新型ステルス・フリゲート艦アドミラル・ゴルシコフ級の1番艦「アドミラル・ゴルシコフ(Admiral Gorshkov)」が2018年7月下旬、ロシア海軍に引き渡されるとタス通信は伝えた。


同艦は2010年に進水、当初は2016年11月に就役の予定だったが、Diplomatによると、複数の技術的問題のために2017年11月に延期され、その後、再度2018年7月に延期された。

2番艦「アドミラル・カサトノフ(Admiral Kasatonov)の建造も同様に遅延している。

だがアドミラル・ゴルシコフ級は、特にアメリカ海軍の沿海域戦闘艦(LCS)と比較すると重武装。アメリカ海軍のLCSも配備の遅延と推進機関のトラブルに悩まされている。

ロシア海軍の新型フリゲートを見てみよう。

起工は2006年
アドミラル・ゴルシコフは元ソ連海軍の司令官セルゲイ・ゴルシコフ氏にちなんで命名された。

ソ連崩壊後、ロシアが建造した最大の水上艦艇とDiplomatは伝えた。

サイズ
全長:約427フィート(約130メートル)、全幅:約52フィート(約16メートル)、満載排水量:4500トン。

航続距離
4000マイル(約6400キロメートル)以上。

機関
2種類のガスタービンを2基ずつ組み合わせた方式、最高速力:時速約34マイル(約55キロ)。

だが機関は問題を抱え、遅延の原因となった。

垂直発射システムを装備
アドミラル・ゴルシコフ級フリゲートは垂直発射システムを装備、オーニクス(Oniks)巡航ミサイル、カリブル(Kalibr)巡航ミサイルを発射可能。その他、ポリメント-リドゥート(Poliment-Redut)艦対空ミサイル、ブラモス(BrahMos)ミサイルなどを発射可能。

ブラモスミサイルは、最大660ポンド(約300キロ)の従来型弾頭を搭載可能、射程距離は180マイル(約290キロ)。

ポリメント-リドゥート艦対空ミサイルは、互換性とパフォーマンスの問題から、配備が遅延していると伝えられた。

また艦首には130ミリ単装速射砲とCIWS(近接防御火器システム)を装備。一方、アメリカ海軍の沿海域戦闘艦の主要火器は基本的には、57ミリ単装速射砲のみ。

さらにMedvedka-2対潜ミサイル、Hurricane艦対空中距離防空ミサイル、21インチ魚雷発射管を装備。

2015年のロシア海軍記念日に、プーチン大統領は同艦を視察。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180728-00010004-binsider-int

みんなの意見


名無しさん
小型ということは
そのぶん発見されにくいメリットもあるけど
波に対してはどうなのだろう?
揺れがひどくて自衛隊で開発したが日本海の荒波に勝てず使えなかった小型ミサイル艇の二の舞にならんかな?

名無しさん
小型で重武装がトレンドかな?
更に無人君になるのかな

名無しさん
重くてトロそう。

名無しさん
この形だとアメリカのズムウォルト級やスウェーデンのヴィスビュー級よりもステルス性能が劣ると思う。

阿波”菌
重武装でも見つけられたら終わり

名無しさん
ステルス艦でも、やっぱり艦橋付近がゴチャついちゃうロシア海軍が好き。

名無しさん
それでも兵器はロシア製にロマンを感じる。

名無しさん
重武装→強い?

名無しさん
いい加減な記事ですね。アメリカの沿海域戦闘艦(LCS)の方が小さいし、時速55キロ??LCSは83キロです。

Fun
重武装でコンパクト、第二次大戦期の帝国海軍艦だな。
索敵能力はどうなんだろう?

名無しさん
重武装過ぎてダメコン大丈夫なのかな?
数が揃えられないから、まとめて武装したいのは解るけど。

名無しさん
装備だけじゃ高性能か解らない。
それを活かす電子機器の性能はどうなんだろう?。
おそらく、アメリカよりは劣るでしょう。

名無しさん
フリゲート艦にステルスが必要か?駆逐艦で相手は潜水艦のはずだよね?
まぁいいや、最近はなんでもステルスらしいから。

名無しさん
今さらステルスの強みって何だろう?
レーダーに映らない訳じゃないし。

名無しさん
使い勝手の差。

名無しさん
裸の王様

名無しさん
なんで沿岸域戦闘艦と比べる?
それは今あること?

