拉致被害者の蓮池薫さん(60)、祐木子さん(62)夫妻が北朝鮮に拉致されてから、31日で40年。

 2人は新潟県柏崎市を通じて30日、「日本政府が全力を挙げて北朝鮮との交渉に取り組むことを再度強く求める」とするコメントを連名で発表した。

 蓮池さんと祐木子さんは1978年7月31日、同市内の海岸で拉致された。2002年の日朝首脳会談で北朝鮮が拉致を認め、蓮池さん夫妻は同年10月に帰国。2人の子供も04年5月に帰国した。

 夫妻はコメントで「子供が日本に来るまでの26年間、私たち家族の運命は北朝鮮に翻弄(ほんろう)され続けた」とした上で、「いまだ多くの拉致被害者が北朝鮮に残されたままだ」と、拉致問題の解決に至っていない現状を嘆いた。

 その上で、「米朝関係の新たな展開の中、日朝関係の出発点となる拉致被害者全員の帰国を一日も早く決断するよう、改めて北朝鮮に強く促したい」と訴え、「拉致被害者とそのご家族には、本当にもう時間がありません」と早期解決を求めた。 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180730-00000086-jij-soci