やドラッグストアに限らず、コンビニエンスストアやスーパーマーケットなどでも販売することが可能です。

 しかし、食品とはいえ、オーエスワンは、年齢や持病に合わせて飲み方に注意が必要な食品でもあります。

 同社は「そのため、消費者の方が、医師、薬剤師、看護師、管理栄養士などの専門家のアドバイスを必要なときにいつでも受けられる場所に売り場が限定されているのです」と説明します。

 現在、オーエスワンを手に入れることができるのは、病院内の売店・コンビニエンスストアや自動販売機、調剤薬局、ドラッグストアなど、登録販売者ら専門家がいるところに限られます。

きっかけはコレラ研究

経口補水液が日本で活用されるようになってきたのは2000年代ですが、その誕生は19世紀から始まったコレラ研究だったと言われています。

 脱水症の治療法として確立されたのは1970年ごろのこと。

 開発途上国の子どもたちの感染症に伴う下痢や嘔吐(おうと)による脱水症状に用いられ、点滴に匹敵する治療効果が示されて以来、世界中で注目を集めるようになりました。

 熱中症の発症には三つの要因が絡み合っています。

 気温や湿度が高いなどの「環境」、暑い屋外でスポーツをするなどの「行動」、年齢、持病や、体が脱水を起こしているなど、その人の「体」の状態という3要因です。

 予防には、日陰を利用したり、風通しの良い服装を心がけて暑さを避ける、暑いのをガマンしたり無理をしないといったことのほか、こまめに水分補給をすることが挙げられます。

スポーツドリンクではダメ?

でも、熱中症の水分補給には、なぜ水やスポーツドリンクではなく、経口補水液なのでしょうか。

 タカノ薬局湘南秋谷の薬剤師・長谷川聰さんによると、その秘密は、経口補水液がもつ「水分、塩分、糖分」のバランスにあるようです。

 熱中症になると、水分といっしょにNa(ナトリウム)などの電解質が失われて、これらの体内のバランスが崩れることが知られています。そのため、水だけではなく、塩分も一緒に補給することが大切です。

 では、残りの糖分は何なのでしょうか。

 甘く味付けをしておいしくするため? 飲みやすくするため?

 そうではありません。実は、水分の吸収を担っている小腸で、もっとも効率的に水分が吸収されるには、塩分に加えて糖分も一緒に取ったほうが良いことが研究によって分かったからなのです。

水分、塩分、糖分の黄金比
 もちろん、適当な配合で水分、塩分、糖分を混ぜ合わせたのではダメです。

 黄金比は、水1Lに対し、Na:ブドウ糖=1:1~2の濃度比(モル/L)です。これは、現在、日本で広く普及している市販の経口補水液とも一致するバランス比です。

 ふつうの水だと、塩分や糖分は含まれず、スポーツドリンクは糖分が多くて塩分は少なく、両者とも黄金バランスから外れています。

 小腸からグングンと水分を吸収してくれる絶妙なバランスをもつ飲み物、それが経口補水液で、熱中症予防の水分補給に適している理由なのです。

家でも作れる?

 長谷川さんは、暑い時期の熱中症予防や、下痢・嘔吐などの脱水症状予防のため、患者さんに手作りの経口補水液の作り方を伝えています。

 「経口補水液のつくりかた」というシールをお薬手帳に貼ってもらい、市販の経口補水液がすぐに手に入らないときに活用するよう呼びかけています。

 「塩3グラムとか、砂糖40グラムと書いているので、ご覧になった患者さんのなかには〝いちいち量るのが大変そう〟という方がいます。でも、きっちり厳密に量らなくても良いんです。経口補水液の自作は、あくまでも家庭でできる熱中症予防の応急処置。お水やお茶を飲むより、上手に水分を補給するために活用するのだ、という風に考えてください」

経口補水液の割り箸レシピ公開
 長谷川さんは、計量カップやスプーンがなくても経口補水液を作れる簡単な方法を教えてくれました。

     ◇
【コップ1杯およそ200mLの経口補水液の作り方】

食塩は0.6グラム、砂糖は8グラム。食塩を量るために用意するのは割り箸です。2つに割ってください。そして、割った片方の割り箸の太い方を塩にくぐらせましょう。

割り箸の側面に乗った食塩の重さはどのくらいかというと、0.2~0.3グラムくらい。だから、コップ1杯分の経口補水液を作るには、割り箸で食塩を2回すくい取ってください。それで約0.6グラムになります。

