「暴力受けてます。発車できません」
JR東海道線の藤沢駅で7月13日の深夜、車掌の女性が乗客に暴行される事件があった。目撃者らによると、暴行された後も、車掌はすすり泣きながら1駅間、乗務を続行していたという。その時、何があったのか。

JR東日本によると、事件があったのは7月13日午後10時ごろ。熱海を発車し、宇都宮に向かう上り電車でのことだった。

「暴力受けてます。発車できません」

突然、車掌によるアナウンスが車内に流れた。目撃者のAさんによると、酔った客の男性に殴られたようだったという。

「1号車車内トラブル発生、暴行を受けています。応援をお願いします」

駆けつけた警察官によってこの乗客は取り押さえられ、乗っていた電車から降ろされた。

すすり泣きの車内アナウンス、過呼吸
大きな遅れもなく、この電車はそのまま運転を始めた。しかし、車掌の動揺は、アナウンスを通じてもわかるほどだったという。

「車内トラブルにより、この電車、藤沢駅を遅れて発車しました。また、乗務員が継続乗車が困難なため、次の大船駅に停車後回送列車となります……大船駅で一度お降りになり……」

アナウンスを聞いていた乗客のBさんは「最後の方はすすり泣きが聞こえたり、途切れ途切れで最後まで言葉を言えていなかった記憶があります」と振り返る。

電車は大船駅に到着。到着した電車を大船駅のホームで見ていた別の乗客、東海道線沿線のそうくん(@sokunE217)は、「車掌さんが半分泣いているように見えましたし、過呼吸にもなっているのは目撃しました。苦しそうに息をしていました」と証言した。

また、突然この電車が回送になったことについて、車掌にクレームをつけた客もいた。その客に対しても「最後まできちんと対応しようとはされていました」という。

■「とてもお辛かっただろうに大船まで運んでくれたことに感謝」
JR東日本によると、被害を受けた車掌は「大事に至る怪我などはしていない」という。暴行事件については神奈川県警が調べを進めている。

暴行後も一駅運転を続けた理由は「詳しくはわからない」としつつ、側線がある大船駅ならば、この電車を回送にしても、乗客に後続列車に乗り換えてもらうことが可能になるという。

乗客のBさんは、大船駅まで行けたおかげで、終電に間に合ったという。「何も悪くない乗務員さんが標的にされたことに腹が立ちました。とてもお辛かっただろうに大船まで運んでくれたことに感謝しています。事件後も体調が気がかりでした。そのことを伝えたい」と話している。

■駅員らに対する暴力、2017年度は656件
全国の鉄道34社(自治体含む)で発生した鉄道係員に対する暴力行為の発生件数は、656件(2017年度)となっている。

これは前年よりも56件少ないが、依然、駅員らへの暴力が多く発生していることがわかる。また、加害者の59%が酒に酔った客だったという。

加害者の年代には偏りはなく、20代以下~60代以上までがほぼ均等だった。

JR東日本は「暴力行為に対しては毅然とした対応を今後もとっていく」としている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180720-00010003-huffpost-soci