名無しさん
日本が今建造している小型フリゲートの30ffmもアドミラルゴルシコフに似て、ステルスと対艦攻撃能力、対潜能力をバランス良く備えた艦艇みたいだし、最近のトレンドなんだろう。いやいや、南シナ海で中国フリゲートに虐められて使えないと分かったLCSを日本も導入しなくて良かったわ

名無しさん
良くこんな記事を翻訳しようと思ったな。調べたらLCSより大きいよ。タイトルからフェイクニュースになってる記事も珍しい。
諸外国で一般的なフリゲートに当たる艦艇をさも重武装であるかのごとく書く元記事も珍しい。このクラスならNATOや日本も当然配備している。個人的には1000tにも満たず、巡航ミサイルを装備してシリアのIS攻撃に成功したブーヤン型コルベットの方が厄介。今まで、巡航ミサイルによる攻撃は大型潜水艦や駆逐艦によって可能だったアメリカ海軍の十八番だった。イージス駆逐艦が必要だった任務を1000t未満のコルベットが成し遂げた。アメリカ海軍当局はその事実に驚き、小型艦艇でも大陸奥地1000km以上を攻撃出来る能力をロシア海軍は有すると驚いた。当局はソ連崩壊以降、細々と艦艇整備を続けていたロシア海軍を侮っていた。戦略打撃能力を保持する艦艇がちょこまか動かれるのは非常に厄介。

Otusannokagami
形状見る上ては、米軍のステルス艦と比べてステルス性は低く見えるけどね
従来のロシア艦よりはステルス性向上してるみたいだけど

ぽよん
小型潜水艦軍団を海岸の砂粒の数ほど作ればいいんじゃない?

名無しさん
DEとしては充分すぎる性能だな
日本も老朽化の進む「あぶくま型」の後継にこんな艦が欲しいものだ

名無しさん
重武装でコンパクトを突き詰めすぎると、第四艦隊事件みたいになるぞ。
軍艦は何十年も使うんだから、余裕が無いと後で大改装になっちゃうよ。

返信コメント不要
で、どうなの?
優れた船なの?
その辺が分からない・・・

名無しさん
ロシアのフネは昔から大きさの割に重武装ですね
航空巡洋艦に対艦ミサイル積んでみたり、、、

名無しさん
らしくないね

名無しさん
小型の船体に重武装はヤバイぞ。
By日本帝国海軍

名無しさん
写真が実物を写していると仮定して。普通の水上艦艇にしか見えない。米海軍のヤツは基本武装(主砲を含む)は格納式だし。塗装が特殊で電波を乱反射させる方式のヤツか?

名無しさん
現代の防衛装備品の性能はほとんどカタログデータだけでの評価になっており、シュミレーションの精度の高低によりパラツキが出てくるので詳細は把握しにくい。実際中国製品なんか凄いカタログデータをたたき出しているが実際はそうでもないのが多いと聞いたりする。

名無しさん
新しい様で、古さを感じるフリーゲート艦。イージス艦では無いんですね。

名無しさん
潜水艦の潜望鏡でもレーダーに探知されるという時代で小型とは言えステルス性能には疑問がある。

名無しさん
米海軍の沿海域戦闘艦は失敗らしいね。

samurai
自衛隊のあさぎり級と同じようなサイズだね。
ならば駆逐艦に分類されてもいいくらいだけど敢えてフリゲート級と言うのは駆逐艦と言えずに護衛艦と呼びましょう的なミリタリーパワーバランス云々をアピールする複雑な事情かい?

ピカ
ステルスぽくない、普通にレーダーに映りそう、でも映らないのだろうな、自称ステルスだから

名無しさん
大口径になれば装備弾数が減るわな。
軽量機動力がある50ミリ程度のが実戦では分がありそうだな。

J(‘ー`)し
対米海軍向け?

名無しさん
ステルス艦はありえない、上空から見れば丸見え。
監視衛星から見えないと思いますか?w

名無しさん
アーレイバーグと比較すべき

名無しさん
基準排水量は3000トン程度か。その比較的小さな船体に、5000トン級並みの重武装を施したとなると、航洋性能…とりわけ余剰浮力や復原性が犠牲になっているはずだ。黒海~地中海ならばともかく、太平洋・大西洋・インド洋では使い物になるまい。

名無しさん
>小型で重武装
韓国と一緒だ。使い勝手が悪くて武器に信頼性が無いから重武装になる。