砂糖は、角砂糖が1個約3~4グラム、スティックシュガーが1本3~6グラムくらいなので、これを目安にします。

水に食塩と砂糖を加えたら、あとは、底に沈んでいる食塩と砂糖が見えなくなるまで、しっかり溶かしましょう。

作った経口補水液は、雑菌が混ざって傷むおそれがあるので、その日のうちに飲み切ります。

飲みすぎ注意!
 このように、脱水症状予防対策に経口補水液は非常に役立つことが分かりましたが、活用するうえで、気をつけてほしいことがあります。

 それは、経口補水液には塩分と糖分が含まれているので、高血圧、糖尿病などの治療中で食事療法をしている人は飲みすぎに注意が必要だということです。

 年齢によっても、1日当たりに適した飲み水量の目安があるので、一度確認してみてください。

脱水症のチェック方法
 暑いのにのどの渇きを感じず、水分補給をしなかったために、気づかないうちに体の中から水分が失われていることがあります。

 このように、自覚症状がない脱水症状の前段階ともいえる状態を3秒で見極める方法が二つあります。

 まず一つ目。手の親指の爪をぎゅっと押してみてください。ピンク色から白に変わりますよね。では、押していた手を放してみてください。徐々に白色からピンク色に戻ってくると思います。

 その戻るまでの時間を計っておいてください。何秒かかりましたか?

 3秒以上かかった人は、いますぐ水分補給をしましょう。脱水状態に陥っているおそれがあります。

 もう一つの脱水症チェックは、手の甲の皮膚をつまみ上げるというもの。

 皮膚をつまみあげたら、指を離してください。普通ならすぐに戻ります。

 でも、皮膚がなかなか元の状態に戻らないときには要注意。この場合も脱水状態のおそれがあります。すぐに水分補給しましょう。

 ご紹介した二つの方法は、セルフチェックはもちろん、自分でのどの渇きを伝えられない方の水分不足をいち早く見つけるためにも活用できます。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180713-00000001-withnews-sci&p=4

みんなの意見


名無しさん
脱水の簡単なチェック方法は知らなかった。
大変良い記事ですね。

名無しさん
脱水症状の判定は役にたちました。むかし麦茶に砂糖を入れてだしたというのはある意味でこういう役に立っていたのかと思った。

iniD
南方先生

名無しさん
思わず爪のチェックしてみちゃいました!

名無しさん
200mlの量が具体的に書いてあるのでためになった
作りすぎても仕方がないから

名無しさん
大変為になる記事でした。
今現在被災地で酷暑のなか作業されてる方に
知っていて欲しい。

名無しさん
具体的で参考になった。

アメジスト
この前、熱中症で救急のお世話になりました。
今年は暑い。今後の参考なりました!

名無しさん
凄く参考になりました、ありがとうございます

名無しさん
普段おいしくない経口補水液がおいしく感じられたら、それは体が欲している状態、つまり脱水症状にあるということです。おいしく感じられたらちゃんと日陰で休養取ってください

.
誰よりも、西日本で大変な思いで復興作業している方々に必要だと思う。

夏の陽炎
通訳をしている友人に聞いた事が有ります。
通訳は、しゃべりっぱなしになる事が多くて必然的に喉が乾くので、マメな水分補給が必要になるそうですが、お茶や水、スポーツドリンクだとトイレに行きたくなってしまうそうです。
そこで、一番いいのは「経口補水液」で、体に浸透する感じが有り、尿意も湧きずらいそうです。
ただし、これは接骨医の話ですが肉体労働や運動時の水分補給は、損なわれたミネラルを補う必要があるので、スポーツドリンクが有効だそうです。
状況によって適切な水分補給って違うんですね。

名無しさん
OS―1=水分補給と考えたらアウトですね。お茶とかで水分を補って合間にちびちびと少しずつ経口補水液を摂るのが、良いと聞いた。大人だったら、1日500㍉~1㍑を少しずつ飲む。
不味いけど、薬だと思って飲んだ方がいい。
ポカリやアクエリアスは甘いし、糖尿病の方にはあまり良くないね。
でも、ちょっと値段が高い。500㍉で250円ぐらい。

名無しさん
類似品は普通に置いてあるし、
最近多い薬局併設のコンビニに
行けば置いてありますよ。

名無しさん
いままでお世話になったことないが、今年はやばいかもね。

名無しさん
普通にファミマにあったけど

名無しさん
仁先生が作っていたな〜。

名無しさん
割り箸じゃ曖昧すぎる

名無しさん
映画でもあるよね。自分で点滴作って打つやつ

名無しさん
早い話、飲むブドウ糖。

名無しさん
南方しぇんしぇ、あの時代によく作られましたね

takuyani
よく
わかりました。

名無しさん
病者用食品 って、病者って初めて聞いた
病人じゃないの?

肉球ってナニ球?
いやいや、普通にコンビニで売ってますよ。
てか、この季節、店頭に置かなきゃダメでしょ。理由はともかく、いつ何か起きてもいい様に、近くのコンビニには置かないとさ。
定義が食品なら、店頭にポップを掲げるとかボトルに大きく注意書きして置くとか。

名無しさん
普通にセブンに置いてあったけどなぁ。

名無しさん
脱水予防というか、
脱水状態からの回復により効果的なのが経口補水液。
脱水状態になった時に飲むもので、お茶みたいに日々飲むものではない。
もちろん、予防にも使える、って考えた方が良いと思う。
予防ならスポーツドリンクやミネラル麦茶をちびちび継続的に飲む方が
体への負担も少なく一般的だと思う。

名無しさん
売ってる経口補水液は美味しくないし、ポカリとかは甘すぎるし作るのはめんどい。間の売って欲しい。

名無しさん
経口補水液のお世話にならなきゃならない脱水症状にならない様にする事が大切。
っと、思って水分補給しまくってたら、
お腹たっぷんたっぷんですよ。
飲みすぎも良くない。
美味しくご飯が食べられないw
あと、絶対糖分摂り過ぎ。
のどが渇いたら、それは脱水症状の始まり。
暑さに弱いので、のどが渇く前にちびちび飲まないと、すぐに頭が痛くなったり、こむら返り等の熱中症症状が出る。

名無しさん
コンビニに少ないのは色々商品かあり置くスペースが限られてる空でしょ、因みに最近大塚の経口補水液は見ます

名無しさん
前置きが長すぎる。
まとめたら10行で済むような内容。
しかもライターを名乗ってるのに句読点多すぎ。

名無しさん
良い記事。参考になった

amn
熱中症予防に、と思って飲む人がおおいけど、本当は症状が出たあとに飲む製品と聞きました。
病者用、てことはやはり予防対策の飲料ではないということなんですね。

億年筆
以前、スポーツドリンクを4倍に薄めたらいい、って教えてもらったけど。

名無しさん
運動中は水を一切飲むなと言った先生ちょっとこい。

名無しさん
市販のスポーツドリンクやたら甘いからな。

名無しさん
気を付けましょうとだけ言うメディアばかりだけど、このような、簡単で具体的な対策を教えてくれるのは大変有難いです。
参考になりました。

名無しさん
CRTは年齢差、性差、環境差あるからあてにならない。ツルゴールも同様。というより、陽性だったら既に脱水。
それよりも、脱水にならないように小まめに水分電解質を摂取しないと意味がない。

名無しさん
今回の被災地を映す朝のテレビ番組で、OS1を普通のおばさんが無差別的に配っていたけど。その映像には、ここに書いてあるコンビニでも売れない理由とやらとは程遠い現実しかなかった。これはどっちを信じたらいいのでしょう?
確認できないものかね。

名無しさん
そういえば確かに、「スポーツドリンクだと甘すぎる(味の好みの問題ではなく)」ってジムで働く知人がいつぞや言ってた。

名無しさん
スポーツドリンクに塩水入れたら良いだけじゃないの?