「妊婦は邪魔」 職場環境劣悪、第2子も死産
 妊娠をきっかけに仕事を辞める女性たちがいる。妊娠中の過重な働き方で、体調を崩したり、胎児が危険にさらされたりしたことが理由だ。子どもを産む手前で、仕事との両立を断念する女性たち。当事者に事情を聞いた。

 「シフトを急に変えるのは難しい。亡くなった子どもを取り出す処置は、次の休みに受けて」

 関東地方に住む20代の看護師は昨年春、上司の言葉に耳を疑った。勤務の間をぬって受けた妊婦健診で胎児の心音が止まっていると告げられ、慌てて職場に連絡した時のことだった。

 職場の人員はぎりぎり。みな目が回るほどの忙しさだった。結局、女性はその後数日間、亡くなった子どもをおなかに残したまま、いつもと同じように出勤し、残業も夜勤もした。「心が壊れそうだった」

 こうした職場の対応について、母子愛育会総合母子保健センター(東京)の中林正雄所長は「医学的には、妊娠初期であれば、すぐに処置しなくても、特に母体に問題はない。だが、状況によっては、母体に影響が出る可能性もある」と話す。

 また、首都圏のあるベテラン助産師は、「子どもを失ったショックは計り知れない。仕事ができる状況ではなく、精神的なケアを優先すべきだ」と疑問視する。
女性はその数か月後、第2子を妊娠した。前回の反省から、上司に強く要望し、夜勤は免除された。だが、同僚からは「妊婦は邪魔」とまで言われ、「気が休まらなかった」。第2子は妊娠5か月で死産。検査を受けても、母体などに異常はなく、職場環境が原因としか思えなくなった。

 「仕事に誇りを持っていた。無事出産できたら、恩返しと思って働く覚悟だった。でも、限界だった」

職場に絶望、退職も
亡くなった子をおなかに残したまま働く――。こうしたケースは皆無とは言い難いようだ。

 首都圏の女性教員(42)は、30代同僚の働き方をみて、昨年度末に退職した。
 同僚は、出血が続いていたのに休みが取れず、そのうちに胎児がおなかの中で亡くなった。しかし、人手が足りず、亡くなった胎児の処置をせずに出勤。泣きながら働いていた。「こんな状況の人が休めない職場に未来はない」。女性はそう思ったという。

「流産で大量出血したうえに、手術もした。でも、上司に『繁忙期だから』と言われ、すぐに復職させられた」「夜勤中に出血したが、職場を抜けるわけにはいかず、朝まで泣きながら勤務した」など、退職を考えてしまうような職場環境を訴える妊婦の声は後を絶たない。

 職場への迷惑を考えて、辞めた人もいる。
 金融機関に勤めていた都内の女性(41)は2015年、妊娠7か月で退職した。休日出勤や残業を重ねた末に切迫流産で入院したためだ。「職場や家族にこれ以上、心配をかけられないと思った」と話す。

 退職後、無事出産した。その後、人手不足の職場からは、「また働いてくれないか」と打診があった。「仕事は好きだったので、うれしかった」と振り返る。
 だが、2人目を考えていることもあって、踏み切れないでいる。「妊娠したら、また職場に迷惑をかけてしまうと思って」

 働く妊婦の相談に乗っているNPO法人「マタニティハラスメント対策ネットワーク」代表理事の宮下浩子さんは、「妊婦の体調は個人差が大きい。それなのに、みな同じだと勘違いをされて、無理を強いられ、追いつめられて退職する妊婦は多い。誰がいつ抜けても回る職場作り、働き方改革が必要」と話している。

厚労省 全国の中小企業調査

厚生労働省は7月、妊娠中の働き方について、取り組みの遅れが指摘される中小企業と、そこで働く従業員を対象に全国調査を始めた。過重な働き方で仕事を辞める例もある中、実態を明らかにして妊娠中の働き方改革につなげるのが狙いだ。

 具体的には、働く女性が妊娠・出産しても仕事を辞めずに働き続けていくために必要なことや、妊娠で退職を迫られた経験の有無、切迫流産など、妊娠中に起きたトラブルなどを聞く。今年度内にも調査をまとめる方針だ。

 日本女子大学の大沢真知子教授(労働経済学)は「(保育園整備など)出産後の両立支援は充実してきているが、妊娠中の支援は、取り組みが遅れている。女性の活躍を後押しする上でも、調査を踏まえ、妊娠中の働き方改革を早急に進めるべきだ」としている。
出産まで勤め続けた女性が復職を目指して、育児休業を取る割合は8割を超えています。しかし一方で、育児休業を取る前、妊娠中などに退職する女性はあまり減っていません。体調不良で思うように仕事ができず、「妊娠だけでこんなに大変なのに、子育てなんてとても無理」と思い詰めた末に職場を去る人もいるようです。

 妊婦ですら休めない職場環境では、他の人はもっと休めないはずです。妊婦はもちろん、誰かが休んでも業務に支障が出ない職場作りが求められています。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180730-00010000-otekomachi-life&p=1

みんなの意見


名無しさん
一人が急病したら、シフトが組めない職場って何ですか?
リスクマネジメントできていなさすぎ。
そんな職場、早晩破綻する。
で、人の痛みがわからない人間が看護師の上司ですか?
そりゃあ、看護師さんの定着率上がらないはずです?

gattu
女性に厳しい世の中になってきましたね。専業主婦への風当たりも強いし働く妊婦への風当たりも強い。こんなんじゃ、子供を産もうなんて女性が増える訳ない。会社の都合も働いている人たちの都合も理解できるだけに何とも言えない。安倍君の掲げてる一億総活躍社会って机上の空論だと思えてしまう。

名無しさん
私の妻だったらと思うと、悲しすぎる。
余裕のない社会が悪いのか、会社が悪いのか、個人が悪いのか、色々と考えさせられます。

名無しさん
会社なんて従業員の体のことなんて正直なんとも思ってないんだから無理せず少し薄情な対応取っても大丈夫だと思う。
精神疾患になろうが流産しようが過労死しようがその後のケアなんてしてくれないんだから。
働く人は自分の体と家族の事を優先して仕事をすればいいと思う。

名無しさん
仕事なんて結局お金をもらうためだけなのに。ここまで貢献しなくてはならない意味がわからない。

名無しさん
こういうのって、「自分の時は出産間際まで働いたし」とか言って、女性が女性の敵になるケースが多そう。
出産は本当に個人差があるし、産み終えるまで何があるかわからないものなのに。

名無しさん
保育士です。私もお腹の中で赤ちゃんが亡くなって繋留流産でした。亡くなる前も、出血が続いていたけど休みをもらえなかった。手術の日を決めたいと職場に連絡したとき、その日は運動会の予行練習だから人手がないと言われ、その2日後ならいいと言われました。
結局、その日の前に腹痛と出血があり、完全流産となりましたが、休みは4日、その後出血が続く中、保育園に復帰しました。
病院で1週間は休んでと言われたのですが、1週間休まれたら困ると言われました。
その上、流産する前には「なくなった子はお腹に入れてても大丈夫なの?」と、興味本位に聞かれたりしました。
あの頃のことは忘れないです。

ono3
私は恵まれている職場だと思う。
第2子妊娠中で、8月半ばから産休に入るけれど。
時短勤務で、保育園行事やら上の子の体調不良で月に3~4日休んでいるにも関わらず、
「無事に出産して、落ち着いたら戻ってきてね」
と、言ってくれる上司や同僚がいる。
心からそう思っている人もいれば、そうじゃない人もいるだろうけれど。
私の勤務先のような職場が増えれば、女性も活躍できるだろうに。
人員ギリギリだからと、妊婦を酷使するような職場はダメだと思う。

名無しさん
今は医療が発達して、出産で死ぬ人はかなり減りましたが、妊娠出産は危険を伴う大仕事だということは変わらないと思います。
会社にしても、家庭にしても、個人にしても余裕がないのかも知れないですね。
同僚に帰ってるはずの7才の子どもがいないと家から連絡が入って帰らせたことがあります。何もなかったので良かったですが、数時間の仕事を続けて、本当に子どもに何かあったら取り返しがつかないです。数時間の仕事は明日でも取り返しがつきます。

名無しさん
効率化を進めすぎて、リスク発生時の対処が出来なくなってる職場をよく見る。
だいたいが「この人がいなくなると仕事が止まる」という現象。そういう状況を作ってしまうのはマネジメントの責任。そして、それでもよしと危機意識を持たないのは、経営層の責任。
でも最後にそんな危ない会社の製品を買ってしまって損するのが消費者では困る。

名無しさん
これはひどい。優先順位で仕事が1番なんてことはあってはならない。

名無しさん
人間は1度に何十人も産めるわけではありません。
また、機械的に増やすこともできません。
特別な例をのぞき
皆がお母さんのお腹から生まれて来ます。
そうやって世代が繋がれ、未来へと続いていくのです。
やめない奴が悪い
妊婦は迷惑
なんて心ないことを言う人
あなたの年金を支えるのは
あなたが非難している、その妊婦さんのお腹の中にいる赤ちゃんたちですよ??
お互いに優しさを持たないと
社会って成り立たないと思います

名無しさん
初期の流産でも陣痛並みの激痛でした。
仕事がなかなか休めない為に処置を先送りにせざる得ない状況の中、職場で激痛で倒れて救急車で運ばれました。
すぐに処置をしてくれる病院もなかなか見つからず救急車の中で悶え苦しみました。
その後処置をして下さった医師に最悪の場合2度と妊娠する事が出来なくなる事もあると怒られました。
女性の社会進出や共働き推進する割にはこういう時のサポートは何もなく悲しいです。

三重国籍嘘つき○○
いつだったか個性派俳優でお馴染みの佐藤二朗氏がご子息様に向けて、
「一流大学?勿論入れた方がいい。
一流企業?勿論入れた方がいい。
ただ息子よ。父いま酔ってる。酔ってるが言いたい。
人の不幸をちゃんと悲しむ。人の幸せをちゃんと喜ぶ。
そっちの方が、遥かに、遥かに尊い。
綺麗事か。綺麗事かもしれんが、酔ってる父は、わりと、それを断言したい。」とのツイートをなさっていました。
こういう心の優しい方が会社の上司であってほしいです。

雲行空祭
女性が看護師長や園長、校長を務めている職場の方が厳しいような気がする。娘も保育園に務めていたが、立ち仕事が多く流産を繰り返したので辞めさせた。そしたら、1年後には、初孫が無事生まれた。

名無しさん
一人休んだからって回らない会社に問題あるし回そうとしない周りにも問題ある。
結局保身やなんやで自分の事しか考えてないんかな

名無しさん
国会議員を6人増やすより、そんな職場の人が増やせるようになればいいと思う。

名無しさん
こんな状態なら仮病や嘘ついていいと思う。

大相撲に愛の手を
杉田さん、生産性があってもこんな現実ですけど。

名無しさん
恐ろしい、お腹の子が亡くなるだけでも相当に辛いのに
そのまま普通に仕事、夜勤、どう考えても異常で
冷たすぎる心が壊れても不思議はない、
こんなひどい職場もあるんだな

名無しさん
もう人じゃない。
上司ってこの人数でこの成果って自己評価上げてるけど、それは間違い。この人数でぎりぎり。何か起きた時に人材確保できる手腕がないなら無能。

名無しさん
ひどいね。
人手不足の看護師はすぐ仕事がみつかる。
そんな酷い職場環境なら
ぶっちぎってでも休むか辞めるべき。
自分の身体が一番大事です。

名無しさん
私は医師ですが、この方と同じような状況になりキャリアパスを降りました。人が足りないのは病院だけじゃないと思うけれど、休む時のプレッシャーがすごい。患者の命を危険に晒して休めるのか、ぐらいのこと言われます。
この方は真面目な責任感の強い女性なのでしょうね。妊娠12週以降なら死産でも確か産休がとれます。患者も大切だけれど、なによりもご自分、家族を1番に大切にしてほしいと思う。

名無しさん
偏見かもしれないが、子供が出来たら、普通に仕事やめてた40年前くらいの世の中の方が、まだしも健全だったのか。。
女性活躍推進とか聞いて呆れる。

通行人A
たった一人が休んでも回らない職場。
もちろん勤務者が一番かわいそうだけど、会社や職場の管理者がひどいとは限らない。
現代社会はどこもかしこも人材不足。特に介護や医療の現場は、人手不足のせいでつぶれていくところが多すぎる。
休ませたいけど、休ませられない。そういう事情の職場も珍しくない。
では、いったい誰が悪いのか?

名無しさん
余裕がない大人ばかりだね。世間も少子化対策~なんて口ばっかり。
今更子供は簡単に増えないだろう。
この記事みたいな思いやりがないひどい職場なら出勤しないほうがいいね。大事にされずいいように使われるだけだから。

名無しさん
妊婦さんに看護師や保育士の仕事は無理だと思う
我が子の為に辞める勇気も必要では?
その病院じゃなくてももっと理解がある職場もあるかもしれない。

名無しさん
結局、だれもやりたがらない人気のない職種になるわな。介護、保育園の先生とか続かないと思う。

名無しさん
たかが「休ませてもらえない」だけで流産したまま仕事を続けるっていう神経がわかんない
お腹の子より仕事を優先させなきゃいけない状況って何?
自殺に追い込まれるまで転職できない人と似た精神状態なのかな

名無しさん
妊娠中も働き続ける社会を望む人ばかりではないと思う。
出産育児に限らずやむを得ない事情でもブランクがあったら、途端に低待遇の仕事しかないってどうにかならないかな。

sasaneko
亡くなった子供をお腹に残して働けなんて、人としておかしい。倫理観が欠落してる。上司からそう言われたとしても、嫌です、じゃあ辞めます。って私なら言うけど。っていうか、言わないといけないと思う。あとから訴えたら勝てるレベル。それとも自分が不真面目なのか?みんな、忠実な社畜でなくても良いと思う。

名無しさん
偉そうに抜けられたらシフトが回らない、って言ってる上司だって、看護師が病気や怪我をしたら、即日あっさりクビにするだけ。
抜けられないなんて、あり得ないんですよ。
感染症にかかって、シフトが回らないからって夜勤をやらせるか?
シフトを組み直したり連絡して他の看護師から白い目で見られるのが、なんとなく気分的に嫌なだけなんです。
看護師も体調に因ったり、もっと上の院長の一言で、シフトから抜けざるを得ない事なんて、たくさんある。事故や予想外の出来事なんて、病院という場所で、無いわけが無い。
妊婦に夜勤やらせる病院は、患者に対しても雑ですよ。
全般的に人間に対して、雑なんです。モノ扱い。

名無しさん
妻が死産した赤ちゃんをお腹に入れたまま働かなくちゃいけない状況下で、旦那さんはよほど甲斐性がないのかと思う。

名無しさん
はぁ?俺の嫁さんだったらすぐに辞めさせる

名無しさん
どの職業でも経験しないとわからない大変さがあるのは分かるけど、亡くなった子をしばらく入れて夜勤とかちょっと職場の人も麻痺しすぎてるね、そもそもブラックって会社だけが悪いんじゃなく一緒に働くメンバーの問題もあるんだけどね

名無しさん
シフトを組んでギリギリの人数でやっている職場は確かに厳しい対応になってしまうと思う
他の人に割り振りようがなかったりすれば、ね
ただ体調がどうなるかわからない人が出たら、先々のことを想定してリスク管理するのが職場の責任だと思う

名無しさん
自分だったら職場変わる。

名無しさん
中小企業の肩持つわけじゃ無いけど
育児休暇とか出せるほどの余裕ないとこも多いはず
当然経営者がお金に余裕がないとか言いながら
人件費搾取しまくってる所の方が圧倒的に多いけど

名無しさん
今年1月、私自身6週にて胎芽確認できず流産確定、ごく初期のため手術はせず自然流産を待つことにしました。
夜間休日の呼び出しありの勤務だったため「急な大出血の可能性があり、夜勤を外して欲しい」と要望。しかし男性上司から「急に休まれてはシフトが組めない。医学的には不要物なのだから手術で出せ。」と言われました。
その後の妊娠も考え、呼び出しシフトの免除を要望したものの「他の看護師たちは妊娠したって夜勤をしている。スタッフが妊娠するたびにシフトを外していては仕事が回らないので、あなただけ外すわけにはいかない。」との回答。
結果抑うつになり現在休職中です。自分の事の様に記事を読みました。
マタハラは徐々に認知されている一方、不妊治療中のプレマタハラに関しては現在何も整っていない印象も持っています。私が出産後復職したら社会が変わっていくよう尽力したいです。
長文失礼いたしました。

名無しさん
看護師の世界はよく分からないが、男性看護士ってもっと増やせないのかな?海外とかはどうなの?単純に考えれば、世の半分の患者は男性なんだしね。