中国は、安倍政権が進める大型護衛艦「いずも」の空母化に神経を尖らせている。

空母化と並んで中国が警戒するのが、護衛艦の南シナ海とインド洋への長期派遣で、トランプ政権の「航行の自由作戦」を補完する「哨戒活動」とみなす。日中関係は5月の首脳会談で改善軌道に乗ったが、中国側は安倍政権が「安全保障面では中国を敵視している」(中国軍系研究者)と不信感を隠さない。

中国軍けん制と後方支援が狙い
「いずも」は、全長248メートルの全通式甲板を備え、対潜水艦を主任務とするヘリ搭載護衛艦で、海上自衛隊は同型護衛艦を4隻保有している。第二次大戦の敗戦で旧帝国海軍の空母機動艦隊が解体されたため、空母保有は自衛隊にとって「悲願」だったと言える。

空母化へは、甲板の塗装を変えて耐熱性を上げる改修をすれば、F35B最新鋭ステルス型戦闘機を搭載できるようになる。防衛省は4月末、F35Bの発着や格納が可能かどうか「いずも」の能力向上に関する調査内容を公表。さらに自民党は5月、2018年末に策定される新たな「防衛計画の大綱」(防衛大綱)と中期防(中期防衛力整備計画)に向け、「多用途運用母艦」の早期実現を図る提言をまとめ、空母化が現実味を帯びてきた。

空母化の狙いは何か。まとめると、

1.南西諸島海域に展開し、中国軍の動向を牽制
2.島嶼部の空港を奪われた場合、海上に戦闘機の運用拠点を確保
3.米軍の後方支援を目的に、甲板で米軍のF35B戦闘機の発着艦などを想定

などである。

いずれも中国の海洋進出や北朝鮮のミサイル発射などを想定している。

専守防衛逸脱と中国は批判
空母保有は、憲法9条に基づく専守防衛から逸脱しないのだろうか。それに加え、米軍の戦闘行動と自衛隊の活動の一体化を懸念する声もある。特に上記3.の「米軍後方支援」に関して、防衛省が発表した「いずも」の能力向上に関する調査で、日米による空母の共同運用を想定していることが明らかにされている。

日本政府はこれまで「攻撃型空母の保有は許されない」と説明する一方、「防衛のための空母は持ち得る」との見解も示している。立憲民主党の枝野幸男代表は「なし崩し的に専守防衛を超えるような装備が進んでいる」(6月3日、山梨県)と批判。「実質的な改憲が進んでいることを危惧しないといけない」とも語った。

中国のネットメディア「観察者網」も3月、「航空母艦は攻撃型兵器。攻撃型兵器は武力で国際紛争を解決する準備に当たるから憲法9条に違反」とする中国軍事専門家のコメントを掲載した。

米軍後方支援と共同運用については、集団的自衛権の行使を認める安保関連法による変化に着目する必要がある。朝鮮半島有事など「重要影響事態」が起きた際、自衛隊は戦闘中の米軍に対し、従来は禁じられていた1.弾薬の補給 2.戦闘作戦のために発進準備中の航空機への給油と整備を行えるようになった。空母保有によって、機動的にその役割を果たすことができるようになる。

哨戒活動と同様の役割
空母化とともに中国が懸念するのは、「いずも」など4隻のヘリ空母を、2016年から南シナ海とインド洋に長期間派遣する活動である。海上自衛隊は2016年に「いせ」を南シナ海に投入、2017年は「いずも」を南シナ海とインド洋へ3カ月間長期派遣し、日米印の共同訓練「マラバール」に参加させた。

今年は「かが」を8月末から約2カ月間、南シナ海とインド洋へ派遣し、米軍との対潜共同訓練を行う予定と伝えられる。

中国の南シナ海問題の権威、南海研究院の呉士存院長は、護衛艦の長期派遣について2017年、「南シナ海沿岸国への訪問やインド軍との軍事演習が、日本の軍事プレゼンスの恒常化を意味するなら、対抗措置を検討せざるを得ない」と、強く警告した。

自衛隊は、トランプ政権が期待する南シナ海での定期的な哨戒活動は見送ってきた。しかし、護衛艦を長期派遣し、艦載ヘリが離発着訓練を繰り返せば、実質的には哨戒活動と同様の役割を果たせる。

特に中国が懸念するのは、安倍政権が護衛艦派遣を外交戦略「自由で開かれたインド太平洋戦略」の一環と位置付けている点だ。人工島の周囲12カイリ内に軍艦を送る米軍の「航行の自由作戦」は行わないが、ロイター通信によると、「各国に寄港することで存在感を示せる」とみる政府関係者もいるという。

中国軍の優勢は崩せない
日中関係に詳しい上海国際問題研究院の呉奇南・研究員は5月の日中首脳会談の直後、上海で筆者に「安倍首相は両国関係について、競争から協調の時代に入ったと述べたが、改善の道のりは平たんではない」と疑念を口にした。その理由として彼は「いずも」の空母化と、地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」配備計画を挙げ、「いずれも中国をにらんだ動き」と位置付けた。

安倍政権は、日中関係改善のため習近平政権が推進する「一帯一路」への支持・協力に路線転換した。安倍外交の目玉である「インド太平洋戦略」は元来、「一帯一路」に対抗し、アメリカと共に「航行の自由」や「法の支配」を貫き、経済と安保の二つの領域で、現行秩序を維持する戦略だ。「一帯一路」支持にもかかわらず、返す刀で「インド太平洋戦略」で中国を牽制すれば、北京の信頼は得られない。

そこで「インド太平洋戦略」のうち、安保と経済を分離する「政経分離」を図ったのである。

中国の批判はこれまでのところ、それほど激しいわけではない。先の「観察者網」は「空母化してもF35Bを十数機搭載できるだけ。この程度の攻撃力では人民解放軍の優位性は崩せない」と強気だ。中国の懸念は「空母の実力」にあるのではなく、安全保障環境の変化にある。空母化と護衛艦派遣はその象徴である。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180805-00010000-binsider-int&p=1

https://news.yahoo.co.jp/byline/kimuramasato/20180213-00081555/

みんなの意見


名無しさん
一刻も早く空母化してほしい。
もちろんいずもだけじゃなくて。

名無しさん
何も問題ないと思う。

haratatsu5050
独立国という立場からも早く空母化して欲しいね。

名無しさん
安倍さんはよくやってると思う。
朝日新聞はやたら嫌うけど(笑)。

名無しさん
やっぱり立憲の枝野に国防は無理。南沙諸島の件を外交解決出来ると思ってるの?

すみchan
アメリカいつまでも守ってくれない
できるだけ早い増強が必要!

名無しさん
空母化が良いと思います

名無しさん
空母って実戦運用したのはアメリカと日本だけなんですよね。
怖いんですかね。

名無しさん
いずもサイズは軽空母に過ぎない。戦争するのなら攻撃オプションは多ければ多いほど良いが。

通りすがり
十数機じゃ厳しいのは確か
一艦で終わるわけはないけどね

名無しさん
残念ながら戦争も辞さない構えでいるのは中国側ですよ。

NORAnekoNOpuss
中国とフルアーマー枝野が反対するなら空母化した方が良い。
フルアーマー枝野はイージスアショアにも難癖つけ始めた。
何処に忖度してるのやら。

名無しさん
だから憲法改正は必要

名無しさん
当然でしょ。
もう一隻、本格的空母が必要だと思うね。

高森健一朗
将来的には日本の原子力空母の保有も視野に入れて欲しい。

未来
そのうち正規空母もシーレーン防衛の為に必要な時代が来そうですね。

名無しさん
大きなお世話だ。近いうちにカタパルトタイプも1隻作るから待っとれや。

名無しさん
確かチャイナも防衛目的の装備しか持たないって言っていたかと。
チャイナと同じカテゴリーの装備保有を切に願います。

名無しさん
安全保障全般で中国と同じようにすればいいと思う。

名無しさん
南沙諸島を抑えられたら、今まで以上にガソリンの値段が上がるんでしょうね。

名無しさん
どの立場から記事書いてるの?中国の脅威的な軍拡には何も触れてないけど?

名無しさん
普通に空母作ればいいと思う。中国から国土を守るためくだらん野党無視してしっかりと防衛力強化して欲しい。

(。-_-。)
中国が脅威と感じてくれるなら、それだけでも空母化する価値はある。

名無しさん
当初からの正規空母が望ましい。

名無しさん
いずもの空母化も良いんだけど、
アメリカのような正規空母が欲しいですね。

名無しさん
空母だけで無く、ミサイル、核、戦闘機、衛星、無人機、どんどん開発して欲しいです

名無しさん
アメリカ以外は一隻か二隻しか保有していない。のに、日本は4隻になる可能性を秘めている。。凄いね、高度な運用力が求められる空母をいつのまにか備えていそう。

名無しさん
将来、空母は絶対必要だと思います。それも軽空母などではなく、ニミッツ級かジェラルド・R・フォード級の超大型原子力空母が理想です。艦載機が少ないと偵察しか行えません。原子力の平和利用を謳うのであれば、防衛の為、原子力空母の購入が一番であると思います。

名無しさん
空母は、運用に金かかるからな
改装するにも、スキージャンプじゃ
ペイロードの問題もある
F35より、F18搭載可能な
カタパルト保有の空母作る方が
安上がりで、現実的でしょう!

名無しさん
中国と枝野さんが反対か。空母化はやった方が良いと言うことですね!

名無しさん
”空母いぶき”を10巻まで揃えた。
かわぐちかいじの進展は遅い。

やるなら徹底的に
やっぱり
赤城、蒼龍、飛龍
翔鶴、瑞鶴
も、必要だな

名無しさん
空母化と言うより純空母を作って欲しい。

名無しさん
いずも型空母化改装は緊近の課題だけど改装もだけど艦載機であるF-35Bだって直ぐには作れないよ、順番待ちだし製造も最低2〜3年は掛かり運用は空自なのか?海自なのか?パイロット養成は?積むミサイルやら何を選ぶか?これだけでも大変な事業です、それでも実現して欲しい

名無しさん
同型護衛艦を4隻??
同型は「かが」しかないのでは?

名無しさん
確かに中国のジャンプ式空母はダサ過ぎる


防衛費を増やして欲しい。自主独立の最低限の自衛にも、国家予算の1割を割いて欲しい。開発メーカーにも恩恵が渡りますから。コンペばかりでは、企業は自滅してしまう。

名無しさん
口先攻撃してくる時は相当ヤバイのだろう。
それが止んだ時はもっとヤバイ状況になっているのだろう。

名無しさん
改装空母じゃなぁ
どうせなら、正規空母クラスが欲しいね。
常備戦力として維持出来るかどうかは難しいだろうけど。

aries
海洋国家である日本は空母は必要。
出来れば国産戦闘機の開発も進めて欲しい。
予算的に無理かな。