7月30日、防衛省はイージスアショア用レーダーに最新鋭のロッキード・マーティン社製SSR(LMSSR)を選定したと発表しました。これにより従来型SPY-1レーダーで見積もっていた費用は上昇することになりましたが、新型を採用すれば旧型より高くなるのは当然なので、これは想定内の範囲でしょう。

 そこで同日に進水した新型イージス艦「まや」との費用を比較してみます。「まや」は27DDG(平成27年度計画のミサイル護衛艦)として建造され、2番艦となる28DDGも建造中です。

・イージスアショア1基 1340億円

・イージス艦「まや」型1番艦 1680億円

建造費用の比較です。イージスアショアは新型レーダーのSSRでイージス艦は旧型レーダーのSPY-1ですが、それでも地上施設よりも艦艇の方が鋼鉄製の船体や推進機関など各種設備を含むためにより高額という結果が出ています。なおSPY-1の費用は1基あたり約800億円でSPY-1想定のイージスアショアの見積もりは1基あたり1000億円でした。この差額からSSRは1基あたり約1140億円と推定できます。 

・イージスアショア2基分の30年使用総経費 4664億円  

※垂直発射基施設整備費や電力代などは含まず

・イージス艦「まや」型2隻分の40年使用総経費 8328億円  

※30年使用した段階の総経費は約7000億円

 総経費ではイージス艦の方がかなり高額です。当たり前と言えば当たり前の話ですが、動かない地上施設よりも海上を走る艦艇は大量の燃料を使用して燃料代が嵩む上に海水と潮風で船体が痛むのが早く、頻繁に整備と修理が必要になるからです。この総経費には建造費用も含まれます。なおミサイル弾薬代は含まれません、特にイージス艦は状況によっては様々な種類のミサイルを積み替える場合があるからです。また参考にした資料にはイージスアショアのレーダーを稼働する電力代は計算に入っていませんでしたが、艦艇の動力用の膨大な使用量の燃料代と比べると微々たる割合になるので比較する場合にはあまり考慮する必要は無いでしょう。垂直発射基施設整備費も大きな金額にはなりません、垂直発射基の費用も整備するための費用も全体から見ればかなり小さな割合です。垂直発射基よりもむしろ、中に入れるSM-3ブロック2A大気圏外迎撃ミサイル(1発40億円を予定)の合計の方が遥かに高額な機材なのです。

https://news.yahoo.co.jp/byline/obiekt/20180731-00091